漫画ネタバレ

大魔法師の娘67話ネタバレ!亡き母の遺した形見の精霊石とは?

ピッコマで掲載中の大魔法師の娘【67話】についてまとめました。

魔法使いになりたい娘の決意!悪魔を内に飼う不思議な美少年の秘密!

「お父さん…。」

と父親に声をかけたメイベル。

不安そうな顔をする娘を、父親はふわりと持ち上げお姫様抱っこをしてくれた。

「どうした?」

と聞かれたメイベルは、ビビに荒れ地の武闘会に招待されたことを伝えた。

絶対に来てほしいと少々強引な誘い方をしたビビ。

彼女はメイベルの父親が、荒れ地の武闘会の優勝者であることを教えてくれたそうだ。

それを聞いた途端表情を暗くした父親は

「余計なことを…。」

とたちまち不機嫌になってしまう。

気になったメイベルが

「違うの?」

と確認すると肯定とも否定とも受け取れる曖昧な返事をした。

メイベルが更にお母さんも優勝者だったのと聞くと

「ああ優勝者だったよ。」

とこれにははっきりと答えた父親。

但し武闘会のルールでは、優勝者はその時持っているものを一つだけ置いていくらしい。

ビビからは優勝者の置いていったものは、次の大会の優勝者に商品として与えられると聞いている。

今回の商品は精霊石のブレスレットだ。

メイベルは心当たりがあるらしく

「もしかしてそれって…お母さんのものなんじゃないかな?」

と父親に話してみた。

ポン

そんな娘の頭を優しく撫でながら、父親は可能性は低いと否定。

テアのものは全て皇室で保管されているのだとか。

しかし…とメイベルは疑問に思った。

母親が所持していた美しい装飾のステッキは、この屋敷に保管されていたはず。

そのことを質問すると

「あれは…テアが去る最後の瞬間に俺が命がけで守ったものだ。」

という父親の返答が返ってきた。

「じゃあお母さんのブレスレットじゃないのかな…。」

精霊石のブレスレットは、精霊と契約出来ると聞いたことがある。

しかし父親が言うには精霊石のブレスレットは他にもあるらしい。

いずれにせよ賞品として出されているものなのか、テアのものなのかは見てみないと分からないと父親。

「それよりお前は荒れ地の武闘会に参加したいのか?」

テアの話題を避けるようにして、父親は荒れ地の武闘会の話題に切り替えた。

自分としては娘の意志を尊重するつもりだと伝えて…。

メイベルの母親がこう言っていたのを覚えている。

“死んだ者より生きている者のほうが大切だ”

娘には母親のことを心配せず、自分のやりたいことを優先してほしい。

そう話しながら父親は、娘の美しい髪にそっと触れた。

「うんお父さん。私…武闘会に参加したい。」

と言ったメイベルはそのまま自らの目標を語る。

そこで優勝し精霊を扱う魔法使いになりたい。

例え精霊石のブレスレットが母親のものでなくても、この世から消えた精霊をもう一度見ることが出来ると信じていた。

それに氷の結晶を作る父親の魔法ならマスターしている。

これは父親から直接学んだものだ。

「お前はそんなところがよくテアに似ている。」

そんな父親にメイベルは当然のように

「私はお父さんとお母さんの娘だもん。」

とはっきりと話した。

荒れ地の武闘会は今からおおよそ1ヵ月後に開催するらしい。

だから10日後には出発したほうがいいと話す父親。

それから彼は元優勝者として、出来る限りのことを伝えた。

ここでメイベルはふと気になっていたことを質問。

確か数日前に北の森に行っていたが、森に描いた魔方陣の補修が目的だったのだろうか。

父親が北の森に設置した魔方陣は、魔獣が急増しないように守るだけではなく、理性を失わないようにコントロールするものだ。

森にとって魔方陣は大切な守り神となっている。

しかし父親はあの日補修したのは、ベレロフォンを守るものだと説明。

父親が彼の名を口にした途端、ベレロフォンと呼ばれる美少年は、何処からともなく姿を現した。

「…いくら俺の弟子とはいえ俺の口から事情を話す必要はないだろう。」

と父親は思うがベレロフォン本人は違う。

「お嬢さんなら大丈夫なのではないでしょうか。」

と自分の中に古代魔法が隠されていることを明かした。

詳しく話を聞くと理性を失った恐ろしい怪物が潜んでいるのだとか。

今は師匠であるメイベルの父親の魔法と魔力で、抑えてもらっている。

そしていつか自らがコントロールしなければならない場合に備え、父親から魔法を学んでいるとベレロフォン。

もしコントロール出来なかったら化物になってしまう。

ベレロフォンは穏やかな表情で、驚愕の事実をメイベルに伝えることに…。

大魔法師の娘67話亡き母の遺した形見の精霊石とは?の感想

ベレロフォンの中に潜む怪物というのが凄く気になります。

もしそれが表に出てしまったら、メイベルの父親でさえ対処できないのかもしれません。

一つ気になったのは、武闘大会の優勝賞品である精霊石。

母親の形見である強力な精霊石なら、ベレロフォンの中に潜む怪物を浄化又は抑制出来るかということです。

大魔法師である母親が持っていたものなら、とてつもない威力を発揮するのではないでしょうか?

メイベルには是非武闘会で優勝し、母親が遺した精霊石を手に入れてほしいですね。

大魔法師の娘【68話】はピッコマにて6月17日に掲載されます。

大魔法師の娘68話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍