漫画ネタバレ

賭ケグルイ83話(前編)ネタバレ!百喰一族が登場!

2021年2月22日発売の月刊ガンガンJOKER3月号掲載の「賭ケグルイ」のネタバレについてまとめました。

賭ケグルイを無料で読む方法を徹底調査!

賭ケグルイを無料で読む方法を徹底調査!月刊ガンガンJOKERで連載中の「賭ケグルイ」を無料で読む方法をまとめました。 賭ケグルイを無料で読むならコミック.jp! \登...

【前回のあらすじ】

双頭蓮館でサイコロを振って、ギャンブルを支配していたのが桃喰綺羅莉だったことが判明しました。

そして最後の勝負、夢子は定楽乃と鈴井を下し、勝利するのでした。

賭ケグルイ82話ネタバレはこちら

賭ケグルイ83話(前編)ネタバレ

桃喰家に元気な双子の女の子が生まれました。

「さぁ早く!賽を握らせよう。双(二つ)を一つに」

 

桃喰リリカは幼い頃から、動くな、見るな、触るな、嗅ぐな、聞くな、味わうな、感じるな、お前の全ては綺羅莉を通して行われるとしつけられてきました。

子宮から頭を出したのは、リリカが先でしたが、賽の目は彼女を選びませんでした。

選ばれた方に与えられたのは「綺羅莉」の名前。

選ばれなかった方に与えられたのは、己という存在を消すための仮面でした。

仮面は外界とリリカを断つ壁。

リリカはこの世に存在しないものとされ、常に綺羅莉のみを経験し、綺羅莉になれと教えられました。

そうしてリリカは仮面をかぶって綺羅莉と行動を共にし、綺羅莉として生きてきたのです。

そんなある日、2人は同じ顔を突き合わせて「百喰をさらいましょう」と話しました。

彼女らにとって、お互いが自分の唯一のよき理解者で運命共同体でした。

 

そして現在、ギャンブルで敗北した百喰一族が集結していました。

ミラは全員負けてしまったため、結局は綺羅莉の思い通りだったと言いますが、定楽乃は綺羅莉の望む通りに行くとは限らないと否定します。

というより彼女自身がそうならないことをこそ、望んでいるだろうという定楽乃。

綺羅莉を倒せる者などいるのかと疑問を浮かべる希に、凛は現実的に優勝の可能性のある者は桃喰綺羅莉578票、桃喰リリカ166票、早乙女芽亜里250票、蛇喰夢子1019票の4名だと話します。

すると茨は、リリカにあんなギャンブルができるとは思わなかったと振り返ります。

ただ勝つだけならいざ知らず、あの勝利には明確なリリカの意志があったという茨。

その仮面で己という人格を消していた彼女が、尾喰の嘘を暴いたのは驚いたと言います。

凛はリリカにはこの選挙に勝つ意志があると言い、彼女がどう変わったのか、それは綺羅莉の思惑を越えるのか見ものだと語ります。

するとミラが、早乙女芽亜里はどうだ?と一同に問いかけます。

ここまで残っているのだから、相当な人間だと思うとミラは言いますが、三欲は怒りをこらえながら、「凡人ですよ」と吐き捨てるように言いました。

特別頭がキレるわけではなく、特殊な能力があるわけでもなく、ただ少しギャンブルに慣れているだけの凡人だと言い放つ三欲。

三里は少し怯えながら「でも・・・」と口を開きますが、三欲は意志が強いことだけは認めると続けます。

どんな困難に面しても己の意志を決して負けないことが早乙女の強みで、自分も見習いたいものだと三欲は話しました。

そんな彼女に寄り添う三里。

すると今度は蛇喰夢子の話題になり、恵利美が蛇喰夢子の勝ちに賭けると宣言します。

自分とミラと淑光と定楽乃を破った女なので、優勝してくれないと困るという恵利美。

定楽乃は、夢子は自分の知る中で最も蛇喰らしいと言います。

「少なくとも奴の姉よりはるかにな」という定楽乃。

蛇喰らしいとは何だと尋ねるミラに、定楽乃は「この選挙を喰うのは奴かもしれんと言うことだ」と話すのでした。

賭ケグルイは全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

賭ケグルイ
賭ケグルイを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ月刊ガンガンJOKERで連載中の「賭ケグルイ」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 賭ケグルイを配信し...

賭ケグルイ83話(前編)感想

選挙の結果はどうなるのでしょうか。

どんな展開になるのか楽しみですね!

次回の賭ケグルイ83話(後編)が掲載される月刊ガンガンJOKER4月号は3月22日に発売されます。

賭ケグルイ83話(後編)ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍