漫画最終回ネタバレ

スクールギャング最終回ネタバレ!道の最後とは・・・?

ピッコマ掲載「スクールギャング」の最終話についてネタバレをまとめました。

【前回までのあらすじ】

並外れた動体視力、全校一位の学業成績を持つ”叶道(かのうとおる)”は何一つ不自由のない幸せな人生を謳歌していた。

国内トップの大手企業第一グループの労働組合長であった父さんが自殺するまでは…

葬式の参列者は良く笑い合い盛り上がっていた。

尋ねてくれた友達はたった一人だった。

旦那の自殺によって母は精神を病んでしまった。

突然一家の主となった道は家庭崩壊、借金地獄の現実に直面する。

生活が一変した道は幸せな日常を捨て大阪一の不良集団”西教高校”へと転校し、学校のトップを目指すのだが…!?

一瞬にして社会的弱者に堕ちた優等生の一発逆転劇が今始まるーー

スクールギャング最終話ネタバレ!

視界がぼやけ、佐々木がどのあたりにいるのか見当がつかないでいると・・・

左頬に衝撃を受ける道。

そして、今度は正面から殴られ・・・頭を押さえつけられ、壁に叩きつけられます。

仲間が助けに行こうと叫んでも、周りの仲間がそれを阻みます。

“頭が・・・かち割れそうだ”と、視界にうつる自分を押さえつける手を見ながら思いつつ

やっぱり無理だったかと思う叶道は、佐々木にここまで一方的にやられるとは…と思っていると

寺薬総、村松海人が道を開けてくれたと思ったら相手はお前かと言われます。

そして同じ場所で死にかけてから2週間も経ってないのに、マジで死にたいのか?と言うと道の頭を思いっきり投げ飛ばします。

佐々木は転がっていく道の方に近寄り、笑わせやがってと言うと以前に一度自分に勝ったからってそのときと同じだと思うなよ、と言います。

自分と特訓して道がだいぶ成長したと思ったのに、佐々木は1年前と動きが違い過ぎる!と焦ります。

そして・・・

相手が自分でなくても、お前は今日死ぬ運命なんだ。死ぬ前に一番怖い思い出を作ってやらないとなというと・・・

ここで、回想が入ります。

「佐々木は最後の決め技でいつもバックチョークを使うんだ」

あんな図体の奴に後ろからバックチョークをかけられたら一発で終わりだが、腕をかけられた瞬間が道にとっては唯一のチャンスでもある。

なぜなら佐々木は勝ちを確信して油断しているからだ

と言われたことを思い出す道。

道が反撃できないと思って技をかけてきたその瞬間ー

持てる力をすべて出し切って反撃をする。

その腕の力を利用して・・・!

道は視界がもう見えないけれど、相手の手を感じることはできました。

反撃を一発もできない自分に対して佐々木は最後の決め技をかけてくるつもりだ。

そう確信すると・・・

相手の腕を振り払い、そのまま佐々木にタックルしていく道。

佐々木は、窓から落ちそうになり死ぬとこやったやろ!と叫びます。

「佐々木吉之助 これで終わりにしよう」

道はそういうと・・・

佐々木の顎におもいっきり蹴りを入れ、そのまま一緒に落下してしまいます・・・!

その場の全員が息をのむ中、ドォンッと大きな音を立てて二人は地上に叩きつけられてしまいます。

そして・・・

次に佐々木が目を覚ますと・・・

「うわあああああああああっ」と叫び声をあげ起きると、そこには下半身不随になった自分の姿が・・・

佐々木は毎晩悪夢にうなされるようになり、目覚めて現実を直視すると自分のことがみじめになり、また急いで眠りにつくのでした・・・

一方、寺薬総は工事現場での構想の首謀者として再び少年院へ戻ることに。

寺薬が犠牲になったおかげで、西教高校で懲戒を受けたのは10名ほどでとどまりました。

そして、大蔵友哉と山田大悟刑事の協力の元、

第一グループの会長である大倉正雄が暴力団組織を動員させ、労働組合の幹部たちを殺害したことが明るみに出ました。

それによって、これまで濡れ衣を着せられていた人たちは疑いが晴れることに。

つまり、道の父親の無念も同様に晴れることになったのでした。

桜井光は、大倉(息子)のもとへ差し入れを渡しにきました。

父親を陥れた息子なんていらないだろうから、期限のない留学に行かされる身なんだと話します。

光は、あんたが動いてくれなかったら道のお父さんの濡れ衣は晴れなかったと、感謝をします。

大倉は、自分が西教高に転校しろなんて言わなければ・・・もっと早く警察に連絡していたら・・・と、後悔から涙を流します。

光は、誰もこなかった葬式にこっそりと大倉が来ていたことを道は知っていたと教えます。

そして、道はいつもあんたに感謝していたよと。

そして大紀病院では道の妹ののぞみが手術に成功し、目が見えるようになりました。

母親は泣いて喜び、先生にお礼を言いますが

のぞみは、「ところでお兄ちゃんは・・・?」と聞きます。

お兄ちゃんはどこですか。

というセリフの下には、遺影に飾られた道の写真が・・・

そう、あの工事現場の事故で道は死んでしまったのでした。

道が切実に願っていたのぞみの目は、道の目によってふたたび光を取り戻し、

母親も日常に戻れるようになりました。

そして、父親の濡れ衣も晴れることに・・・

でもそれは、西教高校に転校しなくても叶えられたことかもしれません。

家族を守るために、彼が選んだこの選択は本当に彼が「叶」えたかった「道」なのか。

今となってはもう誰にもわからないのです・・・

スクールギャング最終話ネタバレ!感想

ピッコマでこんなバッドエンドの作品は初めてでした・・・

何かを犠牲にしないと救われない人が多すぎて、悲しすぎる結末でしたね。

そして、最後のシーンでは顔を両手で覆い、頭から血を流した道の姿が描かれています。

スリルとセンセーショナルがとまらないストーリーでした・・・!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍