漫画ネタバレ

19歳の夏休み21話ネタバレ!ついに謎のメールの送り主が判明!

ズズズキュン!で連載している「19歳の夏休み」のネタバレです。

19歳の夏休み

【前回のあらすじ】

射精を見たいというミエの要望がきっかけで、彼女の体を触らせてもらうことになった大介。

しかし今まで感じたことのない興奮を覚えた大介は、彼女の許可を得ずに危うくヤル寸前までしてしまい、怒られてしまいます。

そんな中、里子が朝食を作りに大介の元を訪れました。

19歳の夏休み21話ネタバレ

「俺」ではなく「私」という一人称を使うようになった里子に、大介は女性らしくていいと思うと言いました。

すると里子は、何言ってんの気持ち悪い~!と言いながら、なぜか大介に明太子を差し出しました。

19歳の夏休み

里子はサバサバして人懐っこい性格なので、島の人気者でした。

ゲストハウスが忙しいときは大介も時々手伝うことがあるのですが、彼女がゲストハウスの客に告白されている姿を何度か目撃しました。

しかし里子は男性に興味がないのだとキッパリ断っていました。

彼女は女性に人気の男性アイドルも男のくせにかわい子ぶってると全く興味を示さず、スポーツを見る時も叫びまくって、女らしさをあまり感じられませんでした。

19歳の夏休み

そして本格的な休暇シーズンが始まると、翔太や里子と同じく大介の幼馴染である陸も、海岸管理所のバイトをするために母親と一緒に島にやってきました。

翔太と大介は船でやってきた陸たちを迎え、挨拶を交わします。

陸の母が去った後、翔太はガキの頃、大きな母ちゃんのおっぱいを吸い放題だった陸が羨ましいと言い出します。

俺の願望はお前の父ちゃんになることだという翔太に、陸は顔を真っ赤にしながら、バカかよ!と彼の尻を蹴りました。

陸の母親は未婚の母として一人で陸を育てました。

当時から誰かの妻として生きることを拒み、人目を気にせず生涯恋愛を楽しんできた新時代の女性です。

とにかくこうして大介、翔太、陸、里子の4人は全員島に集まりました。

 

そして中学と高校の夏休みが始まると、紗月も島に戻ってきました。

大介が翔太に紗月の家庭教師をすると伝えると、彼は羨ましいと言いました。

去年の冬、翔太は紗月とすれ違ったようですが、とても美人になっていたのだとか。

金持ちの娘なので品もあり、小さい頃から可愛かったようです。

翔太は今度紹介しろよと言いますが、大介は煮え切らない返事をします。

まだ高3の紗月を、翔太に会わせるといろいろ問題がありそうなので心配なようです。

19歳の夏休み

その後、大介は若宮先生の家に行き、紗月と会いました。

久々に大介と再会した紗月は、お兄ちゃんカッコよくなってる~と喜びます。

そんな彼女に、大きくなったなと言って笑う大介。

若宮先生は大介に、飲み物を持っていくから紗月と書斎に行っててと指示しました。

 

大介が東京にいた時、彼の携帯に「大介に会いたい・・・今年の夏に伊江島で会おうよ」という謎のメッセージが突然届きました。

「誰?」と大介が返信すると「来たら分かる」と返信が返ってきました。

実はこのメールは、若宮先生が送ったものでした。

19歳の夏休み21話感想

大介が島に戻るきっかけにもなったメッセージは、若宮先生が送ったものだったんですね。

紗月の家庭教師を依頼するためだけに、あそこまで意味深なメールを送る必要はないと思うので、何か裏がある気がします。

ここからどんな展開になるのでしょうか。

19歳の夏休み

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍