漫画ネタバレ

パラレルパラダイス155話ネタバレ! 燃え尽きるほどの想い!!

2021年5月24日発売の週刊ヤングマガジン26号掲載の【パラレルパラダイス】についてまとめました。

パラレルパラダイスを無料で読む方法はこんなにあります!

パラレルパラダイスを無料で読む方法はこんなにあります!ヤングマガジンで連載中の「パラレルパラダイス」を無料で読む方法をまとめました。 パラレルパラダイスを無料で読むならU-NEXT! ...

【前回のあらすじ】

「崩月が始まってから交尾しても間に合わない!!交尾しないと死んでしまうんだ!!」

この世界に来てから自分の欲望を抑えきれない陽太は、多くの女性と”交尾”をしてきた。

最早彼のハーレム無双。

しかし交尾をしなければ、ユーマは嫉妬深い神の呪いで死んでしまう!

至って真面目に説得する陽太と、断固それを拒否したいユーマ。

愛する人が目の前で好きでもない男に抱かれ、あまつさえ自分も抱かれようとしている状況。

(耐えられるわけがないだろ···)

ミミとメイ、それに自分が居なくなってもトリスがいる。

(トリスにこの街を導いてもらおう)

「お前を殺すのはやめる。私の分まで長く生きてこの街を守ってくれ」

そして後継者を決め、またその者が街を守っていく。

しかしトリスにはユーマがいない世界なんて考えられない。

「ユーマが一緒でなければ無理です!!」と必死に説得するトリスだが···。

ユーマは聞く耳を持たず死を覚悟している表情だ。

崩月がこの世界に生きる人間の宿命なら、例の塔の上で今まで守ってきた街を見ながら最期を迎えるつもりでいた。

「さようなら トリス」

ガシッ

別れを告げて退室しようとするユーマの腕を、陽太は強引に掴んだ。

「まだ崩月は始まっていない!今交尾すればきっと助かる!」

説得する陽太の言葉に納得出来ないユーマ。

しかしトリスは陽太と交尾したことで、自分の生き方を見つめ直した。

「命の瀬戸際で何故今出来ることをしなかったんだって、昔あなたは私に言いましたよね!?」

「逃げないで自分と向き合って!!」

真正面から自分と向き合ってくれたトリスに、感化されたユーマ。

「分かった···だが見られていると恥ずかしから皆出ていってくれ」

ルーミと一緒に部屋の外に出ていったトリスは、愛する人が他の男に抱かれることを事実に涙する。

しかしそれで彼女が助かるなら、そうするしかない。

トリス達が立ち去った室内。

「時間がない。パンツを脱いで尻をこっちに向けてくれ」と指示されたユーマは、最早普通の女の子。

頬を赤くしながらも陽太に言われた通り下着を脱いでいく。

それの様子をガン見していた陽太は、心の中でガッツポーズ!

こんなにも可愛くて強い女の子の秘部を、まじまじと見れるのは実に幸せだ。

元の世界に戻っても体はボロボロ···ならば少しでもこのラッキータイムを楽しみたい。

「お前の股間はネギ臭いな。ひょっとしてお前の好きな食べ物はネギか?」と陽太は言葉攻め。

「うるさい!!余計な会話をするなと言ったじゃないか!?」

「分かったよ ならいくぞ」

(せっかくムードを作ろうと思ったのに···)

少し不満な様子の陽太だが、ユーマの希望通り即座に彼女の秘部に己のムスコを挿入。

ドリュッ

激しい動きで確実にユーマをイカす陽太。

「くそっ首輪が出ない」

しかし呪いから解放された様子のないユーマを見て焦りだした。

呪いが解けた場合はうなじに特殊な印が出来るはずだ。

陽太は更にユーマの秘部の中で自分のムスコを激しく動かした。

男と始めて交尾した彼女はそのあまりの快感の虜に。

世界を変える男のパワーは普通ではない。

ガチャッ

事を済ませ部屋から出てきた陽太。

しかし何故か彼は浮かない顔で···。

陽太の顔に浮かぶ険しい表情が意味することとは一体?

パラレルパラダイス154話のネタバレはこちら

力なく横たわる最愛の人!しかし世界の平和の為には前に進むのみ!

命を繋ぐ為とはいえ、恋人でもない男に抱かれるのは辛い。

ユーマはトリスに合わせる顔がなかった。

しかし”情通の輪”が出たことで、ユーマ自身の崩月の発生を防げたのは事実。

「私は確信したよ陽太」

「···この世界を救えるのは···お前だけだ···」

自身やトリスに起きたことを考えれば、陽太がこの世界唯一の救世主だと認めざるを得ない。

「仁科に会わせてくれ」と頼んだ陽太に、ルーミは複雑な顔をした。

仁科との対面!世界を救う為には仁科か世界か選択肢は一つだけ!

場面は切り替わり、仁科が保護されている場所に向かった陽太。

三千年前にこの世界へ転生したことは覚えていないが、陽太の知っている幼馴染みの仁科のまま。

陽太と過ごした頃の記憶はちゃんと覚えている。

「もう今日は交尾した?」

「はあ?一体何のことだ?」

仁科は自分の醜いところも沢山見てきた。

(流石にもう俺のことは好きじゃないよな···)

それは陽太の自業自得。

しかし仁科はこんな世界では仕方ない、あなたは間違っていないと言ってくれた。

(俺だって間違ってはいないと思う。でも誰とでも寝る男を好きになる女はいないだろう)

まあ自分以外の男を知らないルーミを除いて。

とにかく仁科が病院の窓から落ちた瞬間、この世界の三千年前に転生したのは事実だと説明する陽太。

仁科はこの世界に呪いをかけ、陽太が解除するまでゴールドスリープ状態だった。

解除した時は三千年前の記憶が全てなかったわけだ。

記憶を失う前の仁科なら何か知っているかもしれないと思った陽太は、記憶を司る魔女·サーニャに記憶を戻してもらった。

だが戻ったのはこの世界に転生する前の記憶だけ···。

残された呪いの解除方法は仁科を殺すことのみ。

仁科はそのことも既に聞いているから知っている。

「この世界の誰もがお前を殺したがっているが、俺には仁科を殺せない」

カルンナッハという街に仁科を殺す剣があることは魔女から聞いた。

···が未だに剣を探しに行くつもりになれない。

「私はその剣をあなたに持ってほしいな」

こう話した仁科は、「陽ちゃんがその剣を持っていても何も怖くない」という。

知らない人が持っているより、陽太が持っていたほうが安心だ。

「陽ちゃんには私とこの世界のどっちを救うのか選んで欲しいの」

世界を救うと誓った心が揺れた···。

パラレルパラダイスを無料で読む方法はこんなにあります!

パラレルパラダイスを無料で読む方法はこんなにあります!ヤングマガジンで連載中の「パラレルパラダイス」を無料で読む方法をまとめました。 パラレルパラダイスを無料で読むならU-NEXT! ...

パラレルパラダイス155話燃え尽きるほどの想い!!の感想

陽太に抱かれたユーマですが、トリスへの愛は揺るぎませんでした。

彼女の命を救う為とはいえ、陽太には酷な役回りだったかもしれません。

いずれにせよユーマとトリスの2人は、陽太との交尾で救われたわけです。

さて仁科か世界を救うかの選択を迫られた彼は、一体どうするのかが気になります。

これは私の予想ですが、誰も犠牲にしない方法を探るのではないでしょうか?

陽太の性格からしたら、誰か一人でも犠牲になるのは嫌なはず。

でなければ交尾を断ったユーマを、引き止め救わなかったでしょう。

欲望に忠実だったのも事実ですが、陽太は誠実で優しい男なのには変わりはありません。

どうにか全員が助かる方法を見つけてほしいですね。

パラレルパラダイス【156話】が掲載される週刊ヤングマガジン2021年28号は6月7日に発売されます。

パラレルパラダイス156話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍