漫画ネタバレ

呪術廻戦144話ネタバレ!虎杖たちが天元と接触!

2021年3月29日発売の週刊少年ジャンプ17号掲載の「呪術廻戦」のネタバレについてまとめました。

呪術廻戦【考察】虎杖の”存在しない記憶”考察!3つの可能性有

呪術廻戦【考察】虎杖の”存在しない記憶”考察!3つの可能性有呪術廻戦の主人公、虎杖と対峙した者が発症する存在しない記憶・・・ この記憶を植え付けられたものは、虎杖を親しいものだと認識するよう...

呪術廻戦の漫画が無料で読めてしまう方法!

呪術廻戦 無料 漫画 読む 方法
呪術廻戦の漫画が無料で読めてしまう方法!週刊少年ジャンプで連載している「呪術廻戦」を無料で読む方法をまとめました。 呪術廻戦を無料で読むならU-NEXT! \アニメや映...

【前回のあらすじ】

虎杖を処刑したかに見えた乙骨。

しかし実は五条から虎杖に注意を払うよう頼まれていた乙骨は、虎杖を守るために処刑したフリをしていました。

そんな中、伏黒が虎杖に加茂憲倫が仕組んだ”死滅回游”という恐ろしいゲームに姉の津美紀が巻き込まれているため、力を貸してほしいと頼むのでした。

呪術廻戦143話ネタバレはこちら

呪術廻戦144話ネタバレ

加茂憲倫が仕組んだ呪術を与えられた者たちの殺し合い”死滅回游”に、津美紀も巻き込まれているという伏黒。

そのため、虎杖の力が必要だと言います。

その時、虎杖の頭の中で「人を助けろ」という声が聞こえました。

そして虎杖は乙骨に、宿灘が伏黒で何か企んでると話します。

渋谷で宿灘に肉体をとられたのは、たぶん一度に指を10本も食わされたからだという虎杖。

そのため、俺の中に今、指は15本、残り5本を全部一度に食わされても肉体は乗っ取られないと思うと言います。

それでも、もし次自分が宿灘と代わったら、迷わず殺してくれ、先輩ならできると思うと告げる虎杖。

乙骨はそれを承諾し、死力を尽くすと約束しました。

そして虎杖は、伏黒に何をすればいいかと問いかけます。

伏黒はまず高専に戻って、天元様と接触して獄門彊の封印の解き方と、加茂憲倫の具体的な目的と今後の出方について聞くと答えます。

死滅回游は未曽有の呪術テロなので、事態を収拾するにはこの2つの回答がマストとのこと。

この問いに答えられるのは天元様しかいないという伏黒。

ちなみにこれは九十九の案らしく、今彼女は上層部と関わりたくないと高専に潜伏しているのだとか。

すると乙骨は、問題は天元の”隠す”結界だと言います。

シャッフルが繰り返される10000以上の扉の内、一つだけが天元のいる薨星宮へと繋がっているようです。

それを引き当てなければ、天元に会えないのです。

すると虎杖は少し悩んで、やっぱり今聞くと前置きし、釘崎はどうなったのかと伏黒に尋ねました。

しかし伏黒は何も言わず下を向き、それで全てを察した虎杖は「そうか・・・分かった」と言って、強く拳を握ります。

その時、脹相が暗闇から突然ぬっと現れ、その”隠す”結界とやら、何とかなるかもしれんぞと言いました。

どうやらずっと虎杖たちの話を聞いていたようです。

虎杖がどういうことだと尋ねると、脹相は以前真人が宿灘の指と呪胎九相図を盗み出した、それと同じことをするのだと話しました。

 

その後、高専に戻った虎杖たちを真希と九十九が出迎えます。

もう動いていいのかと尋ねる乙骨に、問題ないと答える真希。

真希の顔半分には火傷の跡が残っており、反転術式でも消せないようです。

それでも命が助かったのは、生来の肉体の強度のおかげでした。

真希は伏黒に、天元の結界の話を振りますが、脹相が伏黒の代わりに話し始めます。

扉から薨星宮の途中には高専が呪具や呪物を保管している”忌庫”がありますが、そこには彼の弟たち6人の亡骸があるとのこと。

亡骸でも6人揃えば、脹相の術式の副次的効果で気配くらいは分かるようです。

しかし脹相のことを知らない真希は、こいつは誰だと一同に問いかけます。

答えに困った虎杖は「とりあえず俺の・・・兄貴ってことで」と言い、脹相はなぜか叫びました。

 

その後、一同は忌庫に繋がる扉から中へと入ります。

そして薨星宮へと続く昇降機から、下に降りました。

その場所には血痕があり、何かあったのかなとつぶやく虎杖。

すると九十九は11年の前の話だと返します。

今思えばすべての歪みは、あの時始まったのかもしれないという意味深な彼女の言葉に、不思議そうな顔をする乙骨と真希。

トンネルを抜けると、本殿があるという九十九ですが、そこは何もない真っ白な世界でした。

これが本殿?と首をかしげる伏黒に対し、自分たちを拒絶しているのだと説明する九十九。

天元は現に干渉しないものの、六眼を封印された今なら接触が可能だと踏んでいた九十九ですが、見通しが甘かったと言います。

それと同時に(拒絶されているのは、私たちではなく私か・・・?)と考える九十九。

しかし乙骨が津美紀には時間がないので戻ろうと話していると、「帰るのか?」と背後から声が。

虎杖たちが驚いて振り返ると、そこには天元が立っていました。

呪術廻戦は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

呪術廻戦
呪術廻戦を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年ジャンプで連載中の「呪術廻戦」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 呪術廻戦を配信している全部...

呪術廻戦【考察】虎杖の”存在しない記憶”考察!3つの可能性有

呪術廻戦【考察】虎杖の”存在しない記憶”考察!3つの可能性有呪術廻戦の主人公、虎杖と対峙した者が発症する存在しない記憶・・・ この記憶を植え付けられたものは、虎杖を親しいものだと認識するよう...

呪術廻戦144話感想

釘崎がどうなったのか明かされませんでしたが、かなり深刻な状況なのは間違いなさそうです。

そして虎杖たちが天元に接触しましたが、何が明らかになるのか楽しみですね!

次回の呪術廻戦145話が掲載される週刊少年ジャンプ18号は4月5日に発売されます。

呪術廻戦145話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍