漫画ネタバレ

緑陰の冠34話ネタバレ!怒ったキャメロン侯爵が押しかけてきて・・・!?

「緑陰の冠」33話についてネタバレをまとめました。

緑陰の冠を無料で読める方法を調査しました!

緑陰の冠を無料で読める方法を徹底調査しました!ピッコマで連載中の「緑陰の冠」を無料で読む方法を調査しました。 緑陰の冠が読めるサービスは? 配信サイト 配信状況 ...

緑陰の冠をお得に全巻無料で一気読みする方法を調査しました!

緑陰の冠を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめピッコマで連載している「緑陰の冠」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 緑陰の冠を配信している全部の電...

[前回のあらすじ]

「緑陰の冠」33話のネタバレはこちら

商会と手を組んだラン。

氷水晶の件で、まずは皇后殿下に謁見しなくてはというと、キャメロン侯爵にはくれぐれも気を付けてくださいと返事をするリベリー。

キャメロン侯爵とは、既存の魔石鉱山を独占していた人物でした。

独占していたことを強調するリベリーは、万全の準備を整えましょう、と言います。

「緑陰の冠」34話ネタバレ

ダイアモンドが高価な理由は、珍しいからではなくマーケティングの成果によるものである。

ランとリベリーは氷水晶に対してこれを狙っているのでした。

皇族の中には魔術師がいるにも関わらず、氷水晶を愛用として広めるというもの。

既存する魔石も、氷水晶に比べれば質が落ちますが、埋蔵量が少ないわけではなくキャメロン侯爵が独占し価格を維持していただけだったのです。

ランは、エルフとドワーフ達の作る魔法細工はきっと特別さを求める上級貴族にとんでもない値段で売れるはずだと踏んでいます。

リベリーは、是非この機会にラチアのパーティーを開きましょうと提案をし、ランも快く同意します。

すると後日

「ラチア公爵家のお茶会はもうご参加になりました?」

「異国情緒あふれる庭園えのお茶会はまことに素晴らしかったです」

夜の舞踏会も格別で冬でも暖かく、あまり着こまないようにしてください・・・

あの照明は御覧になりました?公爵家の展示品はすでに皇宮がすべて買い付けたそうで・・・

などと、貴族たちの間ではラチアのパーティーの話題で持ちきりになります。

そしてラチア公爵のパーティーに招待されることが社交界での地位を表すステータスとされるようになります。

しかしその反面、

ラチア直系の血筋でもなくたかが下級貴族の分際で・・・

弟の方も本当に当主の座をランが譲ると思っているのか?

などと、良くない噂も流れます。

そしてキャメロン侯爵は、魔石の売り上げが3分の1まで落ち込んでしまったとか。

ランは噂など気にも留めなかったのですが、結婚する気はないと公表したにもかかわらず、求婚者が山のように増えたことに驚きます。

中には南方にしか咲かない珍しい欄の花束もあり、それは1本でも金貨1枚は下らないというものでした。

女性なら誰もが憧れる状況です、とメイドたちに羨ましがられるもラン本人はちっとも嬉しくはないのでした・・・

そんな雑談をしていると、緑のアーチの執事・ロルフがやってきて、ランにキャメロン侯爵がお見えになっていますと伝えます。

連絡もなしにやってきたキャメロン侯爵に、お忙しいと伝えますか?と聞くロルフですが、ランは今回ははっきりと釘をさしておかないと言い、会うことにします。

「やっとその顔が拝めた」と言うキャメロン侯爵に、最近なにかと忙しくて、公爵はお暇なようですねと嫌味を言い合います。

ラチアの血筋でもないくせに、生意気な小娘が・・・とランを睨みつけるキャメロン侯爵。

お茶でもいかがかしら?と勧めると、結構と答えるキャメロン侯爵。

ランは、そうねあなたは突っ立ってなさいと思いつつメイドにお茶を用意するように言いつけます。

近頃は無礼な順で当主を選ぶようだなと言われると、それは初耳ですがキャメロン家の伝統ならば勉強不足で申し訳ありませんとサラっと受け流すラン。

キャメロン侯爵は、思い上がるなよと思いながら、これが最後の警告だと言い始めます。

そして、「貴族でもないお前は知らんだろうが我々には我々のやり方がある、それをお前は妨害しているのだ」と怒鳴ります。

ランは淡々と、自分の所有しているものを取引することが何を妨害していると?と尋ねます。

キャメロン侯爵は机をたたきながら、自分をつぶして市場の独占を目論んでいるんだろ!と叫びます。

魔法細工師を育てたのは自分だと言いふらしているらしいけど、あまりにこじつけが過ぎると冷めた表情になるランは、

自分の商品にいくらの値をつけようと自分の勝手ですと返します。

魔法師ギルドは私のものだと睨みつけてくると、ギルドは個人の所有物ではありませんと毅然とした態度で返すラン。

最後の警告はしたぞと言うと、お茶を運んできたメイドにぶつかりながらも去っていくのでした・・・

刺客でも送るつもりかな?とロルフに話すと、警備をより厳重にします、できればパーティーも控えたほうが・・・といわれますが、

ちょうど盛り上がってきたところだからそれは仕方ないでしょというランなのでした。

領地戦でも仕掛けてくるのでは・・・と危惧していると、そこにリベリーがやってきます。

リベリーは、マダム・ヌワーズという人物を連れてやってきました。

ランが自室へ案内するや、リベリーはランのドレスについて指摘します。

ラチア当主ともあろうお方がいつまでおととしのドレスを着ているんですか。それに丈が短くて布を継ぎ足すなんて!と。

そこで連れてきたのがマダム・ヌワーズという首都でも有名な人物なのでした。

観念したランは、マダム・ヌワーズにドレスの作成と、次女の制服を作ってもらうことにするのでした。

そして・・・

美しい白と緑を基調としたドレスを着て皇后陛下のもとへ挨拶へ行くラン。

席に着くように言われると、一つ席が空いていることに気づきます。

今日は皇太子妃も同席しますの、と言われ・・・!?

「緑陰の冠」35話のネタバレはこちら

緑陰の冠を無料で読める方法を調査しました!

緑陰の冠を無料で読める方法を徹底調査しました!ピッコマで連載中の「緑陰の冠」を無料で読む方法を調査しました。 緑陰の冠が読めるサービスは? 配信サイト 配信状況 ...

緑陰の冠をお得に全巻無料で一気読みする方法を調査しました!

緑陰の冠を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめピッコマで連載している「緑陰の冠」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 緑陰の冠を配信している全部の電...

「緑陰の冠」34話感想

いつもランの来ているドレスが繊細でなんて素敵なのでしょう~~と、

画力に見とれてしまいますね。

さてこれからキャメロン侯爵と一波乱起こりそうですが、あの性格だと穏便には済まなそうですね・・・

そして皇太子妃が来たらどうなるの・・・!?

次の展開が待ちきれませんね!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍