漫画ネタバレ

おかえりアリス2話ネタバレ!謎の少女の正体は・・・?

別冊少年マガジン6,7月号合併号(6月9日発売)「おかえりアリス」第2話を読みました

ので、ネタバレと感想を書きました。

おかえりアリスの最新話を無料で読む方法は?

おかえりアリスの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、おかえりアリスの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
おかえりアリスの最新話を読む

おかえりアリス1話のネタバレはこちら

おかえりアリス 第2話 ネタバレ!

高校に入学した洋平は、入学式に参列していました。

同じ高校には片思いの相手であり、幼馴染の三谷結衣がいました。

結衣の横顔を、遠くから見つめる洋平でした。

結衣を見つめながら、洋平は妄想の世界にふけります。

テニスのユニフォームを着た結衣が、洋平に微笑んでいます。

しかし次の場面に現れたのは、結衣とキスする、もうひとりの幼馴染である慧でした。

慧と結衣のキスシーンを近くで見てしまい、興奮してしまったことに恥ずかしくなった

洋平は、その後、慧や結衣と話ができなくなってしまいました。

あれから洋平は、結衣と慧が激しくむつみ合うという妄想が止まりませんでした。

妄想の中で、何度も自慰してしまう洋平です。

入学式に参列しながら、洋平はひとり決意します。

(オレはこのままではダメだ。変わるんだ、オレは。そして三谷結衣と付き合い、失われた

青春を取り戻すんだ。そうしなければオレは、このままずっとダメなままだ……)

入学式から教室へと戻る際、ひとりになった結衣を発見します。

洋平は勇気を振り絞って、結衣に話しかけます。

「三谷さん、あの……」

結衣はゆっくりと振り返り、洋平を見つめます。

真っ赤になってしまった洋平は、それ以上話すことができません。

「洋ちゃん、久しぶり。また同じ高校だね」

結衣は穏やかに微笑みながら話します。

「う、うん。そうだね!クラスも同じだった、よね?」

結衣が微笑んでくれたことで、洋平もなんとか話すことができました。

「他の友達は別のクラスになっちゃってね。少し心細かったから、洋ちゃんが一緒で

良かった。これでさびしくないね」

にっこりと笑う結衣です。

「オ、オレこそうれしいよ。高校ではさ、仲良くしようよ」

「ありがと、洋ちゃん」

結衣は嬉しそうに微笑みます。

「ごめんね、私トイレに寄ってくから。教室に先に行っててね」

結衣は教室でまた会おうと、手を振りながら去っていきます。

トイレに行く結衣を見送りながら、洋平はしみじみと思います。

(良かった……生きてて……。うれしくて、泣けてくるよ……)

目頭ににじむ涙をぬぐいとりながら、洋平は顔をあげました。

その先には、見知らぬ美少女が立っていました。

「やぁ、こんにちは」「あ、どうもです……」

笑顔で挨拶をされますが、洋平には見覚えがありません。

(かわいい子だな。誰だろう?)

少女は静かに歩み寄ります。

「僕もね、君と同じクラスだよ」

少女なのに、自らを僕と呼ぶ女の子に少し戸惑いながら、目前まで近づいてきた少女の

顔を見つめます。

(この子、やばいぐらいにかわいい……)

「背が伸びたね。大人っぽくなったから、見違えたよ」

「え?あ、あの。どこかで会ったこと、あるの?」

「三谷のこと、まだ好きなんだね」

洋平の問いに答えることなく、少女は話を続けます。

「な、何を言ってるの?」

少女は片手をもちあげ、こする仕草をします。

「三谷でオナニーしてたの?ずっと……」

「は、はぁ??」

妙な少女に戸惑った洋平は、逃げるようにその場を立ち去ろうとしますが、その腕を

すばやく少女はつかみ取ります。

「一緒に行こうよ。僕らの教室へさ」

少女に腕を引かれたまま、洋平は1年1組の教室へ連れて行かれます。

少女は扉を開け、腕を組んで現れた洋平と少女に、クラスが静まり返ります。

「こっちだよ、こっち。ほら、行こうよ」

少女は臆することなく、洋平の腕を引っ張り、席へ連れていきます。

そこをトイレから戻ってきた結衣が見てしまいます。

突然のことに、少し驚いた様子を見せる結衣です。

「み、三谷。これはちがうんだ」

結衣に声をかけようとしますが、少女は洋平を強引に席に座らせてしまいます。

その隣に謎の少女は座り、洋平を見つめながら、「ふふっ」と微笑みます。

担任の先生が現れ、まだ席は自由でいいと告げます。

「先生の名は大塚拓実です。よろしくね~」

先生の話を聞きながら、洋平は隣に座る謎の少女に、違和感を感じていました。

(せっかく三谷と話せたのに。三谷、誤解してないかな?隣の女は、いったい誰だよ?

……あれ、でもこの子、どこかで見覚えがあるような……?)

「では先生が順番に名前を呼んでいくから、該当の生徒は立ち上がって、自己紹介して

もらえるかな?」

先生は出席名簿順と思われる順に、名前を呼んでいきます。

「亀川洋平!」

洋平の名が呼ばれました。

謎の少女と結衣のことで頭がいっぱいだった洋平は、慌てて立ち上がり、自己紹介します。

「三谷結衣です。よろしくお願いします!」

結衣も自己紹介しながら着席し、ちらりと洋平を見つめます。

「では次。室田慧!」

その名に、洋平と結衣は覚えがありました。

洋平の隣に座る謎の少女が、ゆっくりと立ち上がります。

「室田慧です。東京に住んでいましたが、中1のときに引っ越して、また帰ってきました。

隣に座る洋平くんと、三谷さんは幼馴染です」

少女の言葉に、言葉を失う結衣と洋平です。

「僕は、一応男ですが、実はもう男は止めました。下品な言葉や下世話な質問は止めて

くださいね。よろしくお願いします」

生徒たちが、ざわつき始めます。

「え、今の女の子、男って言った?」「でも、可愛くない?」

騒ぎ出す生徒を制するように、担任の大塚先生が説明します。

「室田は特別に、女子の制服で通学することを認めていますので、皆さん仲良くしてあげて

くださいね。今は多様性の時代ですから……」

隣の少女が誰なのか、ようやく気付いた洋平は茫然としています。

「け、慧ちゃん、なの……?」

「ふふっ。オナニーよりすごいこと、教えてあげるね。ただいま、洋ちゃん」

その言葉に、驚くことしかできない洋平と結衣でした。

 

おかえりアリスの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、おかえりアリスの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
おかえりアリスの最新話を読む

おかえりアリス 第2話 感想!

高校生になり、少しだけ男らしい容姿になった洋平です。

好きだった結衣と同じクラスとなり、勇気を出して声を出せたので、内面も少しは

変われたようですね。

そして謎の少女の正体は、やはり慧ちゃんでしたね。

洋平や結衣は気付いていなかったようですが、自分の性に悩んでいたのかもしれません。

今の時代ならありうる話ではありますが、慧が誰を好きだったのか伝わってきますので

今後は波乱が待っていそうです。

次回、「おかえりアリス」第3話は、7月9日(別冊少年マガジン8月号)発売です!

おかえりアリス3話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍