漫画ネタバレ

舞妓さんちのまかないさん182話ネタバレ!自転車と思い出

2020年12月2日発売のサンデー53号掲載の「舞妓さんちのまかないさん」についてネタバレをまとめました。

舞妓さんちのまかないさんは全巻無料で読めるか?最短最速安全に読む方法のまとめ

https://www.otaden.jp/maikosann-muryo/

舞妓さんちのまかないさん最新話を無料で読む方法は?

舞妓さんちのまかないさん最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、舞妓さんちのまかないさん最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
舞妓さんちのまかないさん最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

キヨは携帯を受け取って出ていきましたが、また戻ってきました。

乗ってきたタクシーがいなくなっていたのです。

健太は自転車に乗って、お茶屋さんまで届けることにしました。

舞妓さんちのまかないさん181話ネタバレはこちら

舞妓さんちのまかないさん第182話のネタバレ

シャーっと軽快な音をたてて、自転車のタイヤが回っています。

夜の道を、健太は自転車に乗って勢いよく走っていきます。

息は白く、けれどすぐに後ろに消えていきます。

首にはキヨがかけてくれたマフラーがあります。

健太は、(あぶねー。)と思いました。

京都の夜風はとても冷たく、健太の頬につきささります。

マフラーがなかったら、寒くてどうしようもなくなっていたところでした。

健太の方がキヨのことを助けようとしたつもりなのに、結局、キヨにいつも助けられているなと健太は思いました。

それは自転車でもそうでした。

 

健太、キヨ、すみれの三人がまだ小さい頃、三人は広い草むらにいました。

そこには補助輪つきの自転車が二台置かれています。

実は、キヨも子供用自転車を買ってもらおうとしていたのですが、自転車屋で品切れだと言われたのです。

入荷は来週になるそうだとキヨは言いました。

すみれは、三人で一緒に自転車の練習をしようと言っていたのに、こんな事になってシュンとしています。

でも、直後に、そうだと立ち上がりました。

私ので一緒に練習しようと、すみれはキヨの手を引っ張ります。

キヨがいいのかと訊くと、すみれはもちろんと答えました。

さっそくキヨは、すみれの自転車に乗ってみます。

けれど、キヨの足がペダルに届きません。

背が違いすぎるのです。

まるで曲芸のように、キヨはサドルに座ったまま、宙に浮いています。

すみれはサドルの高さを調整しようとしましたが、すみれのお父さんは固くきつく締めてしまったようで、びくともしません。

健太も、自分の自転車のサドルを調整しようとしましたが、いとこのお下がりの自転車はサビついていて、全然動きません。

健太は、大人の人を呼んでこようと言いました。

すみれは、長内さんちのお姉ちゃんがいいかもと言います。

でもキヨは、ありがとう二人ともと言いました。

「わたし来週まで待つよ」

それを聞いて、二人は固まりました。

何も言えません。

キヨは、ごそごそと袋をの中から何かを取り出しました。

約束していた今日、一緒に練習できないお詫びに、おばあちゃんとクッキーを焼いてきたのです。

はい、と両手の袋を広げると、たくさんの型抜きクッキーが出てきました。

このクッキーは、おばあちゃんが生地を作って、キヨが型抜きしたものです。

キヨは工作が苦手なのですが、頑張って作りました。

健太とすみれは、すごいと盛り上がります。

お花の形にハートの形もあります。

でも、手に取ったクッキーは、何かよく分からない形をしていました。

健太はブタだと思いました。

すみれはライオンかと思いました。

でも、それはお星さまだったのです。

キヨからそう聞いて、二人は「え…」と思いました。

ほかの型はわりと上手く抜けたのですが、お星さまだけが、どうしてもうまく型抜きできなかったのです。

でも、食べたら美味しかったので、二人は口々に美味しいと言いました。

キヨはよかったとホッとします。

食べ終わったあと、健太はちらりと自転車を見ました。

来週までに乗れるようになろうと、健太は決心します。

そうしたら、来週キヨの自転車が到着した時に、キヨに乗り方を教えることができます。

と、すみれがキヨに声をかけました。

「私、来週までにぜったい乗れるようになるよ。」

すみれも同じ決心をしていたのです。

そして、すみれは健太が思っていたことと同じことを、続けて言いました。

自転車がきたらキヨが乗れるように教えてあげる、と……。

健太は、口にだすところがすみれのすごい所だと思いました。

でもちょっと悔しいので、俺の方が先に乗れるようになるとぼそりと言ってやります。

すみれは張り合って、私は明日には補助輪が一個とれるもんねと返します。

すると健太は、俺は最初から補助輪なしで行くと言いました。

すみれはまた言い返そうと考えます。

と、キヨは、目をきらきらさせて、ありがとう二人ともと言いました。

それを見て、すみれも健太もいい雰囲気になりました。

そして、また来週集まろうという約束をしました。

 

それからというもの、すみれと健太の猛特訓が始まりました。

すみれも健太も、自分の家の前から乗り始めて、乗っては転んで、よろけながらも頑張って練習します。

二人とも絆創膏を膝にはって、痛みにくじけそうになります。

けれど、そのたびに、キヨがくれた型抜きクッキーを取り出しました。

くずれた星のクッキーを、健太はやっぱり豚だと思い、すみれはやっぱりライオンだと思いました。

そして、二人とも立ち上がります。

すみれのお母さんはまだやるのと聞きました。

すみれはやると叫びます。

健太のお姉ちゃんはまだやるのと聞きました。

健太はやると叫びます。

二人は家を飛び出し、また練習をはじめました。

 

そして次の週の、約束の日がやってきました。

キヨは買ってもらった自分の自転車を手でおして、草むらに来ました。

すると、そこに現れたのは、自転車を乗りこなしている健太とすみれです。

キヨはすごいすごいと叫びました。

そして、キヨは袋をごそごそしました。

「わたしもこれ、作ってきたんだ」

キヨは言いました。

一週間、ふたりがいっぱい練習していると思ったら、自分も一緒に練習したくなったと言います。

なんと、キヨは、ちゃんと星の形になっている型抜きクッキーを作ってきたのでした。

そして、この星を食べたら自転車特訓するぞと盛り上がります。

 

そんな思い出を胸に、健太は自転車で夜を駆け抜けていました。

まったく、と健太は思います。

自分が、ちょっとすごい自分になるとき、いつもそこにはキヨが居るのです。

健太はマフラーにすこし手を添えました。

目的地に向かって、一直線です。

舞妓さんちのまかないさんは全巻無料で読めるか?最短最速安全に読む方法のまとめ

https://www.otaden.jp/maikosann-muryo/

舞妓さんちのまかないさん最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、舞妓さんちのまかないさん最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
舞妓さんちのまかないさん最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

舞妓さんちのまかないさん第182話の感想

三人の思い出はいつもキラキラしていますね。

次回も楽しみです。

次回の舞妓さんちのまかないさんが掲載されるサンデー53号は12月9日発売です。

舞妓さんちのまかないさん183話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍