漫画ネタバレ

この音とまれ!105話ネタバレ!宇月の卑劣な作戦に抗う!?

2021年9月3日発売のジャンプSQ.10号掲載の「この音とまれ!」についてネタバレをまとめました。

この音とまれ!を無料で読む方法を徹底調査!

この音とまれ!を無料で読む方法を徹底調査!ジャンプSQ.で連載中の「この音とまれ!」を無料で読む方法をまとめました。 この音とまれ!を無料で読むならU-NEXT! \アニ...

【前回のあらすじ】

チカに差し伸べられた仲間たちからの手・・・再び浮上しようとしたチカでしたが、そんな彼にあるメールが送られてきます・・・

それは、鳳月や部長などの仲間たちの隠し撮られた写真達・・・チカはいてもたってもいられず宇月の元へと駆けていきました!

この音とまれ!104話のネタバレはこちら!

この音とまれ!105話愛のネタバレ

チカが初めて喧嘩をした日、彼は小学生で、中学生たちを殴り飛ばしてしまったその感触がイヤでたまりませんでした。

怖くて、恐ろしくて・・・

警察署につれてこられたチカは、ブルブルと震えながら、それでも最初に向こうが殴りかかってきて、それに対して正当防衛を行っただけなのだと考えます。

でもやりすぎたかもしれない・・・そんなふうに不安をふくらませるチカのもとに、駆けつけてくれたのは父親でした。

でも彼は、ただ警察官に謝罪すると息子を蔑んだ目でみて、無理やり引きずるようにしてチカを家へと連れ帰ったのです。

・・・それからしばらくして、喧嘩で負けたヤンキーたちがチカのもとに報復に訪れます。

今度は一切抵抗をしなかったチカでしたが・・・

ボコボコにされた彼をみた父親は、そのチカをみて心配もせずただ「自業自得」と吐き捨てます。

あの女にそっくりで、忌々しい、どうしてお前なんかが息子なんだ!そう彼は繰り返しました。

「ずっと地獄にいる気分だ、お前が産まれてから俺は!」

そして彼は涙を流します・・・本当はこんな父親になりたいわけではなかったのに、どうしてもチカのことを愛せない・・・そういって・・・

それから毎日のようにチカは不良たちに付け狙われ暴力を振るわれました。

ずっと耐えていたチカでしたが、ふとこの先一生彼らの攻撃を我慢し続けるなんて嫌だ!とおもい、反撃するように・・・

自分なんかが産まれたのが間違いだったのかもしれない・・・自分なんか・・・

そんなどす黒い感情から救い出してくれたのは祖父で、そして、彼がつれていってくれた場所にいたのは箏曲部のメンバーたち。

自分も生きていい、ありのままでいていいんだ・・・そう思っていたのですが・・・

その大事な箏曲部を荒らす宇月を、このまま放っておくわけには生きません。

チカは、直接交渉しに来たのです。

学校内ではチカが宇月のもとに向かったのだと箏曲部のメンバーたちには筒抜けでした。

彼らはすぐにチカの元へと駆けつけるべく、授業前だというのに学校から飛び出していきます。

百谷も、そして吉永も、チカのために授業をサボり、彼の元へと向かっていったのです!

・・・その頃、チカは宇月たちのいる場所へとやってきていました。

彼の後を鳳月はこっそりつけていましたが、彼女はそっと様子を見守ります。

(どうしよう・・・久遠以外にいっぱいヤバそうな奴がいる・・・)

今自分が飛び出していってもただ足手まといになるだけだと彼女はすぐに理解し、ただそこにとどまることにきめたのです。

宇月は「おかえり!」と笑顔をむけますが、チカは当然ふざけるな!と怒りを顕にしました。

それでも、宇月はあの写真を送ったのはただチカに戻ってきてほしかっただけだからと本心を口にします。

チカがもっと自分らしくあるために、チカのために自分は行動していると宇月は繰り返しました。

「チカはさぁ、本当に箏曲部にいていいって思ってるの?」

テレビをみた宇月は、キラキラしてチカらしくない、チカには似合わない世界だとすぐに気がついたと語ります。

チカは、もっと孤独で、血と泥にまみれながら誰の愛せなくて、誰からも理解されない状態じゃなきゃ美しくない・・・

自分が明るい世界にいけるわけなんてあるわけがないじゃないか・・・

宇月はそういって笑いかけます。

「戻ってきてよ、チカはさ、喧嘩してるときが一番自分を叫べるんだから」

チカはそう言われた瞬間、なにかに気がついたようにハッとした表情を浮かべました。

そして、彼はふ、と微笑むとこう話し出します。

「お前に気付かされたのはしゃくだけどさ・・・」

自分は確かに昔、喧嘩でしか自分を表現する方法を知らなかった・・・自分の声をぶつけて、その先で誰かを傷つけて・・・

それしか表現方法をしらなかったというチカ・・・

それでも今の自分には箏がある、だから、自分は喧嘩をしなくてもちゃんと意見が言えるようになった、自分を叫べる、彼はそう涙をこぼしながら言ったのです!

そして、チカはその場で土下座しました。

「頼む!あいつらに手を出さないでくれ!もうここには戻らない!」

チカの言葉をきいて、鳳月は涙を流し、そして宇月の周囲は大笑いをはじめました。

「おいみろよ!土下座してるぞ!」

彼らはゲラゲラと笑いながらチカを激しく殴り、そして蹴りました。

宇月はそれを冷めた目で見つめながらこういいます。

「やって」

我孫子はその言葉にヘラヘラと笑いながらうなずくと、いきなり宇月の頬を激しく肘で殴りつけたのです!

「これはチカにやられたんだ」

彼はそう偽装することで、チカに罪を着せ警察にそう証言するといいだします。

チカのせいで、箏曲部は全部台無しになり、大会にも出られない。

チカのせいなんだよ、そう宇月は語り続けますが・・・

「やめてっ!」

そういって飛び込んできたのは鳳月でした!

宇月から守るようにチカの前にたちはだかった鳳月は、涙を流しながら叫びます。

「ばっかじゃないの!?もうあんたたちの好き勝手になんかぜったいさせない!」

この音とまれ!を無料で読む方法を徹底調査!

この音とまれ!を無料で読む方法を徹底調査!ジャンプSQ.で連載中の「この音とまれ!」を無料で読む方法をまとめました。 この音とまれ!を無料で読むならU-NEXT! \アニ...

この音とまれ!105話愛の感想

宇月のこの行動がどうでるか・・・果たして!?

鳳月がこの瞬間を携帯で撮影していればすぐに逆転できそうな状態ですが・・・そして助っ人であるはずの仲間たちはやってきてくれるのか!?

次回のこの音とまれ!106話が掲載されるジャンプSQ.11月号は10月4日の発売です!

この音とまれ!106話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍