漫画ネタバレ

賭ケグルイ82話ネタバレ!双頭蓮館が決着!

2020年1月22日発売の月刊ガンガンJOKER2月号掲載の「賭ケグルイ」のネタバレについてまとめました。

賭ケグルイを無料で読む方法を徹底調査!

賭ケグルイを無料で読む方法を徹底調査!月刊ガンガンJOKERで連載中の「賭ケグルイ」を無料で読む方法をまとめました。 賭ケグルイを無料で読むならコミック.jp! \登...

【前回のあらすじ】

絶対に負けられない蕾は、確実に勝てる方法で夢子を裏切りました。

しかし夢子はそれを見越しており、蕾とユミを負かして脱落させるのでした。

賭ケグルイ81話ネタバレはこちら

賭ケグルイ82話ネタバレ

定楽乃はサイコロに呼ばれ、ユミと共に双頭蓮館の地下の広い空間に来ました。

するとそこには桃喰綺羅莉の姿が。

 

一方中断中となっている部屋では夢子と蕾に挟まれて、鈴井が気まずい思いをしていました。

すると蕾は夢子に、鈴井に献花すると言っていたのに、どうして嘘をついたのかと尋ねます。

そんな彼女に、もちろん蕾から身を守るためだと、あっけらかんとした様子で答える夢子。

どういうことか分からず、戸惑っている様子の鈴井に、夢子はNPCは自分か定楽乃のどちらかを倒すよう命令されていたのだと伝えます。

それは彼らがこのギャンブルに参加していることと、プレイングから推測できたようです。

であれば第5ターンで唯一残ったNPCの蕾はうかうかしていられず、夢子が定楽乃を狩り損ねてしまえば、せっかくここまで生き残れたのが水の泡になります。

しかしそれなら一つ疑問が湧くという夢子。

このターンに攻撃するとすれば、蕾には五分五分の選択肢があったため、どちらを選ぶこともできたはずなのです。

なぜ自分を選んだのかと夢子は蕾に問いかけます。

すると蕾は定楽乃が危険を冒さなそうな印象があったため、13点だと思ったと話します。

夢子の方は鈴井に献花すると言っていたため、0点だと思ったという蕾。

しかし夢子にとって鈴井を守ることはそれほど重要ではないはずなので、それがブラフの可能性もあることは十分理解していました。

定楽乃が安定の選択をする可能性、夢子が自分に嘘を吐いた可能性、それを比べて夢子を狙った方が勝てると思ったようです。

でもやっぱりだめだったと落ち込む蕾。

ダメな考え、ダメな意思、迷わず誰かに従っているべきだった、馬鹿のくせに家畜のくせにと心の中で自分を責めます。

すると夢子は「仰る通りです!」と満面の笑みで言いました。

押すべきか、引きべきか、その根拠や信用性、本当にそれで勝てるのか、全ての事情を考慮し噛み締めて決断することこそ、ギャンブルの楽しみなのだという夢子。

そして夢子は自分と蕾が考えていたことは、全く同じだったと言います。

今日の結果はたまたまで明日は自分が負けるかもしれない、もうすっかり一人前のギャンブラーだと夢子は蕾を励ましました。

そんな彼女の言葉を聞き、一人前と言われたのはいつぶりだろうと考え、思わず涙を流す蕾。

一生懸命考えたのに負けたことは悔しい。

それでも自分は間違っていなかったという、自信が欲しかったのだと蕾は感じました。

 

一方定楽乃は、このギャンブルの賽を振っていた綺羅莉と対面してました。

ここで綺羅莉が振ったダイスの目が各部屋の数字を決定しており、それが「花占い」だったのです。

すると綺羅莉は定楽乃に、一体何をしているのかと唐突に問いかけます。

追い詰められて余裕のない人間を駒として操るのは、定楽乃には簡単なことですが、彼女はそうしませんでした。

NPCたちやユミ、蕾にしても、常に彼らにも勝ちの目を用意して戦っていた定楽乃に、なぜバカを守りながら戦うのかと問いかける綺羅莉。

ユミはあまりの暴言に反論しようとしますが、何も言えず口をつぐみます。

すると定楽乃は、それは自分をバカかもしれないと思ったことのない者の答えだと眉間にしわを寄せながら言いました。

ユミにも彼らにも尊重すべき意思があった、馬鹿を見下すなと怒る定楽乃。

綺羅莉は確かに自分をバカだと思ったことはないと認め、「弱者の目線。だからあなたは家に執着しているのね」と言います。

さらに綺羅莉は趣味嗜好は個人の勝手だと言いつつも、その主義によって定楽乃は今窮地に追い込まれており、馬鹿の味方をすることも叶わなくなる、それって馬鹿らしくないかと問いかけます。

他の者など気にかけず己の都合を優先させてもいい、あなたにはその力があるという綺羅莉。

バカはバカと見下せばいい、弱者からは搾取してやればいい、自らの心のままに好き勝手に振舞えばいいじゃないか、あなたは自由なのだと綺羅莉は言いました。

そんな彼女の言葉に対し、馬鹿だなお前はと返す定楽乃。

「一人で自由になりたくないんだ私は!」と定楽乃は主張しますが、綺羅莉は全然分からないと笑います。

そうして自由でありたい自分と自由でいられない自分の間で葛藤し続けるのは、辛いんじゃないかと尋ねる綺羅莉に、定楽乃は葛藤から逃げたらもっと辛くなるのだと返しました。

綺羅莉は個を抑圧し利を内で囲むだけの一族なんて泥船としか思えないと言いますが、定楽乃はその泥船に救われたのだと言い、せいぜい水を掻き出し続けると話します。

さらにお前も含めて調整したいんだという定楽乃。

綺羅莉があなたやっぱり私のことが好きなんじゃない?というと、定楽乃は鼻で笑いながら「教えてやらないよ。ばーか」と笑みを浮かべました。

 

その後、定楽乃が部屋に戻り、ギャンブルが再開します。

2対1の圧倒的不利な状況で、定楽乃に残された目はほとんどありません。

しかし夢子は鈴井に、ここからは敵同士だと言います。

2対1より三つ巴の方が面白いという夢子に、動揺する鈴井。

鈴井は夢子に有利になるよう動くだけだと考えているようですが、夢子は勝てば票は総取りで一票800万円で換算すれば81億1200万円となるため、友人を裏切るに値する額だと興奮気味に言います。

何やら楽しそうな夢子を見つめながら、定楽乃は綺羅莉の自分にはない自由さや欲望への忠実が羨ましかったことに気づきました。

しかし自分の選んだ道に後悔はありませんでした。

調整の余地すらない純粋な運試しに、定楽乃の胸は高鳴っていました。

 

そして第6ターン「花競べ」の結果が出ました。

夢子は12点、鈴井は1点、定楽乃は11点で、夢子の勝利となりました。

喜ぶ夢子に鈴井はおめでとうと拍手を送りながら、本当に自分を攻撃したんだと寂しそうな様子。

そんな中、ユミは定楽乃が負けたことに涙を流します。

すると定楽乃は役割とはいえいつも車椅子を押させてすまないと謝り、ユミがバカでもバカじゃなくても、自分はユミのことが大好きだと伝えました。

それを聞いたユミは泣きながら、定楽乃に抱きつきます。

そんな中、定楽乃は夢子を見つめながら、結果的に票は一族の者に渡ったのだから、まだ跡目争いは終わっていないと考えるのでした。

賭ケグルイは全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

賭ケグルイ
賭ケグルイを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ月刊ガンガンJOKERで連載中の「賭ケグルイ」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 賭ケグルイを配信し...

賭ケグルイ82話感想

ようやく双頭蓮館が決着しましたね。

裏では綺羅莉が手引きしていたようで、高みの見物をしている感じが悪趣味ですね。

次はどんな展開になるのか楽しみです!

次回の賭ケグルイ83話が掲載される月刊ガンガンJOKER3月号は2月22日に発売されます。

賭ケグルイ83話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍