漫画ネタバレ

この音とまれ!101話ネタバレ!響く不協和音、そして現れた宇月

2021年4月2日発売のジャンプSQ.5号掲載の「この音とまれ!」についてネタバレをまとめました。

この音とまれ!を無料で読む方法を徹底調査!

この音とまれ!を無料で読む方法を徹底調査!ジャンプSQ.で連載中の「この音とまれ!」を無料で読む方法をまとめました。 この音とまれ!を無料で読むならU-NEXT! \アニ...

【前回のあらすじ】

名都を呼び出した哲夫は宇月の正体をばらしました・・・

一方宇月は歪んだ愛情を一心にチカにむけ、チカがどこにいるべきかわからせないとと言い出して・・・?

この音とまれ101話のネタバレはこちら!

この音とまれ101話離さない、放さないのネタバレ

名都が最初に違和感を感じたのは、まだ彼が幼稚園児にも満たないような幼い頃でした。

彼にとって、家族とはお父さんが月に1,2度帰ってきて贈り物をくれるという形のものだったのです。

何不自由なく暮らすことはできていたのですが、父と母の演技じみた会話だけは苦手だったといいます。

ある日彼は、その理由がわかるかもしれないと父親の後をつけてみました・・・

すると、父親は自分の家ではない家へと入り、そこで暖かく迎えられています・・・

団地に住んでいる名都とは違い、彼が帰ったのは高級住宅街の大きな家・・・・

そこには宇月誓という名前の腹違いの兄がいました。

家の前で宇月と出会った名都は彼と話をして、思ったよりも話が合うということでそれからちょくちょく顔を合わせるようになります。

中学にあがるころ、変化が訪れました。

まず名都の父親が家に来なくなり、母親が泣きながら「お父さんとは分かれることになったの」といいだします。

それを聞いても、名都の心には何も響かず、ただ今度はそういう設定で演技が始まったんだな、と考えるだけでした。

・・・もう一つの変化は宇月です。

彼は不良のような格好をするようになり、チカという男の子と仲良くなったと言い出しました。

久遠はやばい噂しかないケンカばかりしている不良少年であり、名都はむしろ宇月が大丈夫かと心配していたのですが・・・

そうこうしているうちに、あの事件が起きたのです・・・

事件後公園で宇月と話していた名都は、仄暗いほほ笑みを浮かべながら「チカはやってない」とつぶやく宇月に衝撃を受けました。

いつもと雰囲気の違う彼は、チカは俺が守ってやらなければいけないといっていたのです・・・

それ以降連絡のとれなくなった宇月でしたが、いきなりこの前呼び出され「仲直りを手伝ってほしい」と言い出したのでした。

哲夫に言われたコトを反芻しながら、名都はどうしたらいいのかと考えます。

哲夫は自分からチカに、名都が宇月の弟だとは言わないけど、早いうちに言ったほうがいいと告げていました。

「チカ、お前の音好きだって」

昔から全てあわせて流して、自分なんて持たないようにしていた名都は、ようやく揺り動かされた自我を感じてイライラとしていました。

放課後の教室でぼんやりしていた名都でしたが、吉永の叫び声でようやくハッとします。

「もう放課後!部活!」

彼はそういって名都を連れて行こうとしますが・・・

「ごめん、今日はちょっと」

彼はそういって部活から逃げようとします。

ところが、吉永はそれを許しませんでした。

彼は名都になにかあったのだと気がついたのです。

「あの、僕で良ければ、話しとかきけるし・・・!」

そういって追いすがってくる吉永に、名都は大きな声で「うるさいな!!!」と叫んでしまいました。

そして、すぐになんでもないと笑って帰ろうとしますが、吉永は彼の手をしっかりと握りしめ、絶対にやだ!と訴えます!

「そうやって笑ってつきはなされるのやだ!」

彼の目は真剣で、手を離してはくれそうにありません・・・

結局そのまま部活へと連行された名都・・・

この日の部活は全くうまくいきませんでした。

チカも、名都も、そして吉永まで音が乱れ、全てがガタガタになってしまったのです・・・

帰りの時間、今日は音がはまらなかったな~と話しながら帰路についていたチカたちでしたが、名都は勇気を振り絞りチカに声をかけました。

「久遠先輩、ちょっと話が・・・」

言いにくそうにオドオドと話す名都に不思議そうな顔をしたチカでしたが・・・

「チカ」

校門のすぐ横にいたのは、宇月でした。

彼は嬉しそうにチカを見つめると、恐怖に表情が固まったチカを気にもとめず、彼を抱きしめたのです・・・!

「会いたかった、チカ」

この音とまれ!を無料で読む方法を徹底調査!

この音とまれ!を無料で読む方法を徹底調査!ジャンプSQ.で連載中の「この音とまれ!」を無料で読む方法をまとめました。 この音とまれ!を無料で読むならU-NEXT! \アニ...

この音とまれ101話離さない、放さないの感想

名都の苦しい立場がつらすぎますが、彼にはチカにとっての哲夫のように吉永がいてくれるのが救いですね・・・!

・・・とはいっても、最悪のタイミングで宇月の登場・・・波乱の予感です!

次回のこの音とまれ!102話が掲載されるジャンプSQ.6月号は5月1日の発売です!

この音とまれ!102話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍