漫画ネタバレ

Reader〜活字中毒者が大魔導士の後継ぎになった〜75話ネタバレ!破壊者達!

ピッコマで掲載中のReader〜活字中毒者が大魔導士の後継ぎになった〜【75話】についてまとめました。

【前回のあらすじ】

(一体誰があの召喚魔法を···)

調査によると殺人鬼集団を倒した人物は、ダークベビーを使用したと判明している。

あれは特別なスキルなので扱える者は極少数。

さてこの件について占い師ロウルはマスターに報告。

「それはラグムードの”ダークベビー”のことだ」

今のところ召喚したのが誰かは分からないがアイラッグ侯爵がその人物を捜索中だという。

判明するのも時間の問題だ。

場面は切り替わりルミナ湖の畔。

最上と幸正は再びここで合流しアルゴニル山脈を目指す。

このまま進めば明日にでもヘードレンに到着するはずだ。

さてここで謎の男が薄気味の悪い笑みを浮かべている場面に切り替わる。

男の視線の先には檻に閉じ込められた複数のモンスター。

彼は来るべき破滅の日を強く望んでいた。

「マスターのお手紙を届けに来ました。」

そこにフードを深々と被った男が登場。

マスターからの手紙を渡し去っていった。

(ダークベビーが現れた?まさかラグムードが再出現したんじゃ···)

もしかしたら跡継ぎのことかもしれない。

「出来るだけ時間をかけるな···か。」

「まあ4日もあれば準備出来るな」

魅惑の森

移動中の最上のレベルは357、この調子だとヘードレン到着まで400は難しい。

思ったよりレベルアップ出来なかったことで微妙な気分の最上。

ここで場面が切り替わり現実世界。

現在水戸がパソコンでSランクユーザーの位置を確認していた。

デュークは魔界、智博はライガス山脈。

ライガス山にいるということはヘードレンを目指していることになる。

「もしヘギラムの悪魔の巣窟に入って魔界の入口を見つけたら···。」

翌日

最上と幸正の次のクエストは、カルンの宝石と封印された場所の二つ。

特殊クエストということで、伝説のアイテムが手に入る可能性がある。

ピコン

「ダークベビーが消えました。」

そんな時、突然消えた護衛のダークベビー。

どうやら熟練度が上がり、ダークベビー2体召喚が可能となった様子。

因みに継続時間は20分、チャージタイムは5秒だ。

更になんとダークベビーは人型に進化。

攻撃命令を忠実に守るだけでなく言葉も話せる。

レベルがもっと高まればどんな進化を遂げるのか楽しみだ。

さて再び場面は現実世界に切り替わる。

パソコンの画面の前にいるのはラグドギア製作者の神藤皇士。

魔界に入ったデュークと魔界に向かう最上に興味津々。

「どちらが先にゴッド級のレシピボックスを手にするか楽しみだ。」

Reader〜活字中毒者が大魔導士の後継ぎになった〜【74話】のネタバレはこちら

魔界の町を破壊する人間達!このままでは魔界存亡の危機に!

最上と幸正の2人はヘギラムに到着した。

そこから少し歩いた場所にあるのは悪魔の巣窟。

じめじめとした洞窟内は、死霊や悪魔系が出そうな雰囲気。

悪魔の巣窟には魔界に繋がる扉があるらしい。

洞窟に足を踏み入れた途端、特殊クエスト”破壊された封印”が発生。

さてここで幸正に侯爵から急ぎの呼び出しが。

仕方なく侯爵の元へと急ぐ幸正。

ここからは最上一人でカルンの宝箱と魔界の扉の捜索をすることになる。

しばらく進んだ場所で魔犬らしきモンスターが襲撃してきたがすぐに撃退。

それにしても魔界への扉が破壊されているのに、あまりモンスターがいないのはおかしい。

更に奥に進むと魔犬の群れが待ち構えていたが、今の最上の敵ではなかった。

ポイズンストーム一発で撃退できた。

さて魔界を探索中のデュークはというと?

パートナーの女子2人と魔界の町を複数破壊。

例え大きな町でも順番に片付ければ問題ない。

さてデューク達は地下に繋がる階段を見つけ謎の図書館へ!

しかし何も見つからず戻ることにした。

場面は再び悪魔の巣窟を探索中の最上に戻る。

彼は遂にカルンの宝石箱を発見し、そこからハンターカルンの防具箱を取り出した。

ハンターカルンの防具箱を使用するとレジェンド急の防具が入手可能。

最上がゲットしたのはロスティウムの鎧(下)

しかし追加効果は今一で、急激なパワーアップにはならなかった。

ここで場面はデューク達が破壊した町に戻る。

無数に横たわる魔族の死体。

それをみた魔族の幹部らしき男2人は、一体誰がやったのかと驚愕。

もう一人の男が占ってみると犯人は3人の人間。

アミルレルタの奴らではなかった。

「どうする?」

「まずはリガドル様に魔界に人間が現れ暴れていると報告しよう」

このままでは他の町も危ない!

2人は上司であるリガドルの元へと急いだ。

Reader〜活字中毒者が大魔導士の後継ぎになった〜75話破壊者達!の感想

今のところ主人公は強すぎて物足りない様子。

レベルアップが頻繁に発生するお陰で、強いモンスターも雑魚敵に見えるのでしょう。

ポイズンストームとダークベビーさえあれば、今回のクエストもクリア出来そうな勢いです。

さて魔界の町を破壊中のデューク達も、最上に負けず強いですね。

しかしやっていることは魔族から見れば破壊者。

彼らが悪なのか正義なのか分からなくなりました。

今のところは経過観察をしないと、正義の味方は誰なのか判断出来ません。

とりあえずリガドルという魔人はどんなキャラなのか、登場するのが楽しみです。

そして最上が魔界の扉を発見すれば、デューク達と必ず鉢合わせになるでしょう。

その時はどんなことが起きるのかワクワクしますね。

Reader〜活字中毒者が大魔導士の後継ぎになった〜【76話】はピッコマにて7月12日に掲載されます。

次回のReader〜活字中毒者が大魔導士の後継ぎになった〜76話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍