漫画ネタバレ

逃げ上手の若君5話ネタバレ!時行たちが新たな敵に遭遇!

2021年2月22日発売の週刊少年ジャンプ12号掲載の「逃げ上手の若君」のネタバレについてまとめました。

逃げ上手の若君最新話を無料で読む方法は?

逃げ上手の若君最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、逃げ上手の若君最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
逃げ上手の若君最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

鎌倉を脱出した時行は、頼重が当主を務める諏訪大社に身を寄せます。

しかし未だに謎が多い頼重の力を信じられず、逃げ出す時行。

そこで頼重は神の力を証明して時行を信じ込ませますが、それは彼を騙す嘘だったのでした。

逃げ上手の若君4話ネタバレはこちら

逃げ上手の若君5話ネタバレ

当時を伝える「太平記」によれば、全国に大勢力を誇っていた北条氏一族は、わずか四十三日で全滅したと言われています。

それはあまりに鮮やかなクーデター劇でした。

そして鎌倉幕府を倒した足利高氏は、首都・京都で大歓迎を受けました。

後醍醐天皇以下、長く鎌倉幕府に抑圧されてきた朝廷にとって、若き英雄は解放者だったのです。

後醍醐天皇から功を称えられた高氏は、朕の名から一字を授けて「足利尊氏」となりました。

さらに後醍醐天皇は新しき朝廷でやってみたき官職があれば、何なりと申せと尊氏に言います。

しかし尊氏はただの武辺者なので、筆仕事などとても務まらないと断ります。

その代わり、後ろに控える我が郎党共は自分にはもったいないほど心清く智勇秀でた者のため、この者たちに朝廷での仕事をいただけたなら幸せだと申し出ました。

朝廷に仕える公家たちは、その尊氏の穏やかな笑顔と謙虚さに惚れたようで、尊氏はすぐに彼らの信頼を獲得しました。

 

その夜、足利家執事の高師直と2人きりになった尊氏は、我が郎党は我が宝、お前が万事仕切ってくれと伝えます。

そんな彼に、師直は幼少の頃からお仕えしているが、殿の笑顔は最近ますます人間離れしていると話しました。

「戯言を申すな。頼んだぞ。皆で帝をお支えするのだ」と返す尊氏。

彼の表情は穏やかに笑みを浮かべているものの、目からは涙が流れていました。

そしてその目を開けると、複数の目玉がついていました。

こうして足利尊氏とその郎党たちは、ジワリと浸食を開始したのでした。

 

一方諏訪での生活にも慣れてきた時行に、頼重は味方を増やすため、時行だけの郎党を集めると言います。

有力武将と主従関係を結び、命がけで戦う配下を「郎党」と呼びます。

郎党の強さこそが、主君の強さそのものになるのです。

近しい家族や家臣をすべて失った時行は、一から郎党を作り直さなければなりません。

そして頼重は改めて、これまで行動を共にしてきた子供たちの紹介を始めます。

まず弧次郎は同世代随一の刀の使い手で、いずれは軍を任せる武将として。

亜矢子は怪力無双にして芸才も豊かで、便所として陣中の共に。

雫はよく気が回り数々の秘術も使えるため、執事として家全般の取り仕切りを。

三人共時行と同い年ですが、自信を持ってお勧めできるという頼重。

まずは彼らと慣れ親しみ、使いこなしてみなされと指示します。

子供の頃から家族同然で共に育てば、将来固く結ばれた強い郎党となるのです。

そして今後も優れた者を見つけたら、どんどん誘って郎党を増やしていくのだと、頼重は教えました。

 

その後、時行は弧次郎たちと共に外で火を焚き、食事を始めます。

そんな中、命があれば何でもするという弧次郎に、鬼ごっこをしようと提案する時行。

しかし弧次郎は、時行が一度逃げたら地平線までいってしまうため、それは嫌だと拒否。

すると亜矢子が狩りをしようと提案しました。

時行は神社の者が殺生していいのかと疑問を浮かべますが、雫は諏訪明神は狩りの神様でもあるため、ガンガン食べるしガンガン狩るのだと言いました。

ということで、矢を使って狩りを始める時行。

野兎を仕留めようとしますが、惜しくも当たらず、弧次郎が見通しが悪いと邪魔な木を切り倒します。

すると亜矢子は小さいのを弓で狙うのは面倒臭いと言いつつ、岩の塊を兎に向かって投げつけました。

兎はギョッとしながら逃げていき、岩の塊は地面に当たって砕け散ります。

それを見て、化け物だとドン引きする時行。

一方屋敷内にいる頼重は時行が狩りに出かけたことも、いかなる試練に出会うのかも見えている様子。

そんな中、時行たちの目の前で先ほどの兎が巨大な獣に食べられてしまいました。

 

飢饉が続き、戦や殺人が頻発していた鎌倉末期。

獣にとっては作物や果実より、人間の方が手に入りやすいご馳走でした。

この獣もまた人の味を憶え、次第に人を狩ることを憶えたのです。

そういう獣はこの時代の人々にとって魔獣でした。

 

雫は人を食べる巨大な牛鬼が山で出ると、隣国で噂になっているといいます。

その魔獣は明らかに獲物として時行たちを見ている様子。

この大きさでは矢も刀も急所に届かないと、亜矢子は怯えます。

頼重は優雅に食事をしながら、時行の仇である尊氏はその魔獣よりはるかに狂猛な郎党を数多従える男のため、郎党と力を合わせて見事仕留めてみなされと、心の中で時行に語りかけます。

そして牛鬼「牡丹」が、時行たちに向かって突進してくるのでした。

 

逃げ上手の若君最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、逃げ上手の若君最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
逃げ上手の若君最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

逃げ上手の若君5話感想

今回足利尊氏が人間ではないものに見えましたが、かなり不気味な存在ですね。

そして時行たちは今度は獣と闘うことになるようです。

どんな展開になるのか楽しみです!

次回の逃げ上手の若君6話が掲載される週刊少年ジャンプ13号は3月1日に発売されます。

逃げ上手の若君6話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍