漫画ネタバレ

家庭教師なずなさん12話ネタバレ!年老いたドーベルマンが街に現れる!

2020年6月25日発売の週刊少年チャンピオン30号掲載の「家庭教師なずなさん」のネタバレについてまとめました。

家庭教師なずなさん最新話を無料で読む方法は?

家庭教師なずなさん最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、家庭教師なずなさん最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
家庭教師なずなさん最新話を読む

【前回のあらすじ】

休暇中、男に連れ去られそうになっていた少女を助けたなずなですが、彼女はやくざの御令嬢・狸乃原つづみで親の都合で無理やりお見合いさせられそうになっていました。

なずなは彼女を助けるべく代わりにお見合い場所に向かいますが、そこにいたのは甲子太郎でした。

結局結婚する必要はなかったとなずなが一安心していたのもつかの間、つづみが誘拐されてしまいます。

するとなずなは難なくつづみを助け出し、つづみから気に入られるのでした。

家庭教師なずなさん11話ネタバレはこちら

家庭教師なずなさん12話ネタバレ

どこからか脱走した年老いたドーベルマンが一匹、疲れ切った様子でヨタヨタと街を歩いています。

それを見たなずなは危険だと感じますが、あまりに年老いていてヨボヨボのため甲子太郎を鍛える試練にはなりえないと判断しました。

もっと甲子太郎の刃を研げるようないい試練はないかとなずなが街を見渡していると、橋の上で慌てふためく見覚えのある少女と、今にも用水路に落ちようとしている見覚えのある子犬の姿が目に入りました。

これはまさに甲子太郎にうってつけの試練ですが、肝心の甲子太郎がいないため、なずなはすぐさま助けに向かいます。

しかし子犬が力尽きて用水路に落ちてしまいそうになった瞬間、先ほどのドーベルマンが素早く子犬をくわえて助け出しました。

少女がお礼を言うと、ドーベルマンはヨタヨタと歩きながらフッと満足そうに笑みを浮かべました。

そんなドーベルマンの姿を見ていたなずなは、あることに気づきました。

ドーベルマンは正中線がブレない隙の無い歩法で歩いていたのです。

鍛えぬいた者だけが持つ鋼鉄の香りを感じ、その辺の飼い犬ではなく自分と同類だと感じるなずな。

恐らくどこかの組織に属する、かなりの手練れだと感じました。

するとドーベルマンは息を切らしながら、フラフラと座り込みました。

少女は心配して近づこうとしますが、なずなは迂闊に近寄ってはいけないと制止します。

老いぼれていてもプロは仕事を投げ出さない、この町に来たのも何かの任務があってのことなので危ないというなずな。

しかし少女は危ないのはあの老犬の方だと言い、子犬を助けるために無理をしてくれたので放っておけないと駆け出します。

それを聞いたなずなは、ドーベルマンの同類として彼に付き添ってあげることを決意しました。

そしてなずなはドーベルマンに手を差し伸べますが、ドーベルマンはそっぽを向いて再び歩き出します。

そんなドーベルマンの情けはかけるが情けを受けるのはまっぴらだという態度に、ますます自分の同類として気に入るなずな。

ドーベルマンがこの町に来た目的は何なのか見届けることにしました。

 

ドーベルマンの後をついて歩く間、なずなは少女が鳥飼早苗という名前であると知ります。

ちなみに子犬の名前はガストンブルグマン伯爵です。

そんな中、ドーベルマンは住宅の塀から三匹の凶暴な犬が顔を出す、別名「三丁目のケルベロス」の地点に差し掛かります。

しかしドーベルマンは静かに犬を睨みつけ、一瞬で黙らせました。

その直後、捕獲網のようなものを持った怪しい男たちがドーベルマンを取り囲みます。

どうやらヤクザのようですが、なずなは彼らを倒してドーベルマンを助けました。

その時、甲子太郎と兎宮が歩いてきました。

ドーベルマンは彼らを見た瞬間、突然気配を変え、甲子太郎達に向かって飛び掛かります。

それを見たなずなは、ドーベルマンの最期の標的は甲子太郎だったと慌てます。

しかしドーベルマンは甲子太郎ではなく、兎宮に飛びつきました。

そして兎宮の顔をペロペロと嬉しそうに舐め始めます。

ドーベルマンを見た兎宮は「あなたフレイジャーじゃない!どうしてここに!?」と驚きます。

どうやら昔暦家にいた犬らしく、何年も前に他の家にもらわれていったようです。

するとなずなは、兎宮さんに会いに来たのだと言います。

そのためだけにたった一匹で遠くからはるばるやってきたと聞いた兎宮は、こんな体で無理をしてバカな子と言いながらも、よく頑張ったと優しくフレイジャーを抱き寄せました。

しかしその時フレイジャーの意識はすでにありませんでした。

 

昔暦家にはたくさん犬がいて、兎宮がその世話をしていました。

フレイジャーはその中から仙台のとある家に何頭かもらわれたうちの一頭でした。

歳をとってお役御免になったフレイジャーは突然逃げ出しましたが、病み衰えた犬でも素性が素性のため、蛭谷は何かある前に捕まえてくれと依頼されたようです。

可愛がってくれた人に会うためだけに老体を引きずって遠い町まで来ていたと知った蛭谷は、犬にとって思い出というのは、そこまでさせる大事なものなんだとしみじみつぶやきます。

しかしなずなは、それは誰しも同じだろうと感じました。

そして兎宮はフレイジャーの墓の前で、優しく微笑むのでした。

 

家庭教師なずなさん最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、家庭教師なずなさん最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
家庭教師なずなさん最新話を読む

家庭教師なずなさん12話感想

今回は少ししんみりした話でしたね。

フレイジャーと兎宮の絆が感動的でした。

次はどんな展開になるのか楽しみです!

次回の家庭教師なずなさん13話が掲載される週刊少年チャンピオン31号は7月2日に発売されます。

家庭教師なずなさん13話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍