漫画ネタバレ

魔王城でおやすみ224話ネタバレ!メンタル紙装甲(本)

令和2年12月23日発売の週刊少年サンデー4.5号掲載の「魔王城でおやすみ」についてネタバレをまとめました。

魔王城でおやすみを無料で読む方法は?

魔王城でおやすみを無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、魔王城でおやすみの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
魔王城でおやすみを読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

人間と魔物が争う時代で姫は魔王に攫われてしまいます。

しかし姫は魔王たちと仲良く暮らし、毎日安眠を求め、模索しているお話です。

海神ポセイドンは勇者に負け荒れ狂い落ち込んでいました。

そんなポセイドンを安眠には適度な重みがあるといいと聞いた姫が重しにしようと待ち構えていました。

結果的に姫に貶されながらも癒されちゃったポセイドンはその夜、姫とアザラシ達と共に久しぶりに安眠でき、元気に回復するのでした。

「魔王城でおやすみ223話のネタバレはこちら」

魔王城でおやすみ224話ネタバレ!メンタル紙装甲(本)

本の間から除き見るのは目に星を浮かべた禁断の摩導書アラージフです。

超偉大な魔導書の彼はみんなに崇められてきた人類の味方で囚われの身の姫をお助けするアイテムです。

そんな彼を姫はガサツに扱い、教えてほしいのは睡眠魔法なので数百年ぶりに目覚めた時から僕の価値を分かってない!を口を尖らせ眉を潜めて姫を見ています。

魔族を滅ぼす!が口癖のアラージフの前ではさっきゅんと鍋を楽しんでいる姫がいます。

今日も魔物と仲良くしている姫にそんなことより魔術の一つでも覚えて!と思うのでした。

今日のご飯は私の魔術で加熱する!とさっきゅんは意気込んでいます。

鍋に手を広げますができません。

終いには上から大量のナマコが降ってきます。

酷過ぎる!と見ていたマラージフは黙って見ていられず指示を出すようにアドバイスします。

するとボッと火が付き点火します。

薬味出して、と姫は鍋を持ってきます。

このくらいの魔術なら姫がやって、僕は便利屋じゃないと困ります。

その様子を見ていたさっきゅんは手を口に当て凄い!と言います。

精霊がいる摩導書って超超高位の魔導書なんじゃないの!?と感激します。

その反応に目を丸くするマラージフはこれまでの姫からの扱いを思い出します。

枕にされつぶされる、ツボ押してと便利に使われる、そんな日々でした。

マラージフは赤くなりながら顔に肘を付き、わかる?と照れるのでした。

さっきゅんを魔物にしては!と感心するマラージフは案外ちょろく喜びを隠せません。

いやいや魔物は魔物、僕を数百年も封印した存在!と思い直します。

そんなマラージフの頬を引っ張りそうなの?と聞く姫になんで姫が知らないんだ!と言います。

マラージフの名前を紹介する姫に魔物に名前を軽々しく教えては!と言いかけます。

でも姫もピンと来てないし支障ないかと思い直します。

そんな思いとは裏腹にさっきゅんは魔導書マラージフ!?本物!?と更に感激します。

予想外の反応に姫とマラージフは沈黙してしまいます。

その後、ニヤけた顔でバレちゃ仕方ないね!と答えます。

世界の偉大な魔導書ランキングに載ってるんだよ!と凄いよとさっきゅんは大興奮です。

その姿にコイツなかなか勉強してるな、とマラージフは嬉しさを隠せません。

確かにクッションとしてはレベル高いもんね、という姫にさっきゅんは引きます。

そんなやり取りが耳に入ってこないマラージフは姫と同じ顔で言われるとより感慨深いと思います。

さっきゅんはマラージフに遠慮気味に声を掛け、マラージフ様の方がいいかな!?と笑いかけ聞きます。

ニヤケが止まらないマラージフは悪くないです!とニヤニヤします。

その様子にマラージフのほっぺを指でちょんと触り、魔物キライじゃなかったけ?と姫はボソリというのでした。

嫌そうに姫を見つめ、この邪悪な目はなんだ!魔物と姫は逆なんじゃないの!?と思うマラージフなのでした。

魔物が嫌いと聞いたさっきゅんは視線を下にし、マラージフに謝ります。

その顔を見たマラージフは目や口を大きく開き青覚め固まってしまいます。

そして違う!僕が嫌いなのは無作法な無礼な魔物で!と顔を青ざめ、焦りながら訴えます。

そんなマラージフを見つめる姫気付いき、視線を逸らします。

目を黒く染め、ニヤリと笑いそうなんだ、とマラージフの頬を強く引きます。

マラージフは怒りながらこの人は使えるべき姫!と心の中で自分に言いきかせます。

それを聞いたさっきゅんはホッとした顔で良かったと言います。

頭を下げペコペコし、じゃあもっと礼儀正しくしたほうがいいかな!と言います。

コイツ敬意の払い方分かってる!と喜ぶマラージフをよそにやっと煮えたお鍋を二人は食べるのでした。

安眠ポイント5億、と噛みしめる姫になにそれ、とさっきゅんは言います。

ほら魔導書も寝よ、と姫がいい、さっきゅんは帰ることにしました。

さっきゅんが帰って行くほうを見つめ、今日はいつもと違う懐かしい感覚だったとマラージフは思います。

でもアイツは魔物だし、と思うマラージフを姫は枕にします。

変な態勢になっちゃったと困っているマラージフ、姫は夢のなかです。

するとスッとマラージフを救い出し、枕を入れ替え、マラージフをクッションの上に置き、ふわりと布を巻く誰かがいました。

マラージフが困っているのが見えたさっきゅんが戻ってきたのです。

さっきゅんは今度魔術のコツ教えてね、と手を振り去って行くのでした。

布を両手にギュッと掴み、魔物のくせになかなか見どころがある!と目をキラキラさせながらマラージフは喜ぶのでした。

後日、最近妙に魔術が上手くいくし行く先々にマラージフ君が落ちてるとさっきゅんは離します。

ヤツは歩くからね、と姫は言うのでした。

 

魔王城でおやすみを無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、魔王城でおやすみの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
魔王城でおやすみを読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

魔王城でおやすみ224話ネタバレ!メンタル紙装甲(本)感想

まさか姫がそんなことをしていたとは驚きです!

次回の魔王城でおやすみが掲載される週刊少年サンデー6号は1月6日発売です。

「魔王城でおやすみ225話のネタバレはこちら」

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍