漫画ネタバレ

「子供を殺してください」という親たち44話ネタバレ!押川の苦い過去

2021年5月21日発売の月刊コミックバンチに掲載の「「子供を殺してください」というたち」44話についてネタバレをまとめました。

「子供を殺してください」という親たちを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

「子供を殺してください」という親たちを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめバンチコミックスで連載している「「子供を殺してください」という親たち」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 ...

「子供を殺してください」という親たちの最新刊9巻が無料で読める方法!

「子供を殺してください」という親たちの最新刊9巻が無料で読める方法!6月9日発売の「「子供を殺してください」という親たち」最新刊9巻を無料で読む方法をまとめました。 「子供を殺してください」という親...

 

[前回のあらすじ]

和江は病院を脱走し、自宅に引きこもっています。

さらに和江は夫・中川が自分を殺そうとしている、と主張して何度も警察にも行っていました。

警察の同行の元、中川と共に和江の部屋へ入った押川。

入院治療をするために精神病院に入ってもらう、と伝えた押川に対して和江は、相変わらず、中川が自分に毒を盛ったのだ、と主張し続けました。

中川が毒や水銀を盛ったことをきちんと調べる、という約束の下、和江は救急車へ乗ることを承諾しました。

それから1年後、押川の元へ中川から連絡が入りました。

和江が若い男性の患者さんに惚れてしまい、その人と結婚するから別れてほしい、と言い出し、

更には、ナースステーションに忍び込んでその男性のカルテを盗み見るなどの迷惑行為を繰り返し、病院から転院を求められているようなのです。

一先ず病院へ交渉して転院は免れましたが、中川は別れるどころか、余計にやる気を出しているようです。

娘には全て話しているようですが、入院できたならよかった、とコメントするのみで、面会にも来る気はないそうです。

結局は家族以外で和江を理解して支えてくれる人を探さなければならないのだ、と言う押川なのでしたー。

「「子供を殺してください」という親たち」43話のネタバレはこちら

「「子供を殺してください」という親たち44話ネタバレ

ある日、押川の元に、朝霞新聞社の岡野という記者が訪ねてきました。

岡野は、引きこもりの引き出し業者について押川の意見を伺いたい、ということです。

押川は、取材の前に、岡野が言う”引きこもり”とはどの引きこもりのことを言っているのか、と岡野に問いました。

岡野は押川の質問の意図を測りかねているようです。

それに対して押川は、そういった記事に登場する人々は、自分が引きこもりだという自覚があって、記者の取材にも答えて自己主張もできるのか、

それらができる人を引きこもりと呼ぶならば、引きこもりの基準とはいったいどこにあるのだろうか、と岡野に尋ねます。

今はいろんなタイプの引きこもりがいる、と言う岡野に対して、

自分が見てきた患者達は全く違う、彼ら彼女らには、自分が引きこもりだ、という認識がなく、それでいて何年も家から一歩も出ていないという患者もいる、

と言う押川に、岡野は言葉につまりつつ、

今ではそういった人の方が珍しいかもしれない、内閣府の調査によれば、家から全く出ない引きこもりは1割だそうだ、と返しました。

押川にしてみれば、その多様化こそが引きこもりの本質を曖昧にしているものであり、

だからこそ押川は、介入の前に本人の行動を徹底して視察調査しているのでした。

そんな探偵まがいのことは人権侵害にあたるのでは、と言う岡野でしたが、押川には、視察調査こそが要だと思い知った苦い経験があるのでしたー。

15年以上前、押川は私塾を運営し、若い男性スタッフとともに精神疾患や依存症からの回復を目指す若者の面倒をみていました。

そこへ、引きこもりを自称する男性が訪ねてきたのです。

斎藤正人と名乗るその男性は、事前にメールでも依頼してきていました。

自分はずっと引きこもりで、是非押川に相談に乗ってほしい、と言うのです。

斎藤は、10年近く引きこもり生活をしていて、中学の頃から周りと距離を感じ始め、高校も中退してしまい、対人恐怖症が強くて人とうまくやっていけない、

というのでした。

しかし押川は、ここでは本人からの相談は受けていない、と言いました。

これだけ明確に自己主張ができて、自ら当事者の会に参加したり、自分に会いにきたりしている、

それで引きこもりとは言わない、少なくとも自分が見てきた引きこもりとは全く違う、と言う押川。

それでも斎藤は引き下がらず、引きこもりで有名な黒岩丸先生にも診てもらって、

やりたいことが見つかるまで無理はしなくていい、と言われた、と言いました。

しかし斎藤は、それでいい、とは思えず、対人恐怖があることに悩み、現在も向精神薬を飲んでいるのだ、と訴え続けます。

すると隣にいた母親が、自分達の離婚で引越しや転校をさせたからいけなかったのだ、なんとか救ってほしい、と言って、

何を言っても母親も斎藤も引き下がるつもりはない様子でした。

結局8時間粘った斎藤親子を受け入れることになった押川。

翌日、冷やかしかと思った斎藤が押川の元へ本当にやってきました。

押川は、患者達が共同生活をしている家に斎藤を連れて行き、患者達と対面させ、斎藤の共同生活が始まったのでした。

見る限り、斎藤には引きこもりらしいところは全く見受けられません。

そんな斎藤の様子を見ながら、押川は、斎藤が持参した精神科医の初見に目を通します。

そこには、斎藤は自殺願望と対人恐怖症を訴え、自己肯定感が低い、その一方で承認欲求が強すぎる傾向がある、

その心性により活動的になりすぎては疲れは果てる、という生活を繰り返している、とありました。

押川にしてみれば、もっともらしく書いてあるものの、ただの屁理屈に読み取れました。

押川には、斎藤はどう見ても元気な青年なのです。

目の前には、なかなかトランプで勝つことができず、しつこく勝負を挑んでいる斎藤の姿があります。

やはり自分のところで預かる対象ではない、と判断した押川。

母親ともう一度話す必要がある、と考えていました。

押川は、これ以上斎藤と関わることはないだろう、とそのときは思っていたのでしたー。

「子供を殺してください」という親たちを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

「子供を殺してください」という親たちを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめバンチコミックスで連載している「「子供を殺してください」という親たち」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 ...

「子供を殺してください」という親たちの最新刊9巻が無料で読める方法!

「子供を殺してください」という親たちの最新刊9巻が無料で読める方法!6月9日発売の「「子供を殺してください」という親たち」最新刊9巻を無料で読む方法をまとめました。 「子供を殺してください」という親...

「「子供を殺してください」という親たち44話感想

引きこもりのタイプが多様化したことでその本質の線引きが難しくなっている、ということです。

普段、安易に”引きこもり”という言葉を使いがちですが、それも憚られるべきことなのかもしれません。

斎藤はいったいどうなってしまったのか、それによって押川は何を思い悩んだのか、次回を待ちたいと思います。

次回の「「子供を殺してください」という親たち」45話が掲載される月刊コミックバンチ2021年8月号は6月21日発売です。

「「子供を殺してください」という親たち」45話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍