漫画ネタバレ

魔王城でおやすみ222話ネタバレ!ふやけた魔王様

令和2年12月2日発売の週刊少年サンデー1号掲載の「魔王城でおやすみ」についてネタバレをまとめました。

魔王城でおやすみを無料で読む方法は?

魔王城でおやすみを無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、魔王城でおやすみの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
魔王城でおやすみを読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

魔王に攫われた姫は魔王たちと仲良く暮らしながら毎日安眠を模索し、魔王タソガレと魔力を吸い取られ幼い姿になってしまった先代魔王のウシミツと共に暮らしていました。

そんななか姫を意識するあくましゅうどうしは多忙な仕事と姫への対応で疲れ切っていました。

それを見兼ねた睡魔からもらった癒しの薬を飲むと全ての人が姫に見えるようになり困惑奮闘します。

薬の効果が切れ、更に姫への免疫がなくなったあくましゅうどうしなのでした。

「魔王城でおやすみ221話のネタバレはこちら」

魔王城でおやすみ222話ネタバレ!ふやけた魔王様

満月の夜が差し込む部屋で姫は眠り、その日の夜は夢を見ていました。

どこからか聞こえてくる声をよく聞くと、伝説の銭湯がある!!と言っています。

それを聞いた姫は目を星マークに光らせるのでした。

月明かりに照らされる魔王城があり、会議が行われていました。

次のお題は極楽施設の追加について、苦い顔をする魔王様タソガレに家来が声を掛けます。

極楽施設追加は必要だと考えているタソガレは父上である先代魔王であるウシミツの目が気になってしょうがないと回答に戸惑っています。

その様子をウシミツは見ています。

タソガレは過去を思い出しながら以前認めてもらったが父上の時と方針が全然違い、迷いも多いと考えます。

こんなに緩んでていいのだろうか?とも思い、結局浮かれた魔王城とか思われてしまう、と下を向きながら考えます。

そして必要ないと答え、更に意を決した顔で、これ以上城内の空気を緩めては、と片手で握り拳を握りながら言いかけます。

そうタソガレが言いかけたところで伝説の銭湯探そう、という声かかぶり、そう言いながらドアを開いた姫が現れるのでした。

伝説の銭湯に家来たちが騒ぎ、究極の極楽施設と銭湯に食いつく家来の様子にタソガレは戸惑います。

ウシミツの方を振り返るとギロッとした目をしながら究極の極楽施設と呟きます。

タソガレはこのタイミングで姫はなんて話題を!と、慌ててふためき会議を終了させるのでした。

その後、姫の名前を叫ぶタソガレの声が聞こ、城外で姫をタソガレが追いかけています。

いつにも増してさっきのはひどかったと言いながら追いかけるタソガレに姫はついてきてと言います。

立ち止まり振り返る姫はモー君も気になるって、と言います。

すると姫の隣にあった木の後ろからウシミツが現れます。

タソガレは驚き、叫びます。

ウシミツと姫に戸惑いながら近づきます。

我輩には心当たりないし、そんな施設あるわけない!と言います。

姫を指で指し、どこの情報だ!と叫びます。

姫はタソガレの方に振り向きます。

そして、口を尖らせた怖い顔で夢で見たもん!と睨みつけます。

夢ー!?と叫び反論するタソガレを無視して姫は進みます。

両手を広げ、この辺の森に幻術が掛けてあってと上を見ます。

岩に手のひらをかざす姫につっこむタソガレは少し引き気味です。

するとぽわぁと空間が捻じれ、森のなかからキラキラと輝く洞窟が現れました。

ぽかんとタソガレは見つめた後、洞窟をのぞきこみます。

月明かりに照らされた洞窟は長い階段が奥まで続いているようです。

すると、本当にあるのか、と口元を手で押さえながら姫は震え引いています。

なんで姫が引いてるの!?とタソガレは叫び、ツッコミをいれます。

内容もあほっぽい夢だよ?と姫はしんみり言います。

それに魔王を呼ぶ神経!と叫びながらタソガレは引きます。

ですが、それを無視してウシミツと姫は洞窟を進みます。

姫は小さな泉にコインを入れるとライトが付き、湯と書かれた大きな門が現れました。

姫は門を指差し、震え引き驚き、だからなんで姫が!?とタソガレはツッコミを入れます。

姫はこれは私攫われるわ、予知夢とかそういう系の視る姫だったのかと言います。

そう言いながら口を押え、俯きながらガクガクと震えます。

が、攫った理由はそうではない、とタソガレいうのでした。

姫は説明しながら次に置いてあるリングを姫がはめ、中に入ります。

すると、いくつもの温泉が並ぶ施設が現れるのでした。

真ん中には流れる大きなウォータースライダー付きの温泉があります。

その光景を見た姫は驚き青ざめ倒れます。

それにタソガレはそれはもういい!と叫びます。

温泉施設を見上げ、本当にあるとは、地下の水源を引いているのか!?とタソガレは驚きます。

いったい誰が、魔術で隠されていたようだが、と言います。

すると、我だ、と言う声が聞こえ、タソガレは驚きます。

そう言ったのはウシミツでした。

ウシミツは怖い顔をしたまま、思い出した、と数年前のことを語り出します。

戦争中とはいえ、極楽が必要と考え、人間界の施設を参考にしたと言います。

父上が!?とタソガレは驚き、目を開きます。

それはスーパー銭湯と言う、でもそれでは人間に勝てないと考えて、伝説の銭湯、とグレードアップさせた名にしたと言います。

当時の雰囲気には合わず存在も発表せず夢のなかへ封じさせたけど、今のお前なら使いこなせるとタソガレに言います。

二人がゆっくりと温泉につかるなか、姫はウォータースライダーを満喫しています。

二人は頭にタオルを乗せ、タソガレは今の緩んだ魔王城はどう思うかウシミツに聞きます。

ウシミツは腕を組み、安らぎを許す時代をお前の作った自信を持てと言います。

それでも不安に思うタソガレだったが、その後みたウシミツの緩んだ顔を見て喜んだのでした。

 

魔王城でおやすみを無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、魔王城でおやすみの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
魔王城でおやすみを読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

魔王城でおやすみ222話ネタバレ!ふやけた魔王様感想

今回も笑いと、ほっこりした話で心温まりましたね!

次回の魔王城でおやすみが掲載される週刊少年サンデー2・3合併号は12月9日発売です。

「魔王城でおやすみ223話のネタバレはこちら」

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍