漫画ネタバレ

執事・黒星は傅かない42話ネタバレ!ラーメンと星空

令和3年9月4日発売の花とゆめ19号掲載の「執事・黒星は傅かない」についてネタバレをまとめました。

執事・黒星は傅かないを無料で読む方法を徹底調査!

執事・黒星は傅かないを無料で読む方法を徹底調査!花とゆめで連載中の「執事・黒星は傅かない」を無料で読む方法をまとめました。 執事・黒星は傅かないを無料で読むならU-NEXT! ...

【前回のあらすじ】

名家である西園寺家に仕える執事の黒星は優秀だけど自由、そしてお嬢様である紫を溺愛してます。

そして二人は晴れて両想いになりました。

迎えた紫の誕生日では黒星にデートのお誘いを受けていた紫、駅で待ち合わせをして黒星のエスコートのもとデートを楽しみます。

大好きなアニメの映画に思い出のドイツメーカーのクマとホテルのコラボアフタヌーンティに紫はウキウキが止まりません。

そんななか、黒星は紫のお手洗い待ちの時に同級生と鉢合わせします。

その現場をお手洗いから戻り、コミュ症ゆえ、なんとなく隠れて聞いていた紫は戸惑います。

ふと、紫は黒星のことを実はあんまり知らない自分に気付きます。

次は水族館へ、と言う黒星に今日は自分の好きな所は沢山行ったからここからは黒星の好きな所に連れて行って欲しい!っと話します。

もっと黒星の事が知りたい、と話す紫なのでした。

「執事・黒星は傅かない41話のネタバレはこちら」

執事・黒星は傅かない42話ネタバレ!ラーメンと星空

真っ直ぐ前を見つめ運転する黒星は、私の好きなところというのは具体的にどういうことなのでしょうか、と話します。

端的に言えば「紫のお傍」なのですが、と言う黒星に助手席に座る紫は顔を真っ赤にしながら、そういうことじゃなくて!っと答えます。

例えば黒星が普段お休みの日に行く場所とか、学生時代に友達と行った思い出の場所とかそういうの!っと話します。

それ楽しいですか?っと答える黒星にグッと拳を握りながら楽しいよ!っと紫は答えます。

好きな人の事を知れるのは楽しいんだよ!っと紫は言います。

すると、ぎゅっと黒星はアクセルを踏み、紫の席に手を添えます。

固まる紫の顔に黒星は近づき、くろ、っと紫が名前を呟こうとすると黒星はそのまま後ろ見てバック駐車します。

すみません、突然の可愛い言葉に動悸が!っとハアハアっと息づく黒星は休憩、と胸を押さえます。

そんな黒星に縦列駐車上手いね、と紫は棒読みするのでした。

そうですね、紫のことなら何でも知りたいと思いますし、参りましょう黒星ツアーへ!っと顔を染めます。

黒星が母と住んでいたアパートに通っていた高校、友人たちと勉強という名目でダベッたりしたファーストフード店を巡ります。

休日に呼び出されてよく行ったスポーツ&アミューズメント施設では、なにこれ知らない!っと紫が言い、ちょっと寄って見ますか?っと黒星と行くことになりました。

ボーリングやビリヤード、黒星の補助のもと楽しむ紫はアーチェリーを見付けます。

さっき同級生が言ってた、黒星は弓道部だったんだね、と紫は言います。

黒星はニッコリ笑うと、うちの高校は必ず何かしらの部活に所属することになってまして、籍だけ置いていたんですよ、と話します。

放課後は邸でフットマン見習いの仕事があってそれどころじゃなかったと言います。

まぁ文化祭などでは、こういう時こそ客寄せパンダぐらいやれと先輩に引っ張り出されたと話します。

そう話した後、スッとアーチェリーを構え矢を離すと、ど真ん中に三本の矢を命中させます。

周りで見ていた女性達がキャーっと叫ぶなか、幽霊部員とは?っと紫は思いつつヤキモチを焼くのでした。

そんな紫に気付いた黒星は紫の手を取ると見つめ、他に知りたいことはありますか?と問います。

紫は顔を染めながら目を背け、さっきのキレイなあの人は黒星の彼女だったの?っと聞くとぶはっと黒星は笑います。

そして今までの人生で彼女いたことありません、と答えます。

嘘!?っと言う紫に本当です、紫が最初で最後の恋人ですよ、と手にキスをします。

切なそうに見つめかえした紫ですが、なるほど、そういうことする人はいたけど、彼女はいなかったのね、と返し、えっ、と黒星の顔が曇ります。

もうしません!身も心も紫一筋です!っと言いつも何故か興奮する黒星なのでした。

車に戻ると黒星があ予約していたディナー先で近所の水漏れ騒ぎに巻き込まれ臨時休業になったと言います。

困った黒星に紫は黒星が好きだったお店はないの?っと聞きます。

こうして遊んだ後によく寄っていた所がありますが、紫のお口に合いますかどうか、っと不安げに連れて行ったのはラーメン屋さんでした。

美味しい!っとニッコリ笑う紫に黒星はホッとします。

そして、これだけはお伝えします、と来年お嬢のお誕生日前にイギリスの子会社に行くので西園寺のお邸で一緒に暮らせるのは後1年です、と話します。

ひとまず、将来に渡って一緒にいるためのお別れの期間です、と言う黒星に分かってた、と紫は思います。

でも黒星の口から聞くと、と涙を流しながら紫はラーメンをすするのでした。

お店を出た二人、来年の誕生日にはこうして一緒に居られない、もう少しだけ、と紫は目を伏せます。

すると、黒星はお連れしたいところがあると言い、紫は嬉しそうに、うん!っと返事をするのでした。

車はどんどん山の方へ進み不安になってきた紫を山の中へ降ろすとスニーカーを取り出す黒星に用意周到!っと感心します。

黒星に手を引かれ、どんどん進む紫は私がイギリスの大学に受かったら離れているのはたった1年だけだもん、っと話す紫に大丈夫ですよ、と黒星は言います。

世界中どこにいても私達はずっとこの空の下で一緒です、と言う黒星に幼い時の二人の会話を紫は思いだし目を丸くします。

ふと、前を見た紫の目には満点の星空が広がっていました。

凄い、と呟く紫をこちらへ、と黒星はシートを広げ、二人で寝転びます。

のんびりと眺めていると、お嬢、手を出してと黒星は言い、指輪をはめたのです。

お誕生日おめでとうございます、と言う黒星に驚く紫は真っ赤な顔になりながら婚約指輪!?と言います。

それはいずれ、イヤリングやネックレスはお母様の形見をつけているので指輪ならと思ってと話す黒星に紫は涙ぐみながら喜び黒星に抱きつきます。

黒星の後ろに星の海、これは夢なのかな?夢ならもう少し覚めないで、と思う紫に黒星はキスをしようとします。

カッと突如光が二人を差し、驚き固まっていると、こらー紫ー!っとメガホンの音が鳴り響きます。

門限はとっくに過ぎているぞー帰りますよーっと怒りのおじい様の声が響き、おじい様の周りにはフットマンと車が並んでいます。

おじい様!?っと焦る紫と睨む黒星に、はい、黒星は歩いて帰れー!っとおじい様は言うのでした。

執事・黒星は傅かないを無料で読む方法を徹底調査!

執事・黒星は傅かないを無料で読む方法を徹底調査!花とゆめで連載中の「執事・黒星は傅かない」を無料で読む方法をまとめました。 執事・黒星は傅かないを無料で読むならU-NEXT! ...

執事・黒星は傅かない42話ネタバレ!ラーメンと星空感想

おじい様とフットマンの存在を忘れた頃の最後に落ちとして持っていくのは流石ですね!

今後の二人とおじい様の行動も楽しみです。

次回の執事・黒星は傅かないが掲載される花とゆめ20号は9月18日発売です。

「執事・黒星は傅かない43話のネタバレはこちら」

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍