漫画ネタバレ

ましろのおと110話ネタバレ!ついに公開された短編映画

2021年5月6日発売の月刊少年マガジン6月号掲載の「ましろのおと」110話についてネタバレをまとめました。

ましろのおとを無料で読める方法はこんなにあります!

ましろのおとを無料で読める方法はこんなにあります!月刊少年マガジンで連載中の「ましろのおと」を無料で読む方法をまとめました。 ましろのおとを無料で読むならU-NEXT! \アニメ...

[前回のあらすじ]

若菜は梅子から渡された雪の仙台公演の映像を観ています。

どんどん腕を上げ、雪が自分の春暁を作り上げたことに、若菜はモチベーションを刺激されたようでした。

一方の雪は、若菜が来るまで燃え続けているように、という梅子の言葉の意味を掴みかねています。

そこへ荒川と舞がやってきて、翌日の録音の話をすることになりましたが、そこに梶の姿はありません。

梶はマニの元へ行き、自分を伴奏に付き合わせてもらえるように志願していたのでしたー。

翌日、短編映画の為にSTC版の春暁が録音されました。

メインである雪の録音から始まり、荒川、舞、梶、と順に録音を進めます。

かつて雪が、自分がリードしたい、と言ってどうなることかと思ったSTCでしたが、本当にその通りになりました。

そうして無事に録音は終了し、音源データはアレクセイの元に送られます。

それから8月のニューヨーク、アレクセイの短編映画も無事に完成し、梅子がお祝いにアレクセイの元を訪ねるのでしたー。

「ましろのおと」109話のネタバレはこちら

「ましろのおと」110話ネタバレ

ついにアレクセイの短編映画の初回上映が始まりました。

上映前にアレクセイは観客に向けて挨拶をします。

長い間映画を作ることができなかったこと、周りの人の助けに感謝できていなかったこと、そして原点に戻り、自分を生かすのは映画だと悟ったことを伝え、

映画の幕が上がりました。

アレクセイの映画には、少女、目を覆われて拘束された男性、周りの人間に裏切られた女性、何かを探し続ける少年、ダンスをする女性が登場してきます。

その一つ一つのシーンに雪達STCの春暁が合わせられていました。

映画を観ていた梅子は、その一人一人のシーンに松五郎の記憶を重ね合わせます。

それは梅子にとっては思い出したくないものでした。

映画序盤の、登場人物が理不尽に振り回された暗い雰囲気のシーンでは、”どうにもこうにも食べなければ死んでしまう、

家を出る時が一番辛かった”、と言っていた松五郎が思い出され、

映画の雰囲気が変わってきた時、”寂しくてひもじくて、もういいか、と思った時には眼玉が熱くなり、

瞼の裏に光が映って見てないはずの春暁が見えてびっくりした、あれから少しずつ三味線を弾くのが好きになった”、と言っていた松五郎が思い出されます。

ラスト、映画が明るく最後を迎えるときには、”旅先で自分の音を覚えていてくれた人がいて、

松五郎の三味の音が好きだ、また聴きたかった、と言ってくれて、それで報われた”、と言っていた松五郎が梅子の頭の中にいました。

そうして初回上映は成功に終わり、梅子は、おめでとう、清々しく意味の分からない映画だった、と言って、アレクセイを労いましたー。

一方、日本でアレクセイの映画を観た雪達。

皆んなやはり意味は分かりませんでしたが、映像と音楽がピッタリ合っていたことに大喜びです。

そして雪は、何があっても毎日毎日三味線を弾いて、ご飯を食べていかれたらいい、と思うのでしたー。

その頃、たぬきち茶屋では、桜が入らなくなった洋服と格闘していました。

留まったかと思われたウェストのボタンが飛んでしまい、気を落としますが、父親に呼ばれて気を取り直します。

桜が厨房で奮闘していたその時、雪が帰ってきました。桜はお店に出す料理を教わっていて、今日はおはぎ作りを教わっているのでした。

できたら持っていく、と言う桜に雪は、見ていてもいいか、と言い出しました。

熱いお鍋と戦いながら、一生懸命な桜はそれでも楽しそうです。

やがておはぎが出来上がり、父親はその場を出て行きました。

雪にお茶を淹れる桜。

あともう少しでたぬきち茶屋も開店です。

それまで父親から色々教わるつもりなのだ、と言う桜に、雪は、遊びに行かないのか、と尋ねました。

自分がやりたくてやっている、と言う桜は、自分はこのお店を継ぎたいと思っていて、高校を卒業したら製菓学校に行くことも決めた、と言い、

まだ父親にしか言っていない自分の決意を雪に話してしまったことに恥ずかしくなってしまいました。

桜は、雪は頑張っていて、すごい速さで前進しているのに、自分は止まっている気がする、と続けます。

それに対して雪は、自分は変わらない、と返しますが、

桜は、雪が変わらなくても雪の周りは変わっていく、だから、自分はここでどっしり構えて雪を応援し続ける、と言いました。

周りは変わっていく、という桜の言葉に、雪は、以前も感じたような、失う感情を感じるのでしたー。

ある暑い日の朝、雪は目を覚まします。

今日は夕方からライブがあるので、事務所に行って練習をするつもりです。

雪が冷たい水で顔を洗っている時、若菜から電話がかかってきました。

なんだろう、と思って雪が電話を取ると、若菜は、いきなり連絡が取れなくなるのもなんだと思ったので伝えておく、

自分は雪の兄をやめる、同じステージで春暁を弾けるようになるまで、雪との連絡は断つ、これは自分の決意なのだ、と言うのでしたー。

ましろのおとを無料で読める方法はこんなにあります!

ましろのおとを無料で読める方法はこんなにあります!月刊少年マガジンで連載中の「ましろのおと」を無料で読む方法をまとめました。 ましろのおとを無料で読むならU-NEXT! \アニメ...

「ましろのおと」110話感想

ついにアレクセイの映画が公開されて雪達の前進が目に見える形となり、STCのメンバーも手応えを感じているようです。

その一方で、自分が成長することで周りが変わっていくことに雪は寂しさを感じていたり、

心の支えでもある若菜からの突然の決別の連絡に、雪の前進は足踏みしてしまうのでしょうか。。。

次回の「ましろのおと」111話が掲載される月刊少年マガジン7月号は6月5日発売です。

「ましろのおと」111話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍