漫画ネタバレ

【推しの子】52話ネタバレ!アクアとの関係はあかねが一歩リード

2021年8月5日発売の週刊ヤングジャンプ36・37合併号掲載の「【推しの子】」についてネタバレをまとめました。

【推しの子】を無料で読む驚愕の方法とは?

【推しの子】最新刊5巻を無料で読む驚愕の方法とは?8月18日に発売する「【推しの子】」最新刊5巻を無料で読む方法をまとめました。 【推しの子】を無料で読むならコミック.jp! \...

【前回のあらすじ】

倒れたアクアの介抱に向かったあかねは、そこで彼女だからと彼の保護者の男性から過去のトラウマについて聞かされます。

その話を聞いているうちに、あかねはアクアがアイの隠し子なのではないかと気が付き・・・?

【推しの子】51話のネタバレはこちら!

【推しの子】52話カレシカノジョのネタバレ

アクアを介抱したまま家へと一緒にやってきたあかねは、そこで成り行きのままご飯を作ることに・・・

手際よく美味しい晩ごはんを作ってみせたあかねに五反田監督はすごいうまいな!手際も良い!と感心するのでした。

褒められたあかねは照れますが、アクアは特に何もリアクションを取りません。

あかねはそんなアクアに対しても気を使ってあげるのでした・・・

食事の後、あかねは五反田に招かれる形で彼の私室へと案内されます。

そこにはアクアがかつて子役時代に出ていた作品がずらりと並んでいて、五反田の弟子だったのだとしったあかねは驚きました。

「私アクアくんがやってたの昔のやつみてみたいです!」

ワクワクとした表情でそういってきたあかねに、五反田はうーん、と返事を濁しますが、いつもなら嫌がるアクアは別に構わないと言ってきました。

アクアは自分は一緒に見ないからというと部屋から出ていってしまいましたが、ひとまず五反田とあかねは過去作をいくつかみることに・・・

「・・・あんまり人には見せたくないと言ってな・・・」

アクアがそう言っていたのだと五反田が伝えると、あかねはまあわかるかもしれませんね、とうなずきます。

「これ、用意された演技ですもんね」

台本の流れどおりに、叩かれて痛いシーンだから痛がり、怒られて悲しいから泣くシーンだから泣いている。

そんな演技には反射神経の鈍さが見え隠れするものなのだとあかねはいいます。

「演技、全部事前に作っちゃってるから・・・演じてる感が出ちゃうんですよね」

・・・この時の演技でも演技指導で母親が亡くなったら~のようなことをいわれたアクアはパニックの発作を起こしてしまったといいます。

とはいえ、アクアは器用なところがあり、一度見た演技をコピーして切り貼りし、適切な役として演じることができるのだと五反田は語りました。

「俺からしたらそれは才能なんだがなぁ」

・・・五反田の話を聞いた後、あかねはベランダで涼んでいたアクアの元へとやってきました。

そして、どうしてアクアは演劇をやるの?と尋ねます。

「なんでもいいだろそんなの」

「ううん、大事なこと。やっぱり有名になりたいから?お金?それとも・・・」

「そういうあかねは?」

アクアはあかねからの質問から逃れるように、逆に質問をし返します。

あかねはその問いに演技がたのしいからと答えましたが、アクアはそれをきくと不愉快そうな、他人に対するような表情をつくって答えました。

「俺がなんで役者をやろうとしてるかなんて、きっとわかんないとおもう」

アクアは自分が役者をやる”動機”をあかねは理解できるわけがないといいきります。

あかねはそうやって自分との間に幕をおろされたことでふくれっ面になり、そうやって自分は他人とのコミニュケーションを閉ざしてしまうと言い返しました。

「・・・もし、俺が役者になりたい理由が人殺しだったら?」

アクアの思わぬ本音を聞かされたあかねは、驚きもせずに、ただニコリとほほえみます。

「そしたら一緒に殺してあげるね」

アクアの表情は切羽詰まった仄暗い感情が見え隠れするものでしたが、あかねの表情は底のしれない、鏡のような表情でした・・・

アクアはすぐに閉口してしまい、そしてあかねにそんなこと言うもんじゃないよとたしなめるような言葉をつぶやきます。

あかねは笑いながらアクアが殺したいと思うのであればちゃんと理由があるはずだからといいだしました。

「正しいかとか、間違ってるかとか、そういうことじゃないの」

自分はありのままのアクアを受け入れたい、もし罪を背負うつもりなら自分も一緒に背負いたい、それが彼女としてのあり方だから・・・

あかねの言葉にアクアはポカンとしますが、あかねは突然ある取引を求めてきました。

「私、有馬かなに勝ちたいの」

今の劇の状態ではかなと姫川のコンビには到底勝てそうもないのだともらし、だからこそアクアと自分でペアをくんで打倒したいのだとお願いしてきたのです。

「そうだな、彼女に恥かかせないようにするのは彼氏の努めだ」

・・・こうして決断したアクアは五反田に助けを求めたのですが・・・

舞台の台本を読んだ五反田は、感情演技がある程度必要なトリッキーな台本じゃないかといいます。

「俺はお前に、すごいと思われる役者じゃなくて、作品作品にぴったりな演技ができるようになれと言っていたな」

弟子であるアクアに、五反田はずっとそういい続けてきたのです。

それを踏まえた時、今回の舞台に必要な演技・・・それは・・・

「感情演技だ、明日から特訓つけてやる、稽古おわったらかならず来るようにしろ」

【推しの子】を無料で読む驚愕の方法とは?

【推しの子】最新刊5巻を無料で読む驚愕の方法とは?8月18日に発売する「【推しの子】」最新刊5巻を無料で読む方法をまとめました。 【推しの子】を無料で読むならコミック.jp! \...

【推しの子】52話カレシカノジョの感想

五反田監督にここまでさせるとは・・・!アクアの才能を彼がかってくれているのか・・・それとも何か罪悪感でもあるのでしょうか?

それはともかく、アクアの感情演技・・・アクアはトラウマを乗り越えられるのでしょうか!?

次回の【推しの子】53話は週間ヤングジャンプ39号、8月26日掲載となります!

【推しの子】53話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍