漫画ネタバレ

夏目友人帳112話【虹雲の夜の夢】ネタバレ!ひとときの夢!

令和3年5月24日発売の月刊LaLa7月号掲載の「夏目友人帳」についてネタバレをまとめました。

夏目友人帳を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

夏目友人帳 無料 読む 方法
夏目友人帳を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?月刊LaLaで連載中の「夏目友人帳」を無料で読む方法をまとめました。 夏目友人帳を無料で読むならU-NEXT! \アニメや映画も...

夏目友人帳最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!

夏目友人帳 最新話 無料 まとめ ネタバレ
夏目友人帳最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!「月刊LaLa」で大人気連載中の漫画「夏目友人帳」のネタバレを全話まとめました。 「僕も好きだよ。優しいのも、あたたかいのも。惹か...

夏目友人帳を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

夏目友人帳
夏目友人帳を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ月刊LaLaで連載中の「夏目友人帳」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 夏目友人帳を配信している全部...

<前回のあらすじ>

小さい頃から妖(あやかし)が見えていた為、両親が死んだ後親戚をたらい回しにされていた夏目貴志は、ある日神社の中にある結界を破ってしまい、まねき猫の姿の妖怪と出会います。

そのまねき猫の妖怪の斑(まだら)から”夏目レイコ”という、夏目の祖母の名前と間違えられます。

そして、斑から結界を破ってくれたお礼に用心棒でもしてやるから、先生と呼べと言われ、その見かけからニャンコ先生と呼ぶようになります。

ニャンコ先生から祖母の遺品の友人帳の存在を聞かされます。

遠縁の藤原滋・塔子夫妻に引き取られ、夏目は穏やかに日常を過ごしていました。

自分の不注意からかけられた妖の祟りに悩んでいた多軌透、八ツ原の坊主の息子の田沼要、そして夏目のクラスメイトの北本篤史に西村悟と仲を深めていきます。

多軌と田沼は夏目が妖が見えることを知っていて心強い存在でもあります。

今回は、友人たちとの夢のような出来事のお話になります…

夏目友人帳111話ネタバレはこちら

夏目友人帳112話虹雲の夜の夢ネタバレ!ひとときの夢!

ニャンコ先生は楽しみだと浮き輪の中に入って呟きます。

移動の時に邪魔だからと空気を抜きながら、北本の親戚の家にお邪魔するんだから大人しくしててくれと頼みます。

そんな夏目の話を聞かずに海魚を狩りつくすというニャンコ先生に、みんなの前で喋ったりでもしたらしっぽ引っこ抜くからなと釘を刺します。

すると北本や西村、田村が迎えにやってきました。

休みを利用して夏目達は北本の叔父さんの家にお邪魔させてもらうことになりました。

釣りをして逃がして暴れる西村にボートがひっくり返ると注意する北村は夏目たちに釣れたか尋ねますが楽しいと返事が返ってきます。

もっと沖に行こうという西村に、エンジンもないゴムボートだから流されると北本は言いました。

なじみのない潮の音や友人たちの遠出に夏目は楽しいと感じていました。

田沼が北本のおじさんがこの辺の地形が変わっていると話していたというと、あそこに島があってあの辺は深いと説明しました。

言い伝えではこっちの浜辺からあの島まで歩いて渡れる場所があるという話に西村は食いつきます。

滑走路みたいに海に灯火がともる特別な夜があると北本は説明し、夏目はその光景を皆でみられたらと島を眺めます。

今夜探してみようという西村に、おれもおじさんも見たことのないあくまで伝説だと北村がいうと西村の竿に大物がかかりました。

掛け声とともに引き上げると魚の先にニャンコ先生が食いついており、みんなで笑いました。

風向きが変わって冷えてきたからそろそろ戻ろうという北村と田村に、西村は水着美女が現れるまではと食い下がります。

すると波間で揺れている影を見つけ、よく見るとあひるの浮き輪でした。

西村が飛び込み、こいつも連れて帰ってやろうと言い、砂浜に忘れ物だと書いてその場を去っていきました。

おじさんは渡り灯が見たくて夜は窓にはりついて海ばかり見ていたという話しに、西村がわかりますと興奮気味に言いました。

そうまでしても見られなかったんだから、夜更かしなんてして探すなよと注意します。

すると他の変な物を見た気がすると言って、確か虹色の…とおじさんが言っているとお刺身をおばさんが持ってきてくれました。

夏目は部屋で寝ているニャンコ先生を起こし、刺身と聞いて目を覚ましますが眠い…とまた横になります。

刺身より眠気のニャンコ先生に珍しいと言っていると、おばさんが先生のご飯を持ってきてくれました。

うちも飼っていたし、お行儀いいから大丈夫だと言い、さっき揚げ物をしていると視線を感じて振り返ったら猫ちゃんがやってきたと言いました。

つぶらな瞳で見上げてくるから揚げ物あげそうになったと笑い、御夕飯にしましょうと言いました。

振り返ると、ニャンコ先生の目がいつもと違うような気がしますが、食べ始めたニャンコ先生に気のせいかと思います。

田沼にニャンコ先生がつぶらな瞳に見えた気が…と夏目が呟いていると、北本におじさんが久しぶりにキャッチボールでもするかと声を掛けます。

野球やめたという北本に、おやじさんの体調が気になっても大丈夫だと声を掛けるおじさんに、西村も変な方向に気を遣うと突っ込みます。

先輩と揉めてサッカーやめたお前に言われたくないと言い返し、おばさんはにぎやかねと微笑みます。

北本にも西村にも色んな事情があることを初めて知り、田沼も父さんがおれのことを鍛えようと色んな習い事をしていたと打ち明けます。

皆に事情があって知らなかったことや話していなかったことを少しずつわかっていって、こんな日々がくるなんて夢のようだと夏目は感じていました。

そしてニャンコ先生のお皿をさげに、夏目が部屋へ入るとつぶらな瞳のニャンコ先生がぴよぴよと鳴いていました。

驚く夏目が先生に声を掛けようとしますが、北本や西村が戻ってきて夏目の猫はさすがに寝ちゃったかと声を掛けます。

寝惚けていたというより、なにかに憑りつかれているような気がしていたと悩む夏目に、田沼が何かあったのかと小声で尋ねます。

先生ほどの妖に憑りつくことが…と悩みながらも自分が皆を守ると決め、もしもの時は手を貸してくれないかと田沼に伝えます。

皆で寝ていると、ぴよぴよと鳴き声が聞こえ、起きろと言っているだろう、こわっぱどもよーぴよ!!とニャンコ先生が叫び出します。

ニャンコ先生に戸惑っていると、北本や西村も目を覚まします。

また変な顔になっていることに気付いた夏目をよそに、いつまで寝惚けているぴよ、ここにならべぴよと話し出します。

すげー夏目の猫喋ってると興奮する西村やどうなっているんだと戸惑う北本に夏目が説明しようとすると田沼が助け船を出します。

変な夢だなぁと言いだし、猫が喋るなんておかしな夢じゃないかと田沼は言い切ります。

すると、お前たちに声が聞こえるのは遠くからこの獣を通して話しかけているからだぴよ、と言います。

お前たちよくもやってくれたぴよ、と言い、美しき鳥に乗って沖まで出たのにお前たちにつれもどされ困っていると言い大増。

今すぐ高貴な我々をむかえにくるのだぴよ!と言われ、皆で浜辺へ向かいます。

すると、美しき鳥ってまさかこれかと昼間に砂浜に置き去りにしたアヒルを見つけます。

するとアヒルの背中にひよこがみっちり詰まっていて、手間がかかったといってニャンコ先生の頭の上にヒヨコが現れました。

我々は虹色の雲より産み落とされた卵から孵って、立派に成長したので上のステージをめざすために虹雲へ帰る所だったと説明します。

翼小さき我らがこの美しき鳥に運命的に出会って、海原でイルカ殿たちの大ジャンプにのれば今宵の虹雲へ届くはずだったと悔しそうに言います。

イルカのジャンプに乗れるのかと無邪気に尋ねる西村に、イルカ殿たちは行ってしまったぴよ!と怒ります。

西村が自分たちのせいで…と言うと、善意の行いと分かっているからとりあえず我らを元の沖へとさっさと運べぴよ!と命令します。

夏目は沖まで送って行ったら先生から離れてくれるか?と尋ねると、ひよこたちはぴよと返事をしました。

北本はこんな夜更けにボートを出すのは…と悩んでいると、ひよこが海に火を灯してやると言いました。

火がともれば人の子も海の上を歩けるのだぴよと言うと、海に火が灯りました。

皆で海の上を歩き、はしゃぐ西村や戸惑う北本を見て、夏目は嬉しそうに微笑みます。

するとお前たちとろとろするなとぴよぴよ先生に怒られ、夏目はおかしなことが起きているのにみんなもいて不思議な気分だと感じていました。

田沼が空を見上げると虹色の雲を見つけました。

すると雲から星が降ってきて、それはただの星ではない、お前たちに使命を与えるとニャンコ先生が言いました。

あの星もどきが海に落ちる前に捕まえ、すかさず空へと投げ上げると虹雲への道がひらけ、我らは旅立てるだろうと言いました。

さすが夢だな、意味がわからんと言う北本とは対照的に西村はおもしろそうだとはしゃぎます。

海におちる前なら網を取ってこようと西村は言いました。

喋り方でニャンコ先生が戻ってきたことに気付くと、さすがにこの私に憑依など長くもつはずあるまいと呟きました。

弱々しくなったぴよを夏目が撫で、乗り掛かった舟だからつきあってやるも一興だと言いました。

面白い光景を見られたという先生にお礼を言い、あの雲へ帰るためにがんばってきたひよこ達に帰してやるからなと夏目は言いました。

星を一生懸命取ろうとしますが、誰一人取ることは出来ません。

そのうち西村が取って喜んでいると、すぐに食われてしまいました。

すぐ投げろってそういうことかと田沼は言い、次に田沼が取って空へ向かって投げますが全く届かずに落ち込みます。

するとでかいのが来たことに西村が気付き、北本が走り出し、夏目はぴよたちを持ち上げて行こうと言いました。

北本が取り、力一杯空へ星を投げ、それに合わせて夏目もぴよたちを空へ放ります。

すると大きな魚が飛びあがり、ぴよたちは空へ押し上げられ、夏目達に向かってぴよぴよと虹雲の中へ入るまでいつまでも鳴き続けました…

やったーと西村は大喜びし、北本は終わったと安堵します。

田沼も夏目にやったなと笑いかけ、ああ!と返事をする夏目にあんなもの私がひとっ飛びすれば…と先生が言いかけますが夏目の笑顔を見てやめました。

空に花火のようなきれいな光景が広がり、じゃあ俺たちも帰ろうぜと言うと布団の上で目が覚めました。

西村がすっごく楽しい夢を見たと言い、北本も変な夢だと言い、相当疲れていると呟きます。

田沼もおれもすごく楽しかったと言い、夏目の猫がしゃべったりしてさーと言う西村に北本も手を見つめながらおれ…と呟きます。

楽しかったなぁ、みんなにも見せたかったぜ、すごくきれいでさ、なぁ夏目はどんな夢だった?と西村は尋ねます。

夏目は布団で顔を隠し、秘密だと呟きました。

夏目友人帳を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

夏目友人帳 無料 読む 方法
夏目友人帳を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?月刊LaLaで連載中の「夏目友人帳」を無料で読む方法をまとめました。 夏目友人帳を無料で読むならU-NEXT! \アニメや映画も...

夏目友人帳最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!

夏目友人帳 最新話 無料 まとめ ネタバレ
夏目友人帳最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!「月刊LaLa」で大人気連載中の漫画「夏目友人帳」のネタバレを全話まとめました。 「僕も好きだよ。優しいのも、あたたかいのも。惹か...

夏目友人帳を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

夏目友人帳
夏目友人帳を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ月刊LaLaで連載中の「夏目友人帳」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 夏目友人帳を配信している全部...

夏目友人帳112話【虹雲の夜の夢】ひとときの夢!の感想

夏目にとっては夢のような回ですね。

友人たちに嘘をつくこともなく、ただただ楽しく妖と交わるなんて…

きっかけを作ってくれたぴよ達に感謝ですね!

次回はどんな妖と出会うことが出来るのでしょうか!?

次回の夏目友人帳が掲載される月刊LaLa9月号は7月21日発売です。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍