漫画ネタバレ

魔王城でおやすみ225話ネタバレ!魔王城がおやすみ

令和3年1月6日発売の週刊少年サンデー6号掲載の「魔王城でおやすみ」についてネタバレをまとめました。

魔王城でおやすみを無料で読む方法は?

魔王城でおやすみを無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、魔王城でおやすみの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
魔王城でおやすみを読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

人間と魔物が争う時代で姫は魔王に攫われてしまいます。

しかし姫は魔王たちと仲良く暮らし、毎日安眠を求め、模索しているお話です。

そんな姫には本の間から除き見るのは目に星を浮かべた禁断の摩導書アラージフがいます。

超偉大な魔導書の彼はみんなに崇められてきた人類の味方で囚われの身の姫をお助けするアイテムです。

そんな彼を姫はガサツに扱い、教えてほしいのは睡眠魔法なので不満に思っていました。

魔族を滅ぼす!が口癖のアラージフの前ではさっきゅんと姫は鍋を楽しんでいます。

しかし途中、魔術が苦手なさっきゅんはなかなか鍋の火をつけれません。

酷過ぎる!と見ていたマラージフは黙って見ていられず指示を出すようにアドバイスをし、火を出します。

マラージフに気付いたさっきゅんは精霊がいる摩導書って超超高位の魔導書なんじゃないの!?と感激します。

マラージフ照れ、喜びを隠せません。

そんなマラージフを姫はいじりますが、思いとは裏腹にさっきゅんは魔導書マラージフと知り、更に感激します。

ニヤけた顔がとまらないマラージフに確かにクッションとしてはレベル高いもんね、という姫、それにさっきゅんは引きます。

鍋を食べ終えさっきゅんが帰り、いつものように枕にされているとさっきゅんが助けてくれ、マラージフはまた感激するのでした。

その後日、最近妙に魔術が上手くいくし行く先々にマラージフ君が落ちてるとさっきゅんは言うのでした。

「魔王城でおやすみ224話のネタバレはこちら」

魔王城でおやすみ225話ネタバレ!魔王城がおやすみ

月明かりに照らされてキラキラと光る魔王城がありました。

魔王城のなかではやりきった顔の魔王タソガレの姿があります。

少し上を見上げ、大仕事が終わった気がするとほほ笑みます。

これは魔王タソガレだけではなく、魔王城中にこの達成感が蔓延しているのでした。

魔物たちはここ3か月くらいみんな働きすぎだったよなとみんな口ぐちに言っています。

そして、その感覚は全てをむしばみ、全員をふぬけさせます。

食堂のメニューが卵かけご飯やふりかけご飯だけになってもみんなまあいいかと机に伏せます。

城の補修の支えも割り箸でいいかと割り箸を骸骨が添えます。

蘇生はまあ後でいいかとベンチで寝てしまう者もいます。

また城内システムのメンテナンス、と言いながら見つめるだけの者も現れます。

そして、遂にはボキッと大きな音を立て起こるのでした。

ギャー!と言うみんなの叫び声が鳴り響きます。

それと共にゴシャーッと魔王城が崩れ落ちていったのでした。

とりあえず出てきたみんなはただただ口を開け、唖然と魔王城を見つめています。

そしてみんな顔に汗を垂らしながら、さすがに目が覚めたようです。

魔王城の姿に驚き、更にショック過ぎて地面と城が鋭角だ、とか魔王タソガレは他の魔物に話しかけます。

そんな魔王タソガレに青ざめながらそんなこと言ってる場合か!と怒鳴ります。

内部もぐちゃぐちゃになっています。

補修しないとあそこでは寝泊りできないと言われます。

唸り考えながらしかたない、と魔王タソガレは渋り出します。

先代魔王のもとへ向かった魔王タソガレを先頭にみんなで膝を付きます。

ことの流れを先代魔王に説明します。

そして、一時的に旧魔王城へ泊めてもらえないかと頼むのでした。

目を開き、怒り狂う先代魔王は黙れと呟きます。

鬼の血相で野宿しろ!今すぐ帰れ!と怒鳴ります。

お前達の尻を拭く趣味はない!と怒鳴り散らします。

魔王タソガレ、姫、その他の頼みに来ていた魔物たちは飛び出し、逃げ帰るのでした。

更にこの愚か者がー!と先代魔王は叫び旧魔王城に響き渡るのでした。

その頃、森の奥底ではキラキラを光輝り、小鳥のさえずりが聞こえていました。

その音の出どころには、月明かりに照らされた小さなお城があるのでした。

するとバタンッと城が倒れ、中には魔王タソガレのみんな、十傑の皆さんがいました。

なんと仮の張りぼてで出来た魔王城だったのです。

しかし、何度も倒れるお城にみんな自棄になっています。

そこへ寝室ができたと姫がやってきました。

案内されたところにはモンゴルの伝統的な建物に似たふかふかの家がありました。

あまりの素敵な出来栄えに思わずみんなは姫を見つめます。

他にも何件か作ったからそっちで寝ていいよと姫は言います。

感激した魔王様たちには姫が神々しく見えてくるのでした。

魔王様はどうしてこんなことが出来るのか姫に聞きます。

すると、攫われてからずっとこうしてないなら作ってきたからと答えます。

そういえば姫はいつもそうだった!とみんなは思います。

みんな休んだ方がいいよと言う姫が更に眩しく神々しく見えるのでした。

そして、姫がいればこの野宿生活も乗り切れる気がする!と思いながらみんなはふかふかのベットに身を包み寝るのでした。

 

魔王城でおやすみを無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、魔王城でおやすみの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
魔王城でおやすみを読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

魔王城でおやすみ225話ネタバレ!魔王城がおやすみ感想

ここで姫の日頃が役立つとは驚きです。

次回の魔王城でおやすみが掲載される週刊少年サンデー7号は1月13日発売です。

「魔王城でおやすみ226話のネタバレはこちら」

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍