漫画ネタバレ

鬼の花嫁は喰べられたい2巻ネタバレ!キュンキュン人外×少女ラブ

鬼の花嫁は喰べられたい2巻のネタバレやあらすじを紹介します。

鬼の花嫁は喰べられたいを無料で読む方法をまとめました!

鬼の花嫁は喰べられたいを無料で読む方法をまとめました!花とゆめで連載中の「鬼の花嫁は喰べられたい」を無料で読む方法をまとめました。 鬼の花嫁は喰べられたいを無料で読むならU-NEXT!...

【前回までのあらすじ】

偉大な鬼である酒天童子の妻となった真白は、鬼に食べられるために育てられてきた少女でした。

お互いがお互いに片思いをしていた2人は、結婚してからも好意がからまわってしまいます。

鬼の花嫁は喰べられたい1話のネタバレはこちら!

鬼の花嫁は喰べられたい2巻のネタバレ

第6話

真白にどう接したらいいかと考えていた酒吞、そして真白の方もどうアプローチをすればいいかと思い悩んでしましたが、2人の関係に変化が訪れていたのです!

朝から酒吞は真白をぎゅっと抱きしめて離しません。

新婚らしいラブラブな毎日にとろけてしまいそうな真白は、なにか嫁としてもっとできることはないのかと考えていましたが、お弁当を渡し忘れていたことに気が付きます!

仕事先では酒吞はだらしない表情で真白の事を考えて仕事の手が進みません。

夜叉がブチ切れそうになったところで、彼はようやく仕事モードに切り替えました。

酒吞が仕事をはじめた頃、ちょうど仕事場である鎮守府の門の前には真白がオロオロとしているところです・・・

「困ったわ・・・」

門には巨大な鬼の顔がついており、彼らは訪問の予定がないものは通せない!と怒鳴ってきたのでした。

どうしたら酒呑童子にお弁当が渡せるだろうかと考える真白でしたが、そこへ1人の青年が歩いてきます。

彼は真白の肩を抱くと、彼女は自分の連れだから一緒に通してもらうといい真白をつれて鎮守府の中へと入ってしまいました!

驚く真白でしたが、その男は真白から酒吞の香りがするといいだし、ちょっと味見をしようと真白に口づけをせまってきます!

「それはダメです!」

真白は慌ててお弁当を彼と自分の間に差し込むと、その場から逃げ出しました・・・!

なんとか鎮守府へと入り込むことに成功した真白は狛丸を発見し、お弁当を渡しに来たのだと話します。

そして、酒呑童子をコッソリと眺めてうっとりとした表情をみせていたのですが・・・

その背後からまたも入り口であったあの男がやってきました!

彼は真白の弁当を1つ拝借しており、それを盗み食いしていたため、真白は盗みはいけません!と注意をします。

狛丸は、慌てた様子でこの御方は・・・!と真白に伝えようとしましたが、その瞬間戸が横に引かれ中から手が伸びてきました!

「俺の嫁だ、さわるな」

そういって真白を抱き寄せたのは酒呑童子でした!

彼は真白に、目の前の男は妖狐族の長である玉藻だと説明します!

第7話

目の前の青年が妖狐族の長だと聞かされ驚く真白でしたが、酒呑童子はイライラと玉藻を睨みつけていました・・・

玉藻と今にも取っ組み合いになってしまいそうな時、夜叉があらわれ酒吞を強引に引き止めてくれます。

そして彼は、玉藻になぜ鬼ノ城にきたのかお忘れでは?とりんとした表情で告げました。

・・・そう、玉藻がなぜこの城へやってきたかといえば、それは妖狐族と鬼族の和睦のためだったのです!

和睦の書にサインをするだけでいいというはずだったのですが、玉藻は突然和睦をするには真白を一日レンタルしたいといいだします!

酒吞は怒り狂い、真白をレンタルさせるくらいなら戦争を再開する!と怒鳴りますが、真白が慌ててそれを止めました。

「私でお役に立てるのなら!」

そういって意気込んだ真白は、結局玉藻と2人きりになるはずだったのですが・・・

鬼ノ城の中庭で、茶屋のような椅子に座らされた玉藻の横には、酒吞に抱きかかえられた真白の姿がありました。

酒呑童子は自分は椅子の役だから問題ないと主張し、その滑稽さと必死さに玉藻は笑いがこらえきれません。

そのまま会話を続けていると、玉藻はこの前のまつりで自分たちが催した大食い大会で1位となったのが真白だと気づきます。

彼女が食を愛し、お米を大切に炊き上げてくれていたのだと知った玉藻は、食の話題で彼女と意気投合しほほえみました。

そんな2人にイライラとしっぱなしな酒呑童子は玉藻を睨み、真白は真白で玉藻の美貌に一切惑わされず、空腹のあまりお腹を鳴らしてしまいます・・・

玉藻はありえない2人の対応に大笑いし、気に入った!というと和睦の書類にサインをしてくれました!

そして、真白の手にキスをすると、和睦を永遠に紡がんと誓ったのです!

こうして風のように去っていった玉藻でしたが、和睦が結べてよかったと微笑む真白に対し、酒吞はすっかりスネてしまいました・・・!

第8話

玉藻が帰った後、酒吞はずっとムスッとしたまま・・・

このまま仕事の邪魔をするわけには行かないと帰ろうとした真白を、なんと酒吞は”託児所”にあずけてしまいます!

夜叉は妻を託児所に預けるのはさすがに・・・と苦言を呈しますが、酒吞は安全のためだからといいました。

もうすぐ夕方であり、暗くなり始めると危険なアヤカシも出始めるかもしれないといわれ、夜叉はそれならまあ合理的に判断したのか、と納得します。

・・・その頃、託児所にソロリと入った真白は、日向ぼっこをしてお昼寝をしていた巨大な猫又に出会いました!

猫又のおなかには小さなアヤカシたちがくっついて眠っています。

猫又は師匠と呼ばれていて、誰かに助けてもらいたいにゃーとつぶやいていました。

真白はすぐにお手伝いを・・・と申し出て、晩ごはんを任されることに・・・

ぐちゃぐちゃの台所を片付けて、真白はありあわせの食材でおいしい卵とじ風の猫まんまをつくりあげました!

全員で和気あいあいと食事を始めている中、真白はそこで師匠に酒吞に怒られてしまって・・・と相談をもちかけます。

一部始終を聞いた猫又は、それは嫉妬で真白に起こっているわけではないにゃと助言をしてくれました。

そして、師匠は妖怪の世界をしるためにも、この託児所で働いてみるのはどうかと提案をもちかけてきたのです!

真白は、託児所でのお手伝いは酒吞の役に立てる行動かも!とやる気を見せましたが、帰宅後も酒吞はブスくれたまま、真白の顔すらみてくれません・・・

お風呂のあと、酒吞の前へとやってきた真白は酒吞の髪をふきながらしょんぼりとした様子に・・・

それをみて酒吞ははじめて、自分は真白をとられるとおも玉藻に嫉妬していたんだ!ときが付きました。

そして、そのことを真白に白状すると、彼女を強く抱きしめ「真白はオレのものだ」と宣言します!

真白もそれに同意し、自分は酒呑童子さまのものです!と伝えたため、酒吞は嬉しさから微笑むと、真白の首筋にキスマークをつけてしまいました!

「印つけたから」

そういわれ、真白は顔を真赤にしてうなずくのでした・・・

第9話

「わぁ!お山が真っ白に染まっています!」

その日の朝は一段と冷え込み、真白も酒呑童子も息を白くしながら家の外を眺めていました。

外の様子を見て、すっかり冬が来たのだと悟った酒吞は真白に冬支度をするから今日は一緒に頑張ろうと声をかけます。

まずは顔を洗い身支度を整えていた2人でしたが、ふいに真白が「託児所の手伝いをしたい」といいだしました。

それをきいた酒吞はあまりいい顔をしません・・・

それをみた真白は、自分はそんなに頼りないのかとしょんぼりとした様子になってしまいました。

酒吞としては真白を他の妖怪に見せたくないだけだったわけで、別に笑顔で送り出してもよかったのですが、言うタイミングがつかめなくなってしまいます。

冬支度をしながら話せばいいかと思う酒吞でしたが、テキパキと動き回る真白には話しかけるすきがありません!

結局陽もくれてしまい夜になった頃、2人の家に狛丸が尋ねてきました。

カゴにどっさりとみかんを積んできた狛丸は、冬の好物はみかんですからね、と微笑むと自分も冬支度を手伝うと言ってくれます。

酒吞は狛丸にどうやって真白に託児所のお手伝いにいっていいと切り出せばいいのか・・・と相談したため、狛丸が一芝居うってくれることに!

狛丸発案、料理対決がはじまります!

絶対真白が勝つのだから、真白が勝ったらご褒美として託児所でのお手伝いを許可することにしたらどうかという狛丸の提案に2人はのることに!

・・・ところが、最初に野菜を切り出した酒吞は真白に褒められるがまま華麗に野菜を切ってしまい、真白もそれをみて100点です!と満点をつけてしまいました!

「満点じゃ意味がないでしょ!」

そう突っ込む狛丸でしたが、結局この日は酒吞が切った野菜でお鍋を囲むことに・・・

勝負はお流れとなてしまいましたが、全員でこたつに入り、鍋をつつくと体も温まり美味しく食べることができました。

空気の入れ替えをしようと窓を開けた真白の元に、小さな雪ん子が冬を報せにやってきます。

雪ん子は褒美にみかんがほしいと告げ、真白はみかんをたくさん渡してあげました。

みかんのお礼かいたずらか、雪ん子は残りのみかんを凍らせて去っていきます・・・

冷凍みかんの皮をきれいに剥いて酒吞に食べさせてやった真白は、その褒美として託児所に手伝いに行くことを許されたのでした!

第10話

雪道を真白と一緒に歩く幼い男の子が1人・・・

「この道の先が山菜採りの穴場なんですって」

そういいながら男の子の・・・小さくなった酒吞の手を引いていた真白・・・

なぜ酒呑童子の体が小さくなっているのかと言うと・・・?

時は数時間前、託児所で働いている真白に舞い込んできたある提案から起こった話でした。

酒吞から許可をもらい託児所でテキパキと働いていた真白。

子どもたちも師匠と呼ばれた猫又も真白の働きには助かっていました。

なついてくれた子どもたちは、真白に最近流行りの山菜採りの穴場スポットをレクチャーしています。

そんな時、夜叉が真白をかりに託児所へとやってきました。

打ち出の小槌を師匠からかりると、夜叉は小槌とともに真白をつれて酒吞の元へと向かいます。

なんで小槌を?と不思議そうな真白に夜叉はいいました。

「酒吞を子供にしてもらうからだ」

なんでも、最近子供が行方不明になるという事件が多発しているらしく、雪山にむかっていった足跡のみが残されているという状態なのだといいます・・・

行方不明者は子供なため、囮作戦を結構するため酒吞が子供の姿になる必要があったのです。

それを聞いた真白は、子どもたちが行く山の奥の場所に心当たりがあるかもしれない!といいだしました!

・・・こうして、子供の姿となった酒吞と一緒に真白が現場へと向かうことに・・・

子どもたちに教えられた場所は、その場所だけ暖かく春の陽気に包まれていました!

それをみた瞬間、酒吞は周囲を見回し「これは結界か・・・」とつぶやきます。

周囲の木に結界がはられ、そのせいで雪ん子が入れないからこの場所だけ春のままだと説明した後、酒吞はその場に倒れ込んでしまいました!

驚く真白と狛丸の元に、大男の影が忍び寄り・・・

酒吞が目を覚ますと、そこは見知らぬ部屋で、彼の姿は大人の姿に戻っていました。

真白の声にあわてて隣の部屋へとおしいると、そこには紅椿と清十郎とよばれた顔見知りの鬼の姿が・・・!

そう、ここは2人が育てていた染料畑の一角だったのです!

仕事で使う染料の植物を育てるため、冬が来ないようにしていたら子どもたちが遊びに来るようになってしまい2人は困っていたのだといいます。

子どもが嗅ぐと2~3日は目覚めない香りの植物があるということで、意識を失い眠ってしまった子どもたちは寝かせてあると2人は語りました。

「一件落着ですな~」

狛丸はそういって笑い、酒吞と真白もホッと胸をなでおろすのでした。

第11話

子どもたちの行方不明事件は無事に解決し、久しぶりに顔なじみにあったのだからと酒吞と真白は紅椿たちの家に泊まることになりました。

狛丸は報告のため一足先に鬼ノ城へと戻ります。

「さ!夕飯の準備だ!」

そういって紅椿がとりだしたのは染料鍋でした!

お米が青紫色になってしまう!となんとかとめた真白は、自分も手伝うからその鍋はやめましょうといい、事なきを得ます・・・

2人は料理をしながら旦那がいかに素敵で、どのくらい自分が旦那を愛しているかと話し始めました!

それを聞きながら清十郎と酒呑童子は隣の部屋でお酒を飲んでいます・・・

照れた様子の酒吞をみて、清十郎は幸せそうな結婚生活でなによりだ、とほほえみました。

「まさか人間の嫁さんをもらってるとはなぁ」

清十郎の言葉に驚く酒吞でしたが、この2人は人に対して友好的な鬼だったため、酒吞は気を取り直して酒を飲み直します。

・・・こうして一緒に晩ごはんを囲むことになった4人。

紅椿たちはまた人間の友達ができてうれしいといいました。

実はこの2人、あの有名な泣いた青鬼の鬼たちだったのです!

人間の友達がほしい紅椿でしたが、鬼を怖がり人間たちは近づいてきてくれません・・・

そこで清十郎が一芝居うち、人里を襲う振りをするから紅椿に自分を退治してもらおうといいだしたのです!

作戦はうまくいき人間の友人ができた紅椿でしたが、自分がグルだったとバレたらいけないからと清十郎は紅椿の元を去ってしまいます。

そのあとを追いかけたのが、2人の馴れ初めなのだと紅椿は語りました。

食事の後は、男性陣が皿洗いや片付けを行い、今度は逆に女性陣が酒盛りを行います。

紅椿に「酒吞とはどこまでいったの?」と尋ねられた真白はまだなにも・・・と答え、それをきいた紅椿は2人が進展できそうな場所を用意してくれました!

夫婦円満に効果のある秘湯がある・・・そうきかされ露天風呂へとむかった真白でしたが、そこにはなんと、酒吞が入っていたのです!

(夫婦円満のご利益・・・まさか一緒のお風呂に入れってこと!?)

焦る2人でしたが、お互いの姿に2人して見惚れてしまいなんとなく良い雰囲気に・・・!

真白は勇気を振り絞り、そっと酒吞の肩に指先を触れさせました!

それをみて酒吞は笑うと、もっと豪快にふれあいたいといい真白を抱きしめます!

首筋、そしてさこつの辺りまで頭を下げて口づけてきた酒吞にドキドキとする真白でしたが・・・

とつぜん酒吞の頭がズシリ!と真白にのしかかります!

「酒吞さま・・・?」

困惑した真白の胸元で、酒吞はのぼせてしまい意識を失いかけていました!

「わ、わー!誰かー!」

その頃、紅椿は清十郎にしなだれかかりながら、今頃2人はイチャイチャしてるかね!笑っているのでした。

鬼の花嫁は喰べられたいを無料で読む方法をまとめました!

鬼の花嫁は喰べられたいを無料で読む方法をまとめました!花とゆめで連載中の「鬼の花嫁は喰べられたい」を無料で読む方法をまとめました。 鬼の花嫁は喰べられたいを無料で読むならU-NEXT!...

鬼の花嫁は喰べられたい2巻の感想

真白の天然っぷりと酒吞の好きだけど素直になれないところがキュンキュンしますね~!

ラブラブなんだけど、新婚さんなんだけど手が出せない2人に釘付けです!

鬼の花嫁は喰べられたい3巻のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍