漫画ネタバレ

怪物事変56話ネタバレ!夏羽「花楓は許さないけど殺さない」

2021年7月2日発売のジャンプSQ.8号掲載の「怪物事変」についてネタバレをまとめました。

怪物事変を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

怪物事変を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?ジャンプSQ.で連載中の「怪物事変」を無料で読む方法をまとめました。 怪物事変を無料で読むならU-NEXT! \アニメや映画も見...

【前回のあらすじ】

表の屋島にいたたぬきたちは一致団結し、皆で飛び出してきた炎狐を押し戻します!

そのまま強烈なダメージに耐えきれないまま赤城は燃え尽き、死んでしまいました・・・

怪物事変55話のネタバレはこちら!

怪物事変56話獣のネタバレ

「赤城さん!赤城さんってば!なあ!」

そう叫ぶ花楓ですが、彼の言葉とは裏腹に赤城は全く返事を返してくれません。

識は夏羽にどうして赤城を許そうというような事を言ったんだ!と詰め寄りますが、夏羽はそれでも体を引きずって赤城の死体の方へとむかいます。

燃え盛る彼の死体に耳を近づけようとする夏羽に、野火丸は「もう死んでます」といって手を伸ばしました。

その言葉に花楓は驚き顔をあげます・・・

赤城は死んだ・・・お前がまけた・・・!

そう言われてしまった花楓はそんな馬鹿なことあるわけがない!と叫びました!

ハナはきかなくなってしまったし目も見えないが、それでも今赤城の死を告げたのは野火丸だということは知っているという花楓・・・

野火丸はウソばかりつくから信じられないという花楓でしたが、彼のやけどを負った部位を野火丸はちょんちょんとつついていじめます。

野火丸は花楓が「お前が稲荷様に従ってるのはさあ!」と理由を話そうとしたこともあって、野火丸によってひどく痛めつけられそうになりますが・・・

「ま、まてって、俺がやるよ」

慌てて識が自分の能力で拘束するからと口にしたことで花楓はこれ以上傷つくことを防げたのでした。

すっかり燃えつきようとしていた裏屋島でしたが、次第に輪郭がはっきりとしていき裏屋島は元の屋島の風景へと戻っていきます。

驚く夏羽たちの元にやってきたのは伊予姫でした!

彼女が自分の力で裏屋島を作り直したらしく、こうしてけが人たちや花楓は連行されていくことに・・・

屋島ではタヌキたちが忙しく走り回り、綾がケガを治して回ります。

紺がうけた酷い火傷や隠神の腕のケガを治して回る間、伊予姫は頑張っていた祖父が力なく布団に横たわるのをただ眺めていました・・・

その頃、不寝番がおかれた土蔵には縛り上げられた花楓が捨て置かれています。

彼は酷いケガをうけたまま両手足を拘束されていましたが、持ち前のタフさのおかげか熟睡していました。

・・・翌日、伊予姫と多朗太は隠神たちを呼び出し本当に世話になったと感謝の言葉を口にします。

野火丸は褒美として赤城の死体がほしいといい出しましたが多朗太はそれをこばみました。

そして、いきなり赤城や花楓の処遇は伊予姫が決めるのだと彼は言い出したのです。

「え!?父上なんで急にそんな事を・・・!」

祖父が亡くなるかもしれない今の状況では伊予姫が次代の後継者として重要事項を取り決めなければいけないといってきた多朗太に、伊予姫は混乱しました。

祖父はまだ死なない!という伊予姫に野火丸が泣き落としをかけて赤城の死体を弔いたいだけなのに・・・と言ってきます。

焦る伊予姫をみて、全吉は太三郎は伊予姫に異常なほど過保護に対応するが、多郎太はその反対に早く強くしようと何でもさせようとするのだとつぶやきました。

「なので・・・おそらく伊予姫さまに死刑を執行させようとしているのではないかと・・・」

全吉の言葉に識たちは驚きます。

そんな中、伊予姫は混乱したまま夏羽に判断を仰ぎました!

「夏羽の意見はどうじゃ!?」

「俺・・・俺は・・・」

夏羽も疲労しまだ混乱した状態です、その状態をみて、隠神はもう少し時間をやったほうがいいといいました。

「なあ狐小僧、お前の方はどうするつもりだ?お互いに協力できることがまだあるだろうからおとなしくしてろ」

隠神の言葉によって、多朗太も野火丸も赤城たちのことに関しては一時的に保留とすることに・・・

その日の夜、中々眠ることのできなかった夏羽は風呂に入ろうと屋島の露天風呂へと向かいます。

片腕が未だ治らない中、モタモタとした動きで風呂へとむかった夏羽はそこで酷いケガを同じく片腕におっている野火丸に出会いました。

彼はサウナルームにいたため夏羽もまたサウナルームへと入ります。

「野火太郎・・・なんでここにきたの?」

夏羽の言葉に野火太郎は僕がやらなければ屋島の人が死んでいたかもしれないからといいました。

そして、なぜあの時赤城にあんな風なことを言ったのかと野火丸はいってきます。

夏羽は、自分も赤城のように1人から1人じゃなくなって欲しかったものが手に入ったからとつぶやきました。

もっと話を聞いてみたかったとつぶやく夏羽に、野火丸はそれこそが自己都合の命の選別なのだと解き、今まさに選別を待つ命があるのだと告げます。

「たとえ話をしましょうか」

彼は1人の生物学者の話をはじめました。

その男は山深い場所でニホンオオカミを探すフィールドワークを行っていましたが、そこで巨大な狐に出会ったというのです。

猟師三名を食い殺していたこの狐と話をするようになった生物学者の男・・・

彼は人に化ける術をもち、その姿に惹かれた男はいつしかこの狐に魅入られたように山から戻らなくなります。

「帰ってきて」と連絡をよこす家族がうっとおしくなった男は、そのことを狐に話しました。

すると・・・

「おっちゃんとってきたよ!いっしょにたべようよ!」

無邪気にその狐は笑い、彼の家族の死体をつれてきたのでした・・・

死の間際、生物学者の男は野火丸にこの狐を託します。

「私が人で、あの子が獣だっただけ・・・」

その男の言葉をつげた野火丸は夏羽にもしあなたならこの獣を殺しますか?と聞いてきたのです。

結局夏羽は答えを出せないまま再び布団にもぐりこみましたが、そんな夏羽の布団の中に環が潜り込み、助けを求めてきました・・・

・・・その頃、土蔵の中に閉じ込められていた花楓のもとに、一匹の大蛇が忍び寄ります。

蛇は花楓のクビにまきつくと一気に締め上げていきますが・・・

すんでのところで夏羽がかけつけたことで殺すことはできませんでした。

「うっ、ううっ、殺せなかった・・・」

いちごは涙を流してそうもらします。

憎くて憎くて、このまま殺して地獄に落としてやろうと思ったというのに、どうしてもあと一息力が出せなかったといういちご・・・

それを見て夏羽を「お姉さんは殺せる人じゃないから」と淡々と返しました。

自分は殺せる側の人間だという夏羽に、いちごはじゃあ代わりにあいつを殺してよ!と叫んできます!

その瞬間のいちごの瞳はほの暗く、獣のように鋭い瞳をしていましたが・・・

夏羽は首を振り、やっと再生した片腕でいちごをしっかりと抱きしめると、花楓にはもっと他のことが必要だと思うと口にします。

「俺は許さないけど、でも絶対に殺さない」

怪物事変を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

怪物事変を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?ジャンプSQ.で連載中の「怪物事変」を無料で読む方法をまとめました。 怪物事変を無料で読むならU-NEXT! \アニメや映画も見...

怪物事変56話獣の感想

夏羽の強い意思・・・最初の頃と比べると本当に大きく変化しましたよね。

花楓の処遇は屋島全体、そして野火丸の思惑も絡んできそうですが、隠神は味方をしれくれるような気も・・・どうなるのでしょうか!?

次回の怪物事変57話が掲載されるジャンプSQ.9月号は8月4日の発売です!

怪物事変57話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍