漫画ネタバレ

金田一37歳の事件簿88話ネタバレ!3人目の殺人が発生!

2021年9月14日発売のイブニング19号掲載の「金田一37歳の事件簿」のネタバレについてまとめました。

金田一37歳の事件簿の最新刊9巻を無料で読む驚愕の方法とは?

金田一37歳の事件簿の最新刊11巻を無料で読む驚愕の方法とは?イブニングで連載中の「金田一37歳の事件簿」最新刊11巻を無料で読む方法をまとめました。 金田一37歳の事件簿を無料で読むならコミ...

【前回のあらすじ】

金田一は江戸川乱歩展のイベント運営を請け負うことになりましたが、内覧会で2人が殺人二十面相を名乗る人物に殺されてしまいました。

さらに殺人二十面相の魔の手は、船橋にも迫りつつありました。

金田一37歳の事件簿87話ネタバレはこちら

金田一37歳の事件簿88話ネタバレ

船橋は隠れた先で、何かを見つけました。

しかしその直後、鉄パイプを持った殺人二十面相に頭を何度も殴られ殺害されてしまいます。

そして犯人は船橋の死体を引きずり、移動させ始めました。

 

一方金田一と2人で行動中のまりんは、みんながどこかに隠れたため、自分たちも隠れなくていいのかと尋ねます。

しかし多分無駄だという金田一。

犯人が殺したい人間はたぶん始めから決まっているらしく、その人物の行動だけはちゃんと把握できる何かを仕込んでいるのだと推理します。

つまりまだ殺人は起こるため、一緒に行動した方が安全だと金田一は言ったのですが、結局二十面相の思うつぼになってしまったのだとため息をつきます。

その時、スピーカーから蛍の光のメロディーと共に「本日はご来場ありがとうございました」と、江戸川乱歩展の終わりを告げるアナウンスが流れ始めました。

どうやら二十面相が流しているようで、出口に迎えという意味ではないかという金田一。

まりんが出口は塞がれてるのに何のためにと疑問を浮かべると、金田一はハッとしながら「まさか!また誰かが!?」と言います。

ということで、2人は江戸川乱歩展の出口に向かいました。

 

そこには億野、青鬼、赤峰、魚森、鹿倉の5人が集合していました。

しかし船橋の姿が見当たらないということで、一同はルートに沿って彼を探すことに。

そして彼らは乱歩作品に登場した怪人の間にやってきましたが、そこにある”緑衣の鬼”の緑色のコートと帽子が剥ぎ取られていました。

すると金田一は怪人の間の床に、緑のコートと帽子が何かに被せて置いてあることに気づきます。

そのコートを剥がしてみると、頭から血を流している船橋の死体が出てきました。

それを見た一同は騒然とします。

さらに金田一は床に死体を引きずった血の跡を発見。

つまり船橋はここで殺されたのではなく、どこか別の場所で殺されて、わざわざここに引きずって来られたのだと金田一は推理します。

まりんは「緑衣の鬼」に見立てるためかと聞きますが、金田一はそれなら緑衣の鬼の衣装を人形から剥ぎ取って、殺害現場まで持っていって死体に着せる方がはるかに楽だと指摘します。

血まみれの重い死体をわざわざ引きずってきたのには、何か理由があるはずだという金田一。

もしかしたら犯人は殺害現場を知られたくなかったんじゃないかと考えます。

問題はその殺害現場がどこにあるかということですが、血の跡はあまり続いていない様子。

その時、金田一は船橋の死体を見て何かに気づき、手を伸ばそうとしました。

しかしそれと同時に鹿倉が、船橋が死んでしまって責任者は金田一だけになったため、早く脱出経路を見つけてちょうだい!と彼を怒りました。

金田一はビクッとしながら「は、はい!かしこまりました!」と答えますが、ここのつくりは船橋の方が詳しいので困ってしまいます。

その時、金田一は億野が乱歩展の空間プロデューサーである亜良木豪に頼まれて、ウェブ上に全体図をアップしたことを思い出します。

図面は彼女が作ったものらしく、金田一は脱出口がありそうな場所が大体どの辺か見当がつくんじゃないかと億野に言いました。

すると億野は、最初に行った封鎖された下の階の大暗室の出入り口と、最上階に脱出口があるかもしれないと指示しします。

最上階には乱歩の作品「鏡地獄」の展示があり、その隣に元々あった非常口から屋上に出られるようです。

そこで一同は鏡地獄に行ってみることにしました。

 

鏡地獄の間は部屋全体が鏡のドームになっていました。

金田一は鏡を張り巡らした異常な空間に入った時、ふとこの空間をプロデュースした亜良木豪という人物の異常な感性に言い知れぬ恐怖を感じます。

ほとんど人に姿を見せたことのない、この覆面アーティストは一体何者なのかと考える金田一。

ひょっとして今回の事件を起こしている殺人二十面相と彼は、何か深いつながりがあるのではないかと思いました。

そして一同は非常口を発見し、扉を開きます。

そこは上が吹き抜けのようになっており、6~7メートルはあるようです。

億野によると、図面ではこの上には屋上に通じるハッチがあるのだとか。

登るためにはコンクリートの壁から突き出している金属のハシゴを使わなければいけませんが、高い位置にあるため金田一でも届かない様子。

すると赤峰が、自分なら届くと言いました。

彼はバスケやフリークライミングの経験があるらしく、体力には自信があるようです。

そして赤峰はジャンプし、ハシゴに手をかけると、どんどん上に登り始めました。

それを見た一同は、屋上に出れば携帯も通じて助けも呼べると安心します。

しかし金田一は浮かない表情で、なぜあのハシゴは高い位置から1段目が始まっているのかと疑問を浮かべていました。

これが非常用の出口として作られたものなら、あんな高いところからでは誰も登れません。

登れるのは赤峰のように190センチ以上も身長がある人間だけです。

そのことを考えた瞬間、金田一はゾワッと鳥肌が立ち、胸騒ぎを覚えるのでした。

金田一37歳の事件簿の最新刊9巻を無料で読む驚愕の方法とは?

金田一37歳の事件簿の最新刊11巻を無料で読む驚愕の方法とは?イブニングで連載中の「金田一37歳の事件簿」最新刊11巻を無料で読む方法をまとめました。 金田一37歳の事件簿を無料で読むならコミ...

金田一37歳の事件簿88話感想

190センチ以上の赤峰しかハシゴを登れないように、あらかじめ細工してあったということでしょうか。

もし赤峰が死んだら、案内した億野が怪しく見えてきますね。

ここからどんな展開になるのか楽しみです!

次回の金田一37歳の事件簿89話が掲載されるイブニング20号は9月21日に発売されます。

金田一37歳の事件簿89話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍