漫画ネタバレ

恋の呪いは愛で解け81話ネタバレ!同棲1ヵ月後の2人の日常は?

めちゃコミック×ゼノンで配信中の「恋の呪いは愛で解け」のネタバレについてまとめました。

恋の呪いは愛で解けを無料で読める方法を徹底調査しました!

恋の呪いは愛で解けを無料で読める方法を徹底調査しました!めちゃコミック×ゼノンで連載中の「恋の呪いは愛で解け」を無料で読む方法を調査しました。 恋の呪いは愛で解けが読めるサービスは? ...

恋の呪いは愛で解けを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

恋の呪いは愛で解けを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめめちゃコミック×ゼノンで連載している「恋の呪いは愛で解け」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 ...

【前回のあらすじ】

同棲を始めるにあたり、必要なものを買いそろえた香澄と斗真。

しかし喧嘩しないようにとお互い気を使ってしまい、納得のいく買い物ができず、後悔しました。

その気持ちを確かめ合った2人は、改めて気を使わずカーテンを選びましたが、やはり意見がぶつかり喧嘩になるのでした。

恋の呪いは愛で解け80話ネタバレはこちら

恋の呪いは愛で解け81話ネタバレ

同棲を始めて、もうすぐ1ヵ月です。

朝は起床時間になっても起きない香澄を、斗真が起こしてくれます。

しかし香澄は結局起きれず、出勤する時間のギリギリになって目を覚まし、バタバタと準備をする羽目に。

斗真は朝に強いため、朝食はもっぱら彼の当番です。

さらに香澄が慌てて斗真の作ってくれたオムレツを食べていると、ケチャップが倒れて床に落下し中身が飛び出してしまいました。

床に敷いてあるラグは「汚れが目立つ」と斗真に反対されながらも、香澄が「絶対気を付ける」と我を通して買ったもの。

そんなラグに早速シミを作ってしまい、香澄は青ざめます。

そして斗真は、だから言っただろうがー!?と怒鳴り散らしました。

そんなこんなで朝っぱらから喧嘩が勃発しましたが、喧嘩はもう日常茶飯事でした。

 

そして2人は8時に出社し、仕事を開始します。

お互い仕事に私情は持ち込まないよう徹底していました。

しかしこの日は、香澄のスマホに斗真から「ラグのシミ、責任もってとれるまで洗えよ」とメッセージが届きました。

彼女はイラ立ちながらも、昼食のついでにシミの落とし方を検索し始めます。

すると他の女性社員が香澄に、カーペットのシミを取るためのアドバイスをしてくれました。

その様子を見た斗真は、さすがにダメ押しまでしたのは大人げなかったかなと少し反省しました。

 

16時頃になると香澄は仕事をしつつ、夕飯のことを考え始めます。

夕飯を何にしようか悩んだ香澄は隣の由紀に、今何食べたい気分?と聞きました。

由紀がピザ!と答えると、香澄はせめて家で作れるやつ言って~と笑います。

すると由紀は、先輩もうすっかり主婦って感じですねと微笑み、香澄は驚いて顔を赤らめます。

黒川さんのために毎日悩んで手作りして、まさに愛だとキラキラした表情で語る由紀。

香澄は恥ずかしくなり、コーヒー買ってくると言いながら、たまらずその場を離れました。

今日はシミの件もあるため、ちょっとは手の込んだものを作って謝ろうと考える香澄。

そして自販機に向かった時、近くで斗真が他の社員と話しているのを目撃します。

社員に何か聞かれた斗真は「酢豚かな!」と答えました。

「何でか子供の頃から・・・」

「あ~あの甘酸っぱい感じがな~!」

そんな彼らの会話を聞いた香澄は、斗真が酢豚が好きなのだと判断し、夕飯を酢豚にすることに決めました。

そして17時30分に退社した香澄は、最寄りの駅近くのスーパーで買い物をしました。

恋の呪いは愛で解け82話ネタバレはこちら

恋の呪いは愛で解けを無料で読める方法を徹底調査しました!

恋の呪いは愛で解けを無料で読める方法を徹底調査しました!めちゃコミック×ゼノンで連載中の「恋の呪いは愛で解け」を無料で読む方法を調査しました。 恋の呪いは愛で解けが読めるサービスは? ...

恋の呪いは愛で解けを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

恋の呪いは愛で解けを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめめちゃコミック×ゼノンで連載している「恋の呪いは愛で解け」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 ...

恋の呪いは愛で解け81話感想

斗真が酢豚といったのは、もしかして嫌いな食べ物のことではないでしょうか。

少し嫌な予感がしますが、どんな展開になるのか楽しみです。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍