漫画ネタバレ

舞妓さんちのまかないさん206話ネタバレ!台所の力持ち?

2021年6月30日発売の週刊少年サンデー30号掲載の「舞妓さんちのまかないさん」についてネタバレをまとめました。

舞妓さんちのまかないさんを無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

舞妓さんちのまかないさんを無料で読みたいあなたが必見の方法とは?週刊少年サンデーで連載中の「舞妓さんちのまかないさん」を無料で読む方法をまとめました。 舞妓さんちのまかないさんを無料で読むならコ...

【前回のあらすじ】

健太はあれから野球に全力だった当時のことを思い出しながらも、料理を頑張っていました。

あの時ケガをおして頑張ったせいで夢を諦めることになった健太でしたが、その経験のおかげでスミレを応援できたと、彼は微笑みます。

舞妓さんちのまかないさん205話のネタバレはこちら!

舞妓さんちのまかないさん206話舞台裏にはのネタバレ

市の屋形でいつものように台所にたっているキヨ。

その後姿は可愛いものですが、実は彼女はとんでもない縁の下の力持ちだったのです。

「ほないってくるでー!」

つる駒たち舞妓は、春のをどりも終わり日常を謳歌していました。

いつものように仕事にむかうため屋形の奥にいるキヨに声をかけると、キヨがパタパタと走ってきてお見送りをしてくれます。

「もう今日から通常どおりだねー」

「ハードやったなぁ」

観光客の波も引いた教徒の町をトコトコと歩く舞妓たち。

彼女たちは、千秋楽までたどり着けないかもと思うほどのハードさに日々疲労困憊ではありましたが、それでもあのご飯があったからがんばれた!と言い出します。

「麻婆豆腐!白いご飯にのせたらもう~!」

嬉しそうにそうガッツポーズを作る彼女に、周りの舞妓たちは不思議そうに首を傾げます。

「出はった?うーん」

そう考えている舞妓もまた、うちはご褒美用にとっておいたプリンがない日に食べたパンプディングが忘れられへん!と目をキラキラさせながらいいます。

あのパンプディングのおかげで公演をがんばれたといっても過言ではない!そう言い切った彼女を、周りの舞妓たちはやはり不思議そうにみつめました。

「食べた記憶あらへんねえ、・・・ああ、でもそういうことならうちもあるわ」

もうひとりが口にしたのはナポリタンでした!

ガチガチに凍りついて軽いミスを繰り返しかけていた彼女も、あのナポリタンを食べてから不思議と緊張がほぐれてうまく踊れるようになったのだといいますが・・・

「ナポリタン食べとらんよねぇ」

「うん」

全員はそれぞれが好物を食べた記憶をもちながら、他の人は食べていないという話に首を傾げながらいつものお稽古場へと向かうのでした。

稽古場に集められた舞妓たちにむかって、いつも厳しいお師匠は優しく目尻をさげます。

「よおがんばったね、全員で千秋楽ができてよかったどすね」

その時、ふとそれぞれの好物を食べたとはなしあっていた舞妓たちはキヨの姿を思い出し、ようやく気が付きました。

”大好きなもの食べると元気出るでしょう”

そういいながらエプロンをの紐を結んでいたキヨ・・・

彼女は1人1人に向き合い、それぞれの好物を出してくれていたのだということに、彼女たちは気がついたのです。

「さて、気持ち切り替えやし、毎日のお稽古、がんばりや」

「はい!」

師匠からのお言葉も終わり、景子を終えたつる駒たちはワイワイと市の屋形へと戻ってきました。

「おかえりなさーい!」

そういって奥の方からかけてきたキヨをみて、舞妓たちは心の底からホッとしながら微笑むのでした。

キヨのご飯は、縁の下の力持ち役として、皆の深いところを支えていたのです!

舞妓さんちのまかないさんを無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

舞妓さんちのまかないさんを無料で読みたいあなたが必見の方法とは?週刊少年サンデーで連載中の「舞妓さんちのまかないさん」を無料で読む方法をまとめました。 舞妓さんちのまかないさんを無料で読むならコ...

舞妓さんちのまかないさん206話舞台裏にはの感想

いくら変則的な勤務時間だったからと言って、1人1人のご飯を用意していたとは・・・!

キヨの優しさと気遣い、そして細やかな立ち回りには驚きます・・・!

次回の舞妓さんちのまかないさん207話が掲載される週間少年サンデー33号は7月21日の発売です!

舞妓さんちのまかないさん207話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍