漫画ネタバレ

緑陰の冠25話ネタバレ!イルミニティ伯爵との交渉!

「緑陰の冠」25話についてネタバレをまとめました。

緑陰の冠を無料で読める方法を徹底調査しました!

緑陰の冠を無料で読める方法を徹底調査しました!ピッコマで連載中の「緑陰の冠」を無料で読む方法を調査しました。 緑陰の冠が読めるサービスは? 配信サイト 配信状況 ...

緑陰の冠を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

緑陰の冠を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめピッコマで連載している「緑陰の冠」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 緑陰の冠を配信している全部の電...

[前回のあらすじ]

“あなたは一体誰なのか”、と聞いてきたユストフ。

ランは、あなたの姉でしょう、と答えながら、自分の正体を見抜いているのか、と驚いてしまいます。

その返事を聞いたユストフは、ランは嘘が下手だ、明日の夜明けとはせっかちな話だが、まず伯爵に手紙を送ろう、と言い、

ユストフはランの自室を後にしました。

イルミニティ伯爵邸には馬車で向かいます。

馬車での長距離移動は体にはきついですが、ランは久しぶりの外出を楽しむことにしました。

到着すると、早速イルミニティ伯爵の娘に会いに行きます。

中に入るとハレシュはまず換気をするように指示をしました。

外の冷たい空気よりもこの空気の方が体に毒だ、とまで言いました。

そして娘の部屋に入ったハレシュはまず手を確認します。

突然のハレシュの訪問に驚く娘の手を半ば強引に診て、口の中をのぞき、薬を飲み続けていたことを確認しました。

そしてハレシュは、”シムルフハ”だ、と言いましたー。

「緑陰の冠」24話のネタバレはこちら

「緑陰の冠」25話ネタバレ

体が弱いから薬を飲ませていたのだろう、何年間飲み続けていたのかは知らないが、体内に蓄積されて薬が毒として作用したのだ、

人間は必要以上に強い薬を使いう傾向がある、と言うハレシュ。

ランが、それでは薬を飲まなければ治るのか、と聞きますが、ハレシュは、

そう単純な話ではない、まず溜まった毒を抜いて薬の量を徐々に減らしていけば半年ほどで治るだろう、と言いました。

娘は病気ではなかったのです。

それを聞いた娘が、ならば元気になれるのか、と聞くと、そうだ、とハレシュ。

娘は嬉しそうにお礼を言いました。

代金は後ほど請求するように、とランが言うと、イルミニティ伯爵が、自分が払う、と間に入ります。

しかしハレシュは、ランと自分との取引であり、金や銀ならば必要ない、と、強い調子でイルミニティ伯爵の申し出を跳ね除けました。

そしてハレシュは紙を要求して処方箋を書き、今度自分がランの元に魔石を取りに行くことを確認して、

それではまた3ヶ月後に来る、と言い残して窓から去って行きました。

応接室で待つように言われたラン。

娘の寝室を出ようとしたその時、娘の兄がやってきて、妹が元気になったらこの御恩は必ず返す、と言って、感謝を述べました。

ランは、当主として当然のことをしたまでだ、と返すのでしたー。

応接室にて待っていると、一杯どうか、と、イルミニティ伯爵に勧められました。

しかしランはそれを、祝杯はルルが元気になってからにしよう、と言って断ります。

するとイルミニティ伯爵は、それでは率直に伺うが、何がお望みか、と言ってランを睨みつけてきました。

それに対してランは、好意だ、と、笑顔で返します。

自分の好意で何をするつもりなのか、と問うイルミニティ伯爵に、伯爵のツテを使わせて欲しい、と返すラン。

実はイルミニティ伯爵は裏の社会と繋がっているのですが、それは俗に言う犯罪組織の類です。

公爵家の力に驚嘆すべきか、それともランの力にか、という質問には、どちらでも構わない、と、ランは返します。

さらにイルミニティ公爵は、見当違いだと言ったらどうするのか、と続けますが、ランは、

それならば仕方ない、好意は脅し取るものではない、と潔い返答です。

どんなツテを欲しているのか分かりかねるが、もし自分が持っているとしてどう使うのか、というイルミニティ伯爵の質問には、

そのツテがあれば容易いはずだから人を探して欲しい、と返します。

ランはルミエの手がかりを見つけたいのです。

それはもしも自分に裏面があるとしたらの話ではないのか、というイルミニティ伯爵の確認に、

あくまでももしもあればの話だ、と言って、冷静を装うラン。

そんな様子のランに、命じられれば出来得る限りの方法を使ってその者を探してみる、と言って、 イルミニティ伯爵は承諾しました。

慣れない重苦しい空気を装っていたランは、イルミニティ伯爵の返答に一安心です。

それでは、この件は2人だけの秘密ということで、と言って席を立ったラン。

詳しいことは書き記しておいた、と言って小さなメモをイルミニティ伯爵に手渡します。

忠義を尽くします、というイルミニティ伯爵のセリフに、随分と似合わないことをいうものだ、と、思いながら、

ルルの回復を気遣いながら、ランはイルミニティ伯爵邸を後にしました。

帰りの馬車の中でランは、ルミエのことを考えています。

ここはランが作った世界ではないのでもう気にする必要もないのですが、この物語を読んで書いたのですし、そう簡単に割り切れるものでもありません。

来年ルミエが地下闘技場に送られたら酷い目に遭ってしまいます。

ユストフが20歳になるまでランがここにいるとしたら、きっとルミエと出会うはずです。

酷い目に遭う前に救い出したい、と願うラン。

原作ストーリーの前後が分からずにもどかしさを感じるものの、救えるだけの力がある今は救いたい、

なんとしても見つかってほしい、と祈るランなのでしたー。

緑陰の冠を無料で読める方法を徹底調査しました!

緑陰の冠を無料で読める方法を徹底調査しました!ピッコマで連載中の「緑陰の冠」を無料で読む方法を調査しました。 緑陰の冠が読めるサービスは? 配信サイト 配信状況 ...

緑陰の冠を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

緑陰の冠を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめピッコマで連載している「緑陰の冠」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 緑陰の冠を配信している全部の電...

「緑陰の冠」25話感想

ハレシュとの交渉を成立させて、イルミニティ伯爵のツテも利用することに成功したラン。

ルミエを救うことはできるでしょうか。

「緑陰の冠」26話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍