漫画ネタバレ

緑陰の冠26話ネタバレ!ユストフの監視?!緑影の暗躍

「緑陰の冠」26話についてネタバレをまとめました。

緑陰の冠を無料で読める方法を徹底調査しました!

緑陰の冠を無料で読める方法を徹底調査しました!ピッコマで連載中の「緑陰の冠」を無料で読む方法を調査しました。 緑陰の冠が読めるサービスは? 配信サイト 配信状況 ...

緑陰の冠を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

緑陰の冠を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめピッコマで連載している「緑陰の冠」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 緑陰の冠を配信している全部の電...

[前回のあらすじ]

イルミニティ伯爵の娘が病気ではなく、体が弱いという理由で飲み続けた薬が体内に蓄積されて毒として作用したことを見抜いたハレシュ。

ハレシュは最後に処方箋を書き、ランに報酬である魔石を取りに来ることを確認して、イルミニティ伯爵邸の窓から出て行きました。

その後、応接室に通されたラン。

何が望みなのか、というイルミニティ伯爵の鋭い視線とともに投げられた質問にランは、伯爵のツテを使って人を探して欲しい、と言いました。

イルミニティ伯爵は実は、裏社会である犯罪組織と繋がっているのです。

何事にも表と裏があるのが世の常だ、と言って、イルミニティ伯爵と裏社会との繋がりのことを匂わせたラン。

ランがどこまで知っているのかを測るようなイルミニティ伯爵と、冷静さを装うランのやりとりが続き、

結局、イルミニティ伯爵は協力することを了承しました。

詳しく書き記したメモを残して、ランはイルミニティ伯爵邸を後にします。

帰りの馬車の中でランはルミエのことを考えました。

来年、ルミエが地下闘技場に送られたら酷い目に遭ってしまいます。

なんとしても見つかることを切に願うランなのでしたー。

「緑陰の冠」25話のネタバレはこちら

「緑陰の冠」26話ネタバレ

自室にて書き物をしているユストフ。

そこへ、無事にランが帰路についたことを知らせる報告が入りました。

ハレシュのことも追っていたようですが、見失ってしまっていました。

相手はエルフだから仕方ない、と言ってユストフはその報告を受け入れます。

ランの危機感の欠如を案じているユストフ。

その危機感のなさも、普通の貴族令嬢であれば理解ができるものの、ユストフは、ランの振る舞いには矛盾を感じてしまうのです。

あるときは処世術に長けていて、またある時は素直な少女のようだったりするのです。

その上、魔石をどうやって見つけたのか、イルミニティ伯爵の娘が病気だというのはどうやって知ったのか、

ユストフにしてみればランには不可解な点がたくさんあります。

今まで青炎がラチア家以外のものを選んだことなど一度もなかったのに、青炎はランを選択したのです。

青炎はランについて何か知っているのか、とユストフは青炎に問いかけます。

そしてユストフは、ランが帰った後のイルミニティ伯爵の動向を詳しく調べさせることにしました。

ユストフに一連の報告を上げ、今また命を受けて出ていったのは、ラチア家の影の存在である”緑影”で、

ラチアの当主のみに引き継がれる諜報機関です。

今の当主はランのはずですが、緑影第一の影はユストフの元へ来ました。

ユストフは以前、母親から紹介されて知っていまいしたが、ランは緑影の存在を知りません。

しかもランは臨時の当主なのです。

ランが知らないこの組織を、ランがいなければ恐らく解散していただろう、と考えるユストフ。

裏の組織を維持するのは忠誠心だけでは足りず、莫大な維持費が必要となります。

財政は心配するものの、ユストフ個人の出費で大金を使っても何も言ってこないランだからこそ、今でも緑影を維持できている、というわけなのです。

ランが何も言ってこないことでユストフは、ギャンブルで誘い出してロビーを殺し、叔父をも脅迫することも容易くやってのけていました。

そこへ、ランが帰宅した旨の報告が入ります。

ユストフがまだ夕食を終えていないことに驚くラン。

待っていてくれたのだ、と嬉しそうにするランに、珍しく素直にそれを認めたユストフ。

ランはお礼を言い、2人は夕食を摂ることにします。

夕食の席で、イルミニティ伯爵令嬢が治ることを伝えたラン。

それに対してユストフは、貸しを作っておいて損はなさそうだ、と言い、話をハレシュがまたやってくることに移しました。

しかし、いつやってくるのかまではわかっていません。

するとユストフが、自分の夕食を半分ランに差し出し、頑張ったのだからもっと食べるように言いました。

遠慮するランでしたが、その様子だとお腹が空いているようだ、というユストフの言葉に、ランは素直に従うことにしました。

その時、誰かがドンドンと窓を叩く音がします。

ユストフが無言で席を立ち、ため息を吐いて窓の方に目をやると、ハレシュが窓から入ってきます。

エルフは玄関から入ってこられないのか、というユストフの言葉に、ハレシュは、面倒だ、と一言言い、こっちは警備がザルだ、と付け加えます。

忠告は感謝するが3階の窓から忍び込むものを警戒するほどの余裕はないのだ、というユストフの言葉も聞かず、

ハレシュは、代金、と言って、ランの前に手を差し出しました。

ランはすぐに赤い魔石を取りに行き、ハレシュに手渡します。

みんなにとっていい知らせを待っている、というランの言葉にも何も言わず、ハレシュはまたも窓から出て行きました。

ユストフは、ドワーフにはどうやって接触するつもりなのだ、とランに尋ねます。

魔術師協会はドワーフ達と交流があるので、ランは魔術師協会に頼むつもりでいました。

明日にでも連絡をしてみるつもりでいます。

すると、今回は同行する、と言うユストフ。

プライドが高い魔術師達がそう簡単にドワーフを紹介してくれるはずがありません。

ユストフは、巧に青の魔石のことをちらつかせ、交渉をうまく持っていくつもりでいるようですー。

緑陰の冠を無料で読める方法を徹底調査しました!

緑陰の冠を無料で読める方法を徹底調査しました!ピッコマで連載中の「緑陰の冠」を無料で読む方法を調査しました。 緑陰の冠が読めるサービスは? 配信サイト 配信状況 ...

緑陰の冠を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

緑陰の冠を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめピッコマで連載している「緑陰の冠」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 緑陰の冠を配信している全部の電...

「緑陰の冠」26話感想

エルフとの交渉はこのままいい方向に向かいそうな雰囲気です。

ユストフの様子だと、ドワーフの方が少し込み入ってきそうですが、ランの交渉はうまくいくのでしょうか?!

「緑陰の冠」27話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍