漫画ネタバレ

緑陰の冠20話ネタバレ!ランとユフタスの腹の探り合い!

「緑陰の冠」20話についてネタバレをまとめました。

緑陰の冠を無料で読める方法を徹底調査しました!

緑陰の冠を無料で読める方法を徹底調査しました!ピッコマで連載中の「緑陰の冠」を無料で読む方法を調査しました。 緑陰の冠が読めるサービスは? 配信サイト 配信状況 ...

緑陰の冠を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

緑陰の冠を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめピッコマで連載している「緑陰の冠」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 緑陰の冠を配信している全部の電...

「緑陰の冠」20話ネタバレ!

簡単に死なれるのは困る、と言うユスタフ。

確かに、体は丈夫な方がいい、と、ランもその意見に同意します。

さらにユスタフは、自分を当主にする計画のことだが、計画に変更はあるか、と、ランに尋ねてきました。

それに対してランは、計画は全くそのままだ、2年後にユスタフが19歳になったらランが当主の座を譲る、という計画に少しも変更はない、と断言します。

ラン自身、当主という大変な仕事をいつまでも続けていられるわけがない、と、思っているのです。

ユスタフはその返答に納得し、続けて、自分が当主になったらランはどうするのか、と尋ねます。

考えたことがなかった、と言いつつ、ランは考え、思いついた顔をしながら、同盟を結ぼう、と言い出しましたー。

まずは、ユスタフが当主になるまでであり、ランは、ユスタフが当主になった後で自分を殺したりするのもダメだ、と念を押します。

そんな発言をするランに、ユスタフは、出された料理を何事もなかったかのように食べるランは、バカなのか、それとも肝が据わっているのか、と考えつつ、

ランは自分を裏切ることができる唯一の人間だ、と言い、

裏切らない、と言いながら、ユスタフを睨みつけるラン。

ユスタフは、”裏切る”と言う言葉が自分の口から出てきたことに自分で驚きながら、

”裏切られる”ということは”信じていた”、ということと同義であり、

まるでランは、己の首を差し出して”私を信じて”と言っているようだ、と思うのでした。

ユスタフは、疑わしい行動を有り余るほど起こしておいてなんなのだ、とも感じていますが、ユスタフも人のことはとやかく言えません。

そうして、同盟を結ぶことに同意したユスタフ。

ランとユスタフは、詳細を詰めることにします。

先ず、ランが、お小遣いも必要だ、と言って話を進めると、ユスタフは、それならば公爵邸の私有金庫から自由に使っていい、と言いますが、

公爵邸の財政状況はマイナスです。

それでもユスタフは、今はそうだが、お金が入ってきたら必要なだけ使って構わない、と続けました。

しかしランは、ラチア当主ではなく、ラン自身個人のお小遣いが必要なのだ、と訴えます。

しぶしぶ承知するユスタフ。

これで同盟成立です。

ユスタフは、自分が当主になった後はどうするのか、と尋ねますが、ランはそこまで考えていませんでした。

そこでランは初めて考え始めます。

ラチアの公女としてここに留まるのならばやはり結婚か、こういった展開だと準主役タイプの男キャラと結ばれるのが定石だけれども、自分のタイプではない、と、

ランがあれこれ考えていると、突然、ユスタフがランの頬に手を添えて、

それより、顔色から疲労の色がすっかり消えたようだ、と言いました。

そんなユスタフの行動に、少し戸惑うランでしたが、3日間も寝てれば疲労も取れるものだ、と笑って返します。

改めて思い出すと、確かにここ最近のランは仕事づけの毎日でした。

ランは自分でも、それで頭の中がスッキリしているのか、と合点がいきました。

ユスタフは、それでは、処分と同盟ついて、夜に話の続きをしてもいいか、とランに確認をし、ランの了承を得ると、部屋を後にしました。

ユスタフがいなくなった後、ランはお茶を淹れ直し、

ユスタフは、自分のことが好きなのか嫌いなのか、利用しているだけなのか、さっぱりわからないが、

嫌いな人間に食事を持ってきたりはしないはずだから、嫌いではないのだろう、と考えながら、お茶を飲みましたー。

その後、事は思ったよりも厄介になりました。

夕食の席で話を再開すると、叔父は、ロビーがランを襲ったのはロビー単独の行為で、ロビーがランに夢中だったからだと主張したらしいのです。

夢中ならば襲ってもいいとでも言うのか、と、ランが言うと、ユスタフは、若気の至だと言っていた、と報告します。

ランがユスタフの意見を求めると、ユスタフは、このまま放置してないけないと思う、と述べ、

ランもそれに同意し、それは自分が悪役になればいいと言うことか、と見解を述べます。

それに対してユスタフは、その必要はない、本来ならばロビーを死刑にするつもりだったが、

追放令にしてリンドバーグ男爵家の爵位継承権を剥奪しよう、と提案します。

地位を取り上げてみんな追い出す、と言っていたはずでしたが、領民たちの間で評判が悪くなるし、その価値もないと、ユフトスは考えます。

そこまで聞いたランは、それでもロビーは牢に閉じ込めておくべきでは、と言いましたが、

ユフトスは、追放する、と提案し、ランは、それに合わせて叔父の邸宅への出入りも禁止しよう、と合わせました。

習慣や司法制度は難しいものなのです。

ラチア公爵家は広大なので裁判部が設けられていますが、今回の件は血縁者同士の問題なので、裁判官はランになります。

後々リンドンバーグ男爵から嘆願書が送られてくるかもしれませんが、無視をすればいいだけの話です。

とにかく叔父の件が片付いたことは喜ばしいことであり、これで男爵家がユスタフの邪魔をすることもなくなりました。

ランは、少しでもユスタフに苦労をかけないように、ユフタスがヒロインのシナと幸せになれるように、

他の家門にも借りた借金を返さないといけない、と考えるのでしたー。

緑陰の冠を無料で読める方法を徹底調査しました!

緑陰の冠を無料で読める方法を徹底調査しました!ピッコマで連載中の「緑陰の冠」を無料で読む方法を調査しました。 緑陰の冠が読めるサービスは? 配信サイト 配信状況 ...

緑陰の冠を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

緑陰の冠を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめピッコマで連載している「緑陰の冠」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 緑陰の冠を配信している全部の電...

「緑陰の冠」20話感想

育った環境のせいとはいえ、賢い腹黒に育ってしまったユフトスの本音は一体どこにあるのでしょう。

ランが願っている通りにことが進んでいくのでしょうか。。。

「緑陰の冠」21話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍