漫画ネタバレ

【推しの子】49話ネタバレ!アビ子がGOAとガチンコ対決!?

2020年7月8日発売の週刊ヤングジャンプ32号掲載の「【推しの子】」についてネタバレをまとめました。

【推しの子】を無料で読む驚愕の方法とは?

【推しの子】最新刊5巻を無料で読む驚愕の方法とは?8月18日に発売する「【推しの子】」最新刊5巻を無料で読む方法をまとめました。 【推しの子】を無料で読むならコミック.jp! \...

【前回のあらすじ】

アビ子の様子を見に来た吉祥寺は彼女が無茶苦茶なスケジュール、さらに1人体制で仕事をしていることに苦言を呈しました。

2人でなんとか原稿を締め切りに間に合わせた後、吉祥寺は謝るアビ子に歩み寄りが大事だと言葉をのこします。

【推しの子】48話のネタバレはこちら!

【推しの子】49話リライティングのネタバレ

吉祥寺が彼女に手渡した封筒は、アクアから預かってきたものでした。

それは舞台のチケットで、吉祥寺に手渡されたこともあり彼女はすぐに舞台を観に行くことに・・・

GOAが脚本を担当した、アクアも観た例の舞台・・・

劇が終わった後、控室にいた雷田はスタッフの大声で飛び起きます!

「あの!!!お客さんに東ブレのアビ子先生が!!!」

雷田は慌てて控室を飛び出すとおもてなしの飲み物やお菓子などを用意させ、なんとか彼女をスタッフの部屋へと呼び出すことに成功しました。

「アハハ~、すみません先生の方にご足労させてしまいまして~」

一言いただければチケットくらい用意したのにとゴニョゴニョごまをすりながら話す雷田に、アビ子は今の舞台ってすごいんですね、と話し出します。

こんな舞台装置があるんだな~と納得できたし、脚本を書く参考になったと彼女はいつもの調子で淡々と話し続けるのですが・・・

雷田はいつもの調子でごますりを続け、アビ子先生が直々にライティングしてくれるなんて現場もファンも大喜び!といい続けましたが、ふとアクアの言葉を思い出します。

”今の状態をどうにかできるのって、雷田さんだけじゃないですか”

「・・・」

雷田はストン、と席につくと、突然真顔になり話し始めます。

「うん、いい機会ですし、もうお互いぶっちゃけましょう」

雷田は、自分は実はとても弱い立場の人間なのだとまずいいます。

所詮2.5次元のプロデューサーには版権の権利をどうこうするものなど持ち合わせてはいません。

出版社との関係が悪化すれば以降は雷田が関連するものにはその出版社の作品は出してもらえないでしょうし、そもそもアビ子が舞台を拒否すれば今からでも舞台はなくなります。

「脅しとかじゃなくて、アビ子先生には舞台を中止させる権利があるって覚えておいてくださいね」

そして、だからこそわかってほしいと雷田はいいます。

「その、確実に先生が書いた脚本は一字一句もらさず全部使う方針になります」

アビ子はむしろそのほうがいいが、といいますが雷田は首を振りました。

仮にアビ子の書いた脚本が、本来脚本家がだしたら即リテイクとなるようなものだとしても、現場はもうそれを使わざるを得なくなるのです。

アビ子はそんな事にはならない!と反論しかけますが、雷田はいいます。

「天才がいたとしても、小説畑での天才が漫画畑でもぶっつけ本番で本領を発揮できると思いますか?」

「・・・思いません」

舞台の脚本は漫画とは違う・・・それと同じで、雷田はいい舞台に仕上げたいからなんとしても脚本家であるGOAに話を書いてほしいのだと主張します。

それでも、アビ子にはその脚本は使えないから自分の脚本を使わないなら舞台を許可しないという権利があるのだと雷田は語気を強めて語りました。

今回の舞台の脚本はGOAで、この舞台が良かったと少しでも思えたのならもう一度彼にリライトさせてくれないかと雷田はいいます!

アビ子は反発しかけますが、歩み寄りの言葉を思い出してある条件を提案しました・・・

その条件とは、リアルタイムで脚本データを共有しながら通話しつつ脚本を作り上げるというもの!

通話にはアビ子、そしてGOAと雷田が参加することに・・・

(これだけはやりたくなかった・・・最悪仲違いで舞台は終了・・・本来仲介屋として最もやっちゃいけないやり方だけど・・・!)

もうコレしか方法がないと雷田は苦渋の決断を行ったのです!

激しい言い合いが行われますが、やはり大人数の間を伝言ゲームにならなかったこともあり、アビ子は意外にもGOAの書いた話にすぐ納得してくれました。

「あの・・・先日GOAさんの舞台みたんですけど・・・とっても好きです・・・」

照れたようにうつむいてそうつぶやいたアビ子をみて、GOAは大笑いします。

「普段はああいう作風なんですよ!」

東ブレの舞台もぜひああいう風にしてほしいとアビ子はいいだし、それに気を良くしたのかGOAはうなずきました!

2人は大笑いしながら楽しく脚本を組み立てていき・・・

アビ子が大納得して仕上がった脚本は、とんでもないものとなってしまったのです・・・

「ちょっとGOAくーん!?」

明け方まで続いた作業から一度離脱していた雷田は、提出された脚本を確認して頭を抱えてしまいました。

(クリエイター同士が一致団結すると尖ったモンになっちまうんだよー!!!)

とはいえ、今更これを修正する時間などあるわけもなく、何よりゴネていたアビ子が納得した脚本ではあったのです。

こうして仕上がった台本を手渡された役者陣たちは絶句しました。

「ちょ、ちょっとこれ・・・」

「説明セリフほぼなくない!?」

「動きでどうにかするとこばっかり・・・」

そう、この台本・・・役者の動きですべてを補完しないといけないとんでもない難易度の脚本に仕上がってしまっていたのです!

【推しの子】を無料で読む驚愕の方法とは?

【推しの子】最新刊5巻を無料で読む驚愕の方法とは?8月18日に発売する「【推しの子】」最新刊5巻を無料で読む方法をまとめました。 【推しの子】を無料で読むならコミック.jp! \...

【推しの子】49話リライティングの感想

GOAと和解できて本当によかったー!でもとんでもない作品になってしまっていましたー!

いよいよアクアたちの出番がやってきましたが、どうなっちゃうのでしょうか!?

次回の【推しの子】50話は週間ヤングジャンプ33号、7月15日掲載となります!

【推しの子】50話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍