漫画ネタバレ

呪術廻戦148話ネタバレ!忌庫で真希を待ち構えていた人物とは?

2021年5月17日発売の週刊少年ジャンプ24号掲載の「呪術廻戦」のネタバレについてまとめました。

呪術廻戦【考察】虎杖の”存在しない記憶”考察!3つの可能性有

呪術廻戦【考察】虎杖の”存在しない記憶”考察!3つの可能性有呪術廻戦の主人公、虎杖と対峙した者が発症する存在しない記憶・・・ この記憶を植え付けられたものは、虎杖を親しいものだと認識するよう...

呪術廻戦の漫画が無料で読めてしまう方法!

呪術廻戦 無料 漫画 読む 方法
呪術廻戦の漫画が無料で読めてしまう方法!週刊少年ジャンプで連載している「呪術廻戦」を無料で読む方法をまとめました。 呪術廻戦を無料で読むならU-NEXT! \アニメや映...

【前回のあらすじ】

夜蛾から完全自立型人工呪骸の製造方法を力づくで聞き出そうとする楽巌寺。

しかし夜蛾はなかなか白状せず、ようやく製造方法を語った頃には瀕死の状態で、やがて息絶えてしまいます。

パンダは生みの親である夜蛾の死を悲しみ、号泣するのでした。

呪術廻戦147話ネタバレはこちら

呪術廻戦148話ネタバレ

死滅回游の平定に備えて、呪具の回収をすべく禪院家へと戻った真希。

そこには禅院直哉の姿がありました。

直哉は顔に酷い火傷の痕が残る真希に、呪術も使えない呪霊も見えない、取り柄の顔もグズグズでもう誰も眼中にないと辛らつに言い放ちます。

「寂しいなぁ。昔みたいにまたイジメたろか?」

そんな直哉の言葉に沈黙する真希。

さらに直哉は真希に、これからどうするのか、乙骨と伏黒の金魚のフンなのかと問いかけます。

それでも何も答えようとしない真希に、イラ立って「何とか言えやカス」と暴言を吐く直哉。

真希はそんな彼を無視して忌庫に向かいますが、母親が忌庫への立ち入りは許されていない、戻りなさいと注意します。

そんな母親に、真希は当主様がいいって言ってるんだと返しました。

 

少し前のこと。

真希は伏黒に禪院家当主になったことを知らせました。

伏黒は面倒臭いと断りましたが、悪いが受けてくれと返す真希。

直毘人は伏黒には禪院家の財産を全て譲ると言っているため、当主になれば金や呪具だけでなく御三家や総監部の情報も入ってきます。

そのため、これからの自分たちの立ち回りが大きく変わるという真希。

伏黒は真希に譲ると言いましたが、真希は今の自分では誰も納得しないし、ついてこないのだと話します。

それでもどうしてもやりたくない伏黒は、禪院家の人がどう思おうと関係ないんじゃないかと言いますが、自分ではまだダメなのだという真希。

「私じゃ真依の居場所を作ってやれない」

そんな彼女の言葉に伏黒は納得し、当主になることを了承しました。

 

そして忌庫に入ろうとする真希。

しかし母親は、戻りなさい!!と強い口調で制止します。

どうして?どうしてあなたはいつもそうなの?一度くらい産んでもよかったと思わせてよという母親の言葉に、真希は何も答えず、立ち去っていきました。

 

そして真希は忌庫を開けます。

しかしそこには父親の姿があり、呪具もなくなっていました。

驚く真希に、父親はお前たちの動向を見越して空にしておいたと告げます。

さらに彼の後ろには血を流して、横たわる真依の姿がありました。

何で来たのよ、バカという真依。

真希は「真依!!」と叫びます。

 

その頃、直哉は甚壱に、こうする気なら始めからそう言えとイラ立ちながら言います。

そんな彼に甚壱は、お前が先走り過ぎなんだ、確かに伏黒恵はお前より幾分マシだと返します。

五条家との関係修復の契機として彼を後押しする声も少なくないという甚壱。

ただ全財産を伏黒に譲るというのは、甚壱たちも到底納得できないようです。

直哉はじゃあ何をトロトロしていたのかと怪訝そうな顔で問いかけます。

伏黒は五条家だけでなく、加茂家次代当主の加茂憲紀とも友好な関係を築いているという直哉。

すると甚壱は、理由もなく消せば立場を悪くするのは我々禪院家で、五条が封印され変動する勢力争いに遅れをとることになると話します。

直哉が「それは分かったけど何で今なん」と尋ねると、甚壱は総監部の通達をろくに聞いてないなと呆れながら、語り始めました。

総監部の通達では「五条悟を渋谷事変共同正犯とし、呪術界から永久追放かつ封印を解く行為も罪と決定する」とされており、これを利用しない手はないと考える甚壱。

つまり彼は五条解放を企てた謀反者として、伏黒と真希と真依を誅殺すると言います。

それを聞いた直哉は、実の娘も殺した方が信ぴょう性が増すもんなと笑います。

それにより総監部からの信頼もより強固となると考える甚壱。

そしてこの発案者は扇でした。

 

一方真希と対峙する扇は秘伝「落花の情」を発動します。

さらに彼は、まとった呪力により触れたモノを迎撃する領域対策「落花の情」を居合に転用。

万が一の交渉材料として生かした真依、真希の所持する未知の呪具、それら不測の事態に備えつつ渾身の一振りを放つ準備を整えます。

一方真希は組屋鞣造の傑作である呪具「竜骨」を取り出しました。

これは刃で受けた衝撃と呪力を蓄積し、使い手の意図に合わせて峰から噴出するもの。

真希は呪具の効力を知られていないアドバンテージを生かすため、居合勝負に乗ったと見せかけて二撃目・三撃目で斬ることを考えます。

そして扇は居合斬りで真希を攻撃しますが、真希はそれを躱し、竜骨の呪力を噴出させて扇の刀をへし折りました。

さらに素早く彼の背後に回り、刀を振るう真希。

しかし扇は俊敏な動きで真希の攻撃をかわし、彼女の顔を斬りつけました。

なぜか折ったはずの刀身が元に戻っており、真希は驚きながら、顔から血を流して崩れ落ちます。

そして扇は、私が当主になれなかったのは、子供のお前たちが出来損ないだからだと言い放つのでした。

呪術廻戦は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

呪術廻戦
呪術廻戦を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年ジャンプで連載中の「呪術廻戦」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 呪術廻戦を配信している全部...

呪術廻戦【考察】虎杖の”存在しない記憶”考察!3つの可能性有

呪術廻戦【考察】虎杖の”存在しない記憶”考察!3つの可能性有呪術廻戦の主人公、虎杖と対峙した者が発症する存在しない記憶・・・ この記憶を植え付けられたものは、虎杖を親しいものだと認識するよう...

呪術廻戦148話感想

まさか実の父親に邪魔されるとは思いませんでしたね。

直哉はもちろん禪院家はろくな人間がおらず、真希と真依が気の毒でした。

真希は殺されてしまったのでしょうか?

次回の呪術廻戦149話が掲載される週刊少年ジャンプ25号は5月24日に発売されます。

呪術廻戦149話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍