漫画ネタバレ

サクラ先生のシナリオどおり1話ネタバレ!新連載!滝サクラ⁈

2020年4月13日発売、別冊マーガレット5月号、サクラ先生のシナリオどおり【第1話】ネタバレや感想をまとめました。

サクラ先生のシナリオどおり最新話を無料で読む方法は?

サクラ先生のシナリオどおり最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、サクラ先生のシナリオどおり最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
サクラ先生のシナリオどおり最新話を読む

サクラ先生のシナリオどおり【第1話】ネタバレ

少女漫画

「破廉恥」と顔を赤くして叫んでいる高校生の女の子がいます。

それは高校2年の仁科木花です。

友人がスマホで少女漫画を読んでいて、その中のキスシーンの画面を観て叫んでいるのでした。

そこにクラスメートの王子と呼ばれる、喜多朔良が「そのマンガ白い?」と言いながら近寄ってきました。

友人が朔良は少女漫画読む人?と尋ねると、読む方ではなくて、登場する方でしょうと自意識過剰気味な朔良です。

友人が朔良はこの「滝サクラの『いじわるチェリー』」に出てくる、「仁」に似ていると思うのだけどと言います。

木花はそんな破廉恥な漫画の人と朔良を一緒にしたらダメだと言います。

友人は木花はお堅いんだからと言い、漫画読んだことも無いもんねと言うと、朔良は驚いていました。

そして、仁科さんは真面目だからなと朔良が言うと、友人たちはじゃあ、私たちは不真面目・・・酷い・・・

滝サクラ⁈

木花は友人が勝手に木花のスマホにアプリを入れた、さっきの漫画をこっそり誰も来ない階段に座って読んでいます。

別にエロ漫画に興味があるわけではなく、朔良に似ている「仁」とかいう人物を観たいだけだとブツブツ言いながら見ています。

こんな所に隠れて何しているの? 皆には読まないと言っていたでしょうと朔良はニヤニヤしながら、何時の間にか木花の横に座って言います。

そして、仁科さんってむっつりスケベ?と尋ねると、木花は真っ赤になってすくっと立ち上がり、そんなんじゃないと言った瞬間に足が滑って階段から落ちそうになります。

横にいた朔良は、瞬間に腕を伸ばし、木花を助けます。

木花は朔良に謝り、大丈夫と尋ね、朔良も仁科さんこそ怪我していないと尋ねてくれます。

そして、朔良が手をついた瞬間、手に怪我をしていることがわかり、木花は慌てて、保健室に行こうと言った時、朔良が持っていた物が見えてしまいました。

それは、さっき木花が見ていた漫画の原稿・・・

木花はどうして朔良の鞄から出てきたのと不思議がります。

朔良は、それは俺が「滝サクラ」だからと言い、むっつりスケベもいいと思うよ仁科さんと。

次の日、学校で

朔良の左手の包帯を見て、クラスメートたちはどうしたのと尋ねます。

朔良は階段で転んだと説明すると、クラスメートたちは困ったことがあったら何でも言ってねと言います。

すると朔良が女子に、ダメだよ、女の子が男に「何でも」とか言ったらと。

そして、どんなことされるかわからないからねと朔良は続けます。

クラスの女子は、朔良が変なことするわけないでしょうと笑って返します。

朔良も、そうだね、それにもうお願いできる子がいるから大丈夫だよと言います。

女子たちはそれって彼女?と尋ねると、朔良は内緒だよーと。

何でもします・・・

実は木花がお願いできる女子でした。

本に雑誌、ドリンク1ケースと重いものばかり注文してと木花は朔良に食って掛かっています。

朔良はこの手じゃ、買い物できないでしょうと言います。

木花は通販じゃ、ダメなんですかと尋ねると、朔良から何でもすると言ったんじゃないですかと言われます。

階段で落ちそうになった木花を朔良が庇った後、一緒に病院に行き、全治2週間の捻挫と診断を受けます。

朔良が人気漫画家と知った以上、木花は仕事に差し支えると思って、何でもしますと宣言したのでした。

そんな木花ですが、朔良の仕事場で原稿を見ただけで「キャ」と赤面する始末です・・・。

今更、恥ずかしがるの? むっつりスケベの仁科さんと朔良にからかわれる木花です。

木花は、こんなの描いていて恥ずかしくないの?と朔良に尋ねます。

すると朔良は、全く恥ずかしくないよ。むしろ、俺が描いた漫画で喜んでくれる女子に凄くそそられるし、お金にもなると言います。

木花は何その発言、最低と思うのでした。

それに、まだ高校生のくせに一人でこんなマンションに住むなんて、いいご身分ねと嫌味をいう木花です。

朔良は一人で住むのはいいけど、全部自分でやらないといけないので大変だと言います。

木花は家政婦さんでも来てもらったらと言うと、朔良の答えは、「知らない人、家にあげるの嫌だ」でした。

彼女は?と木花が尋ねると、暇ないし・・・個人情報ってどこから漏れるかわからないから、「滝サクラ」が俺だと言わないでねと朔良に釘を刺されます。

言わないという木花に、今から口止めしてもいいけどと朔良は言いながら、木花に近づいて行きます。

朔良は更に、本当は期待していなかった?と木花の耳元で囁きます。

そして、本当に嫌なら逃げていいよと朔良は続けます。

木花は、真っ赤になって、初めては好きな人と・・・言った瞬間、朔良は大笑いします。

朔良は仁科さんの真面目キャラ、次、使えるかもと・・・。

朔良は満面の笑みで、僕は仁科さん全くタイプじゃないから安心して! 手、出さないからと・・・。

「それはどうも、嬉しいです!」と木花は言うしかありません。

引き続き、お掃除よろしくお願いしますという朔良に、あの男、なんてヤツだと思いながら、片づけをせっせとする木花でした。

可愛く描いてあげたい

「JK制服図鑑(脱衣編)」というような本まで買いに行かされる木花です。

本を買って、朔良のマンションに行くと、作業をしながら朔良は眠っていました。

木花は朔良の寝顔を見て、こういう時はイケメンで王子に見えると思うのでした。

また、栄養ドリンクばかり飲んでる・・・遅くまで作業しているし、身体、壊さないのが不思議なくらいだなと思う木花でした。

購入してきた本が床に落ち、驚いて目を覚ます朔良です。

木花はその図鑑を拾いあげて、どうぞと手渡ながら、どうしてこんなものが必要なの?と尋ねます。

すると、朔良は描くなら女の子は可愛く描いてあげたいしと言いながら、嬉しそうに見ています。

本箱には女性誌も多いし、朔良はこだわって描いているのかなとも思う木花でした。

朔良は今からエロいシーン描くけど、見るの?と木花に尋ねます。

木花は赤面しながら、部屋を出て、掃除してきますと言います。

部屋中に同じ原稿が何枚も落ちていますが、よく見ると、少しずつ違いました。

何度も描き直しているのがわかります。

木花は少し見直しますが、いやいや・・・別にカッコいいなんて思わないし・・・と思うのでした。

徹夜で仕事

学校に行くと朔良が来ていないようです。

クラスの女子は目の保養が・・・どうして来ていないの・・・と気にしている様子です。

木花も気になります。

朝、LINE送ったけれど、既読にならないし・・・と。

もう一度、LINEを見ると、その瞬間、既読がつき、木花は安心します。

寝坊でずる休みという返事が来ました。

今日は休んでいいよとも木花にメッセージがありました。

解放されたと喜びながらも木花は気になって朔良のマンションに向かいました。

木花が思っていた通り、朔良は徹夜で仕事をしていたようです。

今日中に送ると言っているからねと朔良は言います。

熱があるような感じの朔良を見て、心配する木花です。

少しぐらい手を抜いても・・・と木花は言います。

すると、「こんなものって思っている仁科さんにはどうして?と思っているでしょう」と朔良が言います。

そんなつもりでは・・・という木花の言葉を遮って、朔良はわかってもらおうなんて思っていないと言います。

そして、木花の手を引っ張って、何も知らないのに適当なことを言って、来なくてもいいと言っているのに、どうしてわざわざ来たの?と。

木花は心配したから・・・

朔良はそんな仁科さんは俺に何をしてくれるの?と言います。

すると、木花は大声で、そんなこと言うなら、キスでも何でもお好きにと赤面しなが言います。

嫌な奴ぶって、私が逃げると思っているのでしょうと木花は言います。

漫画のこと、わからなくても、頑張っている姿は知っているから・・・

手を抜くというのは、力抜いたらということ・・・語彙力が足らなかったというか・・・と木花。

朔良は大笑いし、こういう展開想像していなかった・・・「お好きに」って・・・と言いながら笑い続けます。

朔良はそんなことしないとわかっていたからと木花は言います。

朔良は笑うのは止めて木花に謝ります。

嫌なこと言ってと。

マスクの上から・・・

ファンレターの箱に気が付く木花です。

ファンレター、大事に取っているんだと木花が言うと、朔良は優しい顔で俺の宝物と言います。

こういう漫画は批判もあるけれど、喜んでいる子もいる、そう思うと頑張れると。

木花は朔良は読んでいる人に喜んで欲しいだけなんだねと言いながら納得します。

軽い調子で言っているけれど、本心はカッコいいと思う木花です。

だったら、休んでから再開した方がいいと思う木花は、身体を壊したら、作業能率も下がるからと言いかけると、朔良の方が1時間だけと言います。

薬を飲んで1時間だけ眠るから起こして下さいと。

木花は、冷却シートとマスクも買ってきたからと世話を焼きます。

朔良は木花を見て、楽しそうと言うと、木花は珍しく素直な朔良は可愛いと言います。

木花は、今、頼ってくれて嬉しいと思うのです。

可愛いなんて言っていると、本当に襲うからと朔良は布団をかぶってしまいます。

木花はマスクをしながら、もうその手にはのりませんからねと言うと、朔良は木花のマスクの上からキスをします。

朔良は優しい笑顔で、油断するからでしょう。マスクしてて良かったね。じゃあ、1時間後によろしくと言って眠ってしまいました。

木花はマスクしていなかったら・・・と思うとキャーと赤面するしかありません。

 

サクラ先生のシナリオどおり最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、サクラ先生のシナリオどおり最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
サクラ先生のシナリオどおり最新話を読む

サクラ先生のシナリオどおり【第1話】感想

なかなかいい感じになってきました。

漫画家さんの中には高校生の方もいらっしゃるでしょうね。

勉強が忙しい中、描かれているのでしょうね。

身体に気を付けて頑張って欲しいですね!

次回は5月13日(水)発売です。

サクラ先生のシナリオどおり2話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍