漫画ネタバレ

おじさまと猫76話ネタバレ!猫嫌いの星鳴にふくまるが猛アピール!

2021年5月12日発売の月刊少年ガンガン6月号、「おじさまと猫」のネタバレについてまとめました。

おじさまと猫を無料で読める方法はこんなにあります!

おじさまと猫の最新8巻を無料で読める方法はこんなにあります!ガンガンpixivで連載中の「おじさまと猫」を無料で読む方法をまとめました。 おじさまと猫を無料で読むならコミック.jp! \登...

【前回のあらすじ】

神田の娘・空子が家に帰ってきました。

さらに神田の息子である星鳴も家に帰ってきて、ふくまるは大喜びで飛びつこうとします。

しかし星鳴は猫嫌いで、ふくまるを避けるのでした。

おじさまと猫75話ネタバレはこちら

おじさまと猫76話ネタバレ

ふくまるが初めて神田の家に来た頃。

ふくまるはその家で一つ、二つ、そしてかすかに三つの神田以外の匂いを嗅いでいました。

神田に似ているけど、神田の匂いではない、彼の家族なのかとふくまるは思いました。

しかしそれと同時にふくまるは、その家族に「こんなブサ猫返して来い!」と言われたらどうしようと不安になり、目に涙を浮かべます。

そんなふくまるを神田は、可愛い可愛いと優しく撫でて、抱きしめてくれました。

ふくまるは神田が触れるたびに、名前を呼んでくれるたびに恐怖心が少しずつなくなっていったのです。

 

ある日、ふくまるは棚の置いてあった写真立てを触って遊んでいました。

それに気づいた神田が、壊れちゃうから、イタズラしちゃダメだと慌ててふくまるに注意します。

しかしふくまるは写真立てを棚から落としてしまい、神田は何とか間一髪でそれをキャッチしました。

その後、神田はふくまるにその写真立てに入っていた家族写真を見せながら、これは写真といって大切な時間を残しておくものなんだと話しました。

その写真の日は妻の鈴音の誕生日だったらしく、楽しかったなと振り返る神田。

子供たちも大きくなると、あまり一緒に写真を撮ってくれなくなったと寂しそうに語ります。

それでもせっかくだから記念にとお願いして撮ったのだとか。

しかし神田は「この家族写真が最後になるなんて・・・」と言って、泣き出してしまいました。

そんな彼をどうしたんだろうと、心配そうに見つめるふくまる。

家族がいないから辛くて寂しいのだと察したふくまるは、早くみんな帰ってきてほしいと感じます。

昔は神田の家族に会うのが怖くて、嫌がられたらどうしようと思っていたふくまるですが、今は平気でした。

神田の家族なら絶対ぽかぽか温かいと感じるからです。

神田に笑顔でいてほしいふくまるは、早く家族に帰ってきてほしい、今度はみんなとふくまるで家族写真を撮りたいと思いました。

 

しかし神田の息子である星鳴は猫嫌いで、ふくまるを拒絶しました。

ふくまるは思わぬ反応にショックを受けて涙を流しています。

すると他の猫たちが駆け寄ってきて、ふくまるを心配します。

しかしふくまるは猫たちを心配させないように、顔がぶつかって痛かっただけだから大丈夫だと笑顔を見せました。

子猫たちは嫌われているから、また捨てられるんじゃないかと不安になっていますが、ふくまるはそんなことは絶対起こらないと強く否定します。

タワシたちはクネクネが守ってくれるにゃ!絶対にゃ!

ふくまるは子猫たちにそう言いましたが、あとから来た自分はどうなるんだろうと考えます。

もう神田とは会えなくなるんじゃないかと不安になるふくまる。

そんなのは嫌だと感じたふくまるは、星鳴の前でコロンと仰向けに寝っ転がり、コロコロ転がって可愛さをアピールし始めました。

しかし星鳴はその場から逃げてしまいます。

そんな彼を追いかけるふくまる。

星鳴は必死に逃げて机の上によじ登り、何で来るのおお!?と嘆きます。

すると小林がやってきて、懐かれてていいなと笑います。

何でこの猫だけこんなにしつこいのかと聞く星鳴に、小林は神田の猫だからだろうと話します。

他の猫は日比野の飼い猫のマリン、子猫5匹はジョフロワの飼い猫たちで、フランスに戻るまで神田が預かっているのだと説明する小林。

さらに小林は、ふくちゃんは悪意があって近づいているわけじゃない、お前が神田に似てるからだろうなと言います。

それを聞いた星鳴は、以前誰かに「お前って神田さんに似てるけど似てないよな。見せかけだけだ」と言われたことが頭をよぎります。

星鳴がボーっとしている間に、ふくまるが机によじ登ってきたため、彼はまた逃げまどいました。

小林はその様子を見て笑いながら、何でそんなに猫嫌いなのかと尋ねます。

星鳴は爪を出すしジャンプするし、ヌルヌル動くし目がギラギラしてるし、いうこと聞かないし、何考えてるか分からなくて怖いのだと答えました。

そして星鳴は来るな!と叫びながら、ボールを投げました。

するとふくまるはボールを追いかけて走っていきます。

星鳴はいなくなったと安心しますが、その直後ふくまるはボールをくわえて戻ってきました。

もう一度星鳴はボールを投げ、ふくまるはボールをくわえて戻ってきます。

そのやり取りを何度か繰り返す中、ふくまるはボールをくわえて戻りかけ、中途半端なところで立ち止まりました。

すると星鳴は、もっとこっちこい!投げられないだろ!と指示。

しかしふくまるはコロンとその場に寝っ転がりました。

転がるな!と怒る星鳴。

その様子を見て小林が嬉しそうに笑っています。

ハッと気づいた星鳴は顔を真っ赤にして、猫なんて嫌いだー!!と叫びました。

その時、神田が家に帰ってきました。

神田は星鳴に黙っていて悪かったと謝りつつ、自分も動物は好きじゃなかったものの、ふくまると出会って一緒に生活をしていくうちに、小さい頃の子供たちのようで本当に愛らしいと気づいたのだと話します。

食べることと寝ることと遊ぶことが大好きで、自分を親として好いてくれるのだという神田。

そして神田は甘えるふくまるを優しくなでながら、大好きだよと伝えるのでした。

おじさまと猫を無料で読める方法はこんなにあります!

おじさまと猫の最新8巻を無料で読める方法はこんなにあります!ガンガンpixivで連載中の「おじさまと猫」を無料で読む方法をまとめました。 おじさまと猫を無料で読むならコミック.jp! \登...

おじさまと猫76話感想

嫌われるふくまるが可哀想でしたが、めげずに星鳴に好かれようとする姿が健気で可愛かったです。

星鳴も何だかんだでふくまると仲良くできそうな気がしましたが、どうなるのでしょうか?

次回おじさまと猫77話が掲載される月刊少年ガンガン7月号は6月11日発売されます。

おじさまと猫77話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍