漫画最終回ネタバレ

殺したいほど、アイしてる61話ネタバレ!【最終回】おやすみ誉さん

2020年2月15日にマンガmeeで配信された【殺したいほど、アイしてる】についてまとめました。

幸せな日常を送る一組の夫婦!ある日見つけた秘密の手帳には?

片思いしていた誉と晴れて結ばれた仁菜は、幸せな結婚生活を送っていた。

今は旦那のために心を込めて夕食を作っている。

「ただいまー」と仕事から帰ってきたのは旦那の誉。

「仁菜 なんで料理して!?」と言った誉は、遠出して疲れた彼女を気遣った。

妊娠中の彼女に負担をかけることはしたくない。

料理ぐらい自分が代わりにやるのに···。

「今日は料理作りたい気分だったの ごめんね」

何かしないと落ち着かない仁菜は、料理ぐらいやらせてほしいと思っている様子。

「じゃあシーツしまっちゃって」

「御意」

シュパッ!

妻に負担を掛けないためなら出来る限りのことをしたい誉は、電光石火の如く準備に入った。

シーツをしまいに寝室に入ると?

ぐちゃーー

部屋中に散乱したぐちゃぐちゃの布団が目に入る。

(まったく仁菜ちゃんは···)

片付けようと思った瞬間、誉は仁菜の手帳を見つけてしまう。

(一体何が書かれているんだ?)

ドクンッ ドクンッ

どうしても内容が知りたい!知りたくて仕方がない!

何故なら仁菜はいつも悩んでいる顔で、この手帳に何かを書いていたからだ。

ばっ

(無理だ···俺には出来ない!)

日記の内容は気になるが、これを見てしまったことがきっかけで仁菜が苦しむかもしれない。

今まで自分のせいでどれだけの人が苦しんできたか···。

また同じことを繰り返したくはない!

愛する人を疑う苦しみも、愛する人に疑われる苦しみも分かっているはず。

(俺は仁菜を愛しているんだ)

もう誰も傷付けたくないのが本音。

「沢山たべてっ」

夕食の席についた誉の前には、ハンバーグやスパゲッティなど豪華料理が並んでいた。

「一体どうしたんだ?」

妊娠してからいつも誉に作ってもらってばかりだったので、腕によりをかけて作ったという仁菜。

「いつもありがとう 誉さん」

妻からかけられた何気ない言葉が嬉しくて、止めどなく涙が流れてしまう。

「こんな未来一生来ないと思っていたから···」

図らずも周囲の人を苦しめてきた自分は、こんな幸せな人生を送っては駄目だと思っていた。

「こんな俺を選んでくれてありがとう」

と誉は心の底から感謝。

そんなある日の夜、仁菜は秘密の手帳に”誉さんと一生一緒にいる”と書き込んだ。

そして最後の一つは···。

生きている間にやりたいことを書いた手帳には

姉が若くして亡くなり姉を追い詰めた人と付き合っているのは、彼女が繋いだ運命だともある。

(私はこれからもこの人と暮らしていくよ)

しかし、もし自分から離れていくようなことがあれば···。

先にベッドで眠りについた誉を見下ろす仁菜。

その時は···少し間を置いてから「誉さん···おやすみ」と言いました。

殺したいほど、アイしてる61話おやすみ誉さんの感想

何度もすれ違いながら、やっとのことで結ばれた一組の男女。

誉は自分が心に深く踏み込むことで、相手が苦しむならこれ以上介入しないと決めました。

仁菜の秘密が書かれた手帳を見なかったのは、彼女が苦しむ姿を見たくなかったからなんですね。

そんな誉を一生愛していくことに決めた仁菜。

実の姉が自殺したきっかけが誉との関係悪化にあっても、彼を支えることにした仁菜は強い女性です。

しかし誉が彼女の手帳の中身を知ったら、2人はまたギクシャクした関係になるでしょう。

全ての内容を伺い知ることは出来ませんが

“私に興味がなくなった時は、旦那を殺して自分も死ぬ”

というようなことが書かれていたのではないでしょうか?

それは彼女の覚悟と旦那への愛から来るものだと思います。

最後の暗い表情にはゾッとしましたが、2人には末永く幸せになってもらいたいです。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍