漫画ネタバレ

鬼の花嫁は喰べられたい22話ネタバレ!夜叉も同居する事に!?

2020年9月3日発売の花とゆめ19号掲載の「鬼の花嫁は喰べられたい」についてネタバレをまとめました。

鬼の花嫁は喰べられたいを無料で読む方法をまとめました!

鬼の花嫁は喰べられたいを無料で読む方法をまとめました!花とゆめで連載中の「鬼の花嫁は喰べられたい」を無料で読む方法をまとめました。 鬼の花嫁は喰べられたいを無料で読むならU-NEXT!...

【前回までのあらすじ】

指輪に興奮していつも以上に張り切る真白でしたが、真夏の暑さにやられて熱中症で倒れてしまいます。

彼女を介抱してくれたのは酒吞で、その姿に真白は不思議と見覚えがあり・・・?

鬼の花嫁は喰べられたい21話のネタバレはこちら!

鬼の花嫁は喰べられたい22話のネタバレ

秋の大収穫祭が迫る中、酒吞の部下である青年の鬼、夜叉はひどく悩んでいました。

収穫祭まであと1週間・・・

鬼の頭領である酒吞は新妻である真白にデレデレで、日々威厳を失いつつあります。

そんな彼が今のまま収穫祭に出てしまえば、鬼の威厳もあったものではありません。

(このままではいかん・・・!)

夜叉はついに、ある作戦を決行することを決めました。

それは・・・

「酒吞!本日より一週間!真白と触れ合うことは禁止だ!」

・・・こうして、今日より一週間、秋の大収穫祭まで酒吞は真白と触れ合うことを禁じられてしまったのです!

いつものように託児所で仕事に励んでいた真白は、イライラした様子の夜叉と納得の行かない表情の酒吞にその話をされました。

「威厳をとりもどすお手伝い?」

夜叉の話では、真白と触れ合っていると顔がデレデレとしてしまい威厳もあったものじゃないということで、一週間接触を禁じたいというのです。

真白はいつもの様子でほほえみながら、デレデレしている酒吞もかっこいいですと口にしましたが、夜叉は首を振りこう告げました。

「甘いな、真白」

きたる秋の大収穫祭、酒吞は演説を行う予定がありますが、それがこんな柔和な頭領では他のあやかしにも鬼たちにも示しがつかないと夜叉はいいます。

このままでは名声も落ちる、そう聞かされた真白は協力すると真剣に約束することに・・・

とはいっても、いきなり禁止といってもちゃんとできるか怪しいため、今日から一週間夜叉が酒吞たちの家に住み込みで監視を行うと言い出します。

・・・こうしてこの日は帰宅する道も、その後の家の中でのわずかな動きすらも逐一監視されることに・・・

帰り道手をつなぐことも、風呂上がりの酒吞の濡れた髪の毛をふくことも、うっかり手をつないでしまいそうなことも・・・

ありとあらゆることが禁止、禁止、禁止です・・・!

いつもは一緒に寝る2人でしたが、それも今日は禁止となり、障子1枚ではありますが2人は別々の部屋に隔てられ眠ることに・・・

お互いに寂しさを感じながらも、真白も酒吞も懸命にお互いに触れたい気持ちをこらえます。

酒吞はわざとお弁当を忘れて真白に口づけようと画策しますが、そこは真白がその意図に気づかずに静止しました。

「寂しいですけど、仕方ないですよね。お弁当に愛をたくさんこめました!」

もう少しの辛抱です、そう言って微笑まれ、酒吞は抱きしめたいきもちをぐっとこらえるのでした。

こうして何日かが経過したのですが、いつのまにか酒吞は昔のようにイライラと怒気をはらんだ形相へと後戻り・・・

部下たちは怯え、それをみていた夜叉は効果てきめんだな・・・とうなずくのでした。

・・・一方、真白はといえば託児所でこどもたちに心配されるほど寂しい気持ちに苛まれています。

あまりにつらそうな真白をみかね、こどもたちはプレゼントを用意してくれました。

「我慢し過ぎちゃだめ!これつかって!」

こどもたちの手作りプレゼントをみた真白はにっこりと微笑むと、大切に使うね、と嬉しそうにうなずきます。

・・・その日の夜、酒吞はいつもなら真白を抱きしめられるのにそれができず、イライラとして眠ることができずにいました。

隣で監視している夜叉はすやすやと寝息をたてているようでしたが・・・

突然真白が2人を隔てていた障子をそろりとあけました。

「あの、・・・酒吞さま?」

「真白!」

思わずガバっと起き上がった酒吞に、真白はそっと紙コップを手渡します。

その紙コップには真ん中に糸がとりつけられ、その糸の先にはまた紙コップが・・・そう、真白が手渡してきたのは糸電話だったのです。

「子どもたちがコレを使ってといってくれて・・・。これなら距離が離れていてもお互いを感じられますよ」

真白はそういうと、自分の方の紙コップをもって酒吞にそっとはなしかけます。

耳元で聞こえる愛しい真白の声・・・

酒吞は顔をほころばせ、自分もお返しだとばかりに真白にそっと愛を語りかけました。

至近距離で聞こえる久しぶりの酒吞の声に顔を真赤にする真白でしたが、2人は久しぶりの2人の時間を満喫します。

・・・寝息をたてたふりをしていた夜叉は、この程度なら目をつぶってやるか、と眉間2シワを寄せながら耐え忍ぶのでした。

鬼の花嫁は喰べられたいを無料で読む方法をまとめました!

鬼の花嫁は喰べられたいを無料で読む方法をまとめました!花とゆめで連載中の「鬼の花嫁は喰べられたい」を無料で読む方法をまとめました。 鬼の花嫁は喰べられたいを無料で読むならU-NEXT!...

鬼の花嫁は喰べられたい22話の感想

秋の大収穫祭の開催国としては、やはり演説はかかせないですし、頭領の威厳は必要ですよね・・・

でも怒りや我慢でイライラした様子が威厳と捉えるのはどうかとも思いますが・・・妖怪の国だと人の考えとは違った価値観が主流なのかもしれません。

次回の鬼の花嫁は喰べられたい23話が掲載される花とゆめ20号は9月18日の発売です!

次回の鬼の花嫁は喰べられたい23話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍