漫画ネタバレ

呪術廻戦146話ネタバレ!虎杖たちが死滅回游平定に動き出す!

2021年4月19日発売の週刊少年ジャンプ19号掲載の「呪術廻戦」のネタバレについてまとめました。

呪術廻戦【考察】虎杖の”存在しない記憶”考察!3つの可能性有

呪術廻戦【考察】虎杖の”存在しない記憶”考察!3つの可能性有呪術廻戦の主人公、虎杖と対峙した者が発症する存在しない記憶・・・ この記憶を植え付けられたものは、虎杖を親しいものだと認識するよう...

呪術廻戦の漫画が無料で読めてしまう方法!

呪術廻戦 無料 漫画 読む 方法
呪術廻戦の漫画が無料で読めてしまう方法!週刊少年ジャンプで連載している「呪術廻戦」を無料で読む方法をまとめました。 呪術廻戦を無料で読むならU-NEXT! \アニメや映...

【前回のあらすじ】

虎杖たちは死滅回游に巻き込まれた伏黒津美紀を救うために、死滅回游に参加することになりました。

そしてあらゆる術式を消滅させることができる来栖華という人物が、獄門彊に封印された五条悟を解放するカギを握っていることも明らかになりました。

呪術廻戦145話ネタバレはこちら

呪術廻戦146話ネタバレ

死滅回游に参加する来栖華が、術式を消滅させることができることが判明しました。

彼女の術式なら、獄門彊の「裏」を開けることができるのだとか。

天元によると来栖は現在東京の東側の結界にいます。

全国10には結界があり、それが日本の人間を彼岸へと渡す境界を結ぶ結界と繋がっているのです。

つまり日本にいる人間全員に呪いをかけて、同化の前準備をしています。

儀式が終わる期間は2ヵ月ほど。

プレイヤーは術式覚醒後、十九日以内に任意の結界にて死滅回游への参加を宣誓しなければならないというルールがあります。

そのため津美紀が回遊に参加するまでの猶予は、10日と15時間ということに。

ちなみに前項に違反したプレイヤーは術式を剥奪されます。

しかし天元は参加を拒否すれば死ぬと言っていました。

 

ここで真希は家入硝子の言葉を思い出します。

術式剥奪は後追いで参加する術師にも適用されるルール。

だとすれば、剥奪は「無為転変」で行われるわけではないと家入は推測します。

”使用禁止”ではなく”剥奪”なので”縛り”でもありません。

脳に無理やり何かしら作用することになるので、ルール的にも剥奪されると死ぬと思う、そうでなければみんな参加を拒否すると家入は話していました。

 

つまり彼女の読み通りということになりましたが、真希は自分みたいに術式を持っていない術師はノーリスクだと言います。

さらに非プレイヤーは結界に侵入した時点でプレイヤーとなり、死滅回游への参加を宣誓したものと見なすというルールについて、虎杖が始めから結界の中にいる一般人はどうなるのかと疑問を呈します。

それに対し天元は、少なくとも1度は外に出る機会を与えられると答えます。

ルールには1つも結界の出入りに関する条項はありません。

プレイヤーに始め「結界から出る」という明確な目的を与えて、回游を活性化させる狙いがあるようです。

プレイヤーを閉じ込めるには、プレイヤーが”自ら望んで入った”という前提が重要なのです。

さらにプレイヤーは他プレイヤーの生命を断つことでポイントを得ることができます。

ポイントとはゲームマスターによってプレイヤーの生命に懸けられた価値を指し、原則術師5点、非術師1点とされています。

ゲームマスターとは各プレイヤーに1対ずつ憑く式神「コガネ」のこと。

ただしコガネは正確にいえばゲームマスターではなく”窓口”で、ゲームマスターは死滅回游のプログラムそのものなのだとか。

そしてプレイヤーは自身に懸けられたポイントを除いた100ポイントを消費することで、ゲームマスターと交渉し死滅回游にルールを1つ追加できます。

ゲームマスターは死滅回游の永続に著しく障る場合を除き、前項によるルール追加を認めなければなりません。

判断基準が一方的ですが、すでにプレイヤーにかなりのルールを強いているので、呪術的にこれ以上羂索に利益が偏ることはないようです。

虎杖は参加するにあたって、また人を殺さなきゃいけないのかと、暗い表情でつぶやきます。

しかし伏黒はいくつか考えがあると言いました。

 

情報が整理できたところで、それぞれの役割を決めることに。

まず九十九と脹相は、この場に残って天元の護衛をします。

真希は禪院家に戻って呪具の回収を行うとのこと。

五条が封印されて間もなく、高専忌庫の呪具は加茂家と禪院家が持ち出してすっからかんなのですが、伏黒が禪院家の当主になったため、禪院家の忌庫は漁り放題となっているようです。

さらに真希が「その前に天元様」と言うと、天元は「分かっている。組屋鞣造のアトリエだろう?」と返します。

そして真希は用が済んだらパンダを捜して、回游の平定に協力すると話しました。

一方乙骨は早速結界に入って回游に参加するようです。

津美紀や伏黒が回游に参加する前に少しでも情報を集め、万が一身内でつぶし合うことがないようにしたいとのこと。

それから津美紀に何かあった時のために、近場の結界は避けるという乙骨。

結界で電波が断たれてしばらく連絡をとれないかもしれないと言います。

しかしその時、乙骨は虎杖にもし次に自分が宿灘と代わったら迷わず殺してくれと頼まれていたことを思い出します。

乙骨が虎杖の近くにいた方が伏黒は安全ですが、戦力的には乙骨は単独で動いた方が効率がいいため、どうするべきかと虎杖と乙骨は悩みます。

すると伏黒が大丈夫だと虎杖の肩を叩きます。

もし虎杖が宿灘と入れ替わったら、俺が死んだ後にしっかり殺してもらえという伏黒。

そして真希は虎杖と伏黒に、3年生で停学中の秤金次のもとに行くよう指示します。

今はとにかく人手が足りないので、何が何でも駆り出せという真希。

その人強いの?と虎杖が聞くと、乙骨はムラっ気があるけどノッてるときは自分より強いと答えました。

去り際、虎杖は脹相に「ありがとう。助かった」と伝えます。

脹相は「・・・死ぬなよ」と答えながら、感極まっていました。

 

その頃、死滅回游プレイヤーの一人、高羽忠彦は芸人として舞台の上に立っていました。

しかし全く笑いが取れず、舞台裏で落ち込む高羽は35歳という年齢もあり、やめることを勧められます。

そんな高羽に、芸人の先輩は売れ続けるやつには二種類いると語りかけます。

その2種類とは、ずっと面白いやつと、ずっと自分のことを面白いと勘違いできるやつ。

お前はどっちなのかと問われた高羽は「五分だ五分だというけれど、本当は七三くらいが・・・」と、つぶやくのでした。

呪術廻戦は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

呪術廻戦
呪術廻戦を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年ジャンプで連載中の「呪術廻戦」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 呪術廻戦を配信している全部...

呪術廻戦【考察】虎杖の”存在しない記憶”考察!3つの可能性有

呪術廻戦【考察】虎杖の”存在しない記憶”考察!3つの可能性有呪術廻戦の主人公、虎杖と対峙した者が発症する存在しない記憶・・・ この記憶を植え付けられたものは、虎杖を親しいものだと認識するよう...

呪術廻戦146話感想

虎杖たちが死滅回游のルールを平定するために動き出しました。

死滅回游プレイヤーも続々登場していますね。

どんな展開になっていくのか、楽しみです!

次回の呪術廻戦147話が掲載される週刊少年ジャンプ21・22号は4月26日に発売されます。

呪術廻戦147話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍