漫画ネタバレ

おじさまと猫79話ネタバレ!星鳴がまさかのバンド加入宣言!?

2021年8月12日発売の月刊少年ガンガン9月号、「おじさまと猫」のネタバレについてまとめました。

おじさまと猫を無料で読める方法はこんなにあります!

おじさまと猫の最新8巻を無料で読める方法はこんなにあります!ガンガンpixivで連載中の「おじさまと猫」を無料で読む方法をまとめました。 おじさまと猫を無料で読むならコミック.jp! \登...

【前回のあらすじ】

猫嫌いだった星鳴ですが、いつの間にかふくまるに抵抗がなくなっていました。

そんな中、森山が星鳴に話を切り出すのでした。

おじさまと猫78話ネタバレはこちら

おじさまと猫79話ネタバレ

森山は星鳴に佐久間から話を聞いているかと、唐突に話を切り出しました。

しかしそんな森山のことを、嫌いだと感じる星鳴。

星鳴は唐突に話しかけてくる奴、嫌な顔をしない奴、分かりにくい奴が嫌いでした。

神田は森山のことをいい人だと言っていましたが、星鳴にとってそんなことはどうでもよく、人は本心を隠して生きる生き物だと考えていました。

そのため星鳴は初対面の人間が全て嫌いなのです。

すると何も答えない星鳴に、森山はこちらのことも話さずに聞いてしまってすみませんと謝ります。

そして森山は、自分はバンドマンで仲間全員に捨てられて今は一人なのだと話し始めます。

それを聞いた星鳴は、それはお前がクソ野郎だからだと心の中で突っ込みます。

それと同時に幼い頃のことも思い出し、自分には仲間なんて最初からいなかったと感じる星鳴。

さらに森山は公演当日に仲間に逃げられて、声を出せずに独りでステージに立っていた時、神田がステージに上がってきたのだと話します。

彼は俺のヒーローだという森山。

星鳴がその動画を見たというと、森山はお父様を巻き込んでしまってすみませんと何度も頭を下げて謝りました。

動画を載せたのは、森山ではなく佐久間のようです。

結果的にその動画が話題になり、プロデューサーの佐久間に声をかけてもらったものの、神田をメンバーに入れることがデビューの条件だったのだとか。

そのため森山は断ったのだと言います。

捨てられるぞという星鳴に、元々自分の力で得たものじゃないからいいのだという森山。

森山は神田には自由でいてほしいらしく、自分のわがままで神田を縛りつけたくないのだと佐久間に伝えたら、今度は星鳴の名前を出されたようです。

それを聞いた星鳴は怪訝そうな顔をしながら、ふざけんな心の中で佐久間に怒ります。

森山はもちろん断ったと言いますが、佐久間にはそれを決めるのは星鳴だと言われたのだとか。

それでも森山は誰も巻き込みたくないので、一人で自分の力でのし上がってみせると宣言しました。

しかしそんな彼に「お前成功できねぇわ」と言い放つ星鳴。

成功していく奴は、どいつもこいつも強欲なのだと言います。

のし上がるためだったら何でも使うし、自分の身が削れても苦でもない、チャンスが来たら迷うことなく食らいつくのだという星鳴。

それは自分がちっぽけなことに、誰よりビビっているからで、森山が尊敬する神田もそうだと星鳴は言います。

さらに星鳴は森山の言葉は自分の欲から目を背けて綺麗ごとを並べているだけで、本心では神田に断られるのが怖いだけだと決めつけます。

そして「雑魚は親父に近寄るな。てめぇはクソ雑魚なんだよ」と暴言を吐く星鳴。

そんなことを目をそらしながら話す星鳴に、森山は一言「目を見て話せ、クソ野郎」と言い返しました。

すると星鳴は、目なんか合わせなくても喋れてるんだからいいだろ!と、なおも森山の目を見ずに怒ります。

そんな彼に、よくねぇよ!あんたこそメンタルクソ雑魚だろ!と叫ぶ森山。

森山はこんな心が曲がりくねったクソ野郎が息子だなんて、神田先生が不憫だと頭を抱え、星鳴は超失礼だと怒ります。

しかし森山は、お前のおかげで目が覚めた、ありがとうクソ野郎と星鳴に感謝しつつ、俺は神田先生とバンドが組みたい!とキラキラの笑顔で言いました。

俺が作曲した曲を俺のために弾いてほしい!と興奮気味に語る森山を見て唖然とする星鳴。

森山は神田の心や身体のことが心配で、ずっと我慢していたようですが、我慢する必要なんてなかった、二人で乗り越えればいいんだと考えを変えたようです。

星鳴が、セットになろうとするな!てめぇみたいなクソ雑魚がおこがましいと思わねぇのか!と叫ぶと、森山はメンタルクソ雑魚!お前が強欲になれって言ったんだろ!と言い返しました。

森山は星鳴の言葉を聞いてその通りだと感じたらしく、臆病で色々理由を作って逃げていたのだと気づいたようです。

そのためもう逃げないと決意し、今から伝えてくる!と走り出す森山。

星鳴はそうはさせるかと、森山の体にしがみつきます。

しかし揉み合う2人の前に、突然ふくまるが現れ「にゃん!」と鳴きました。

星鳴は今までの癖で驚いてふくまるを避けてしまい、その隙に森山が神田の元へと駆け出します。

そんな森山を追いかけながら、何で彼を止めようとしているのか分からなくなる星鳴。

神田が受け入れるなら、それは神田の意思であり、自分が止めてはいけないことではないかと感じます。

それと同時に、星鳴は幼い頃のことを思い返しました。

 

ピアノの練習をする星鳴に、神田は自分が教えると言いました。

しかし星鳴は、お父さんは明日もコンサートがあるでしょ、僕よりそっちの練習に時間を使いなよと遠慮します。

すると神田は、寂しいと言って泣き出しました。

そして自分が仕事ばかりしていたために、こんなに気を使う子にしてしまったと星鳴に謝る神田。

星鳴は違うと否定し、自分はピアノが上手くないので、時間をかけても無駄だと言います。

すると神田は無駄じゃないよと言いながら、優しく星鳴を抱き締めました。

私がしたいと思ったことだ、それがはたから見てどうとかは気にしなくていい、だから私は星鳴がしたいことなら全力で応援すると神田は言いました。

 

そんな神田の言葉を思い出した星鳴は、細かいことはどうでもいい、俺が止めたいから止めるのだと考えます。

そして神田の前にやってきた森山は、バンドに入ってほしいと彼を勧誘しようとします。

しかし星鳴はそれを遮り、俺はお前のバンドに入るぜ!と叫びながら、森山にタックルしました。

そんな彼の言葉に驚く森山。

星鳴自身も思わず口からついて出てしまった言葉に驚きます。

そんな中、神田は星鳴の言葉に喜んでいました。

おじさまと猫80話ネタバレはこちら

おじさまと猫を無料で読める方法はこんなにあります!

おじさまと猫の最新8巻を無料で読める方法はこんなにあります!ガンガンpixivで連載中の「おじさまと猫」を無料で読む方法をまとめました。 おじさまと猫を無料で読むならコミック.jp! \登...

おじさまと猫79話感想

星鳴があれだけ嫌がっていたバンドに、自分から加入宣言をしたのは驚きました。

しかしこのまま星鳴が加入することになっても、森山と上手くやっていけるのか心配ですね。

これからどんな展開になるのか楽しみです!

次回おじさまと猫80話が掲載される月刊少年ガンガン10月号は9月10日発売されます。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍