漫画ネタバレ

生物学者がジャングル奥地のわんこ系先住民に求愛&種付されてしまう話…ネタバレ!

DLsite comipoで掲載中の「生物学者がジャングル奥地のわんこ系先住民に求愛&種付されてしまう話…」のネタバレについてまとめました。

生物学者がジャングル奥地のわんこ系先住民に求愛&種付されてしまう話…ネタバレ

某国ジャングルの奥地で、研究者の美優は数日前に重傷の傷を負っていた先住民を保護しました。

彼女は彼のことを「ダッタ」と呼び、付きっきりで看病を続けてほぼ回復したようです。

他の研究員はダッタに近づくのは難しいようですが、四六時中一緒にいる美優には警戒を解いていました。

美優はダッタの言語習得能力や驚くべき傷の再生能力は、きっと新たな人類の進化に貢献してくれると信じ、残りの人生を全て彼に捧げると決意しました。

そんなある日、美優は彼と同じ小屋で一緒に寝ると言い出します。

研究員は「いくら研究対象とはいえ、彼も男性ですよ!?」と心配しましたが、美優はダッタはきちんと立派な知性を持ち合わせているため、そんな事態は起こりえないと軽く考えていました。

しかしそれから美優はダッタと何度も性行為をしてしまいました。

ほぼ毎日夜に何度も中出しの性交してしまい、このままでは高確率で近いうちに妊娠すると危機感を覚える美優。

そのため美優はダッタに、このままでは双方心の準備ができないまま子供ができてしまうため、こんなことは今夜限りにしようと注意します。

するとダッタは「ミユウ、オレキライ・・・?」と寂しそうに言いました。

美優が嫌いなわけがないと慌てて否定すると、彼はまた彼女にキスをして性行為を始めます。

断り切れずにまたもや彼を受け入れてしまう美優。

ダッタの性交方法は初期は獣のように荒々しかったのですが、だんだん彼女の体の状態を見ながら、愛撫の強さを調節したり、そのまま愛撫を続けるか挿入するか選択したりと、日に日に進化していました。

毎晩激しく抱かれた美優は快感で何度も意識を失いました。

そんなある日、美優は他の研究員の話から自分の喘ぎ声やらナニの音やらが、キャンプ中に響き渡っていたことを偶然知ってしまいます。

そのことにショックを受けた美優は、イチャつこうとするダッタを突き飛ばしながら「もうダッタとはエッチをしません!嫌いです!」と言い放ちました。

しかしその日からダッタが美優の前からいなくなってしまいました。

食事の時も寝るときも仕事中でも四六時中側にいたのですが、彼は誰にも何も伝えることなく忽然と姿を消しました。

冷たい布団で一人で眠ることになり寂しさを感じる美優。

ダッタとの関係をみんなに知られたのが恥ずかしくて、彼の気持ちを一方的に傷つけてしまいました。

いきなり関係を持ってしまったのは想定外でしたが、嫌いになるはずもなく、彼からの愛情はきっと本物だと美優は思いました。

その気持ちを伝えたいと感じた美優は、ダッタを捜しに一人でジャングルの中へ向かいました。

しかし途中で出会った野生のサルに、水や非常食や寝袋や研究者キャンプへ帰るための地図が入ったリュックを奪われ、ジャングルに取り残されてしまいます。

さらにそんな彼女の前にライオンも現れました。

絶体絶命の状況に涙が出てくる美優ですが、ダッタのことを考えた瞬間、生きて彼を見つけてみせると気力がわいてきました。

そして木の棒を振り回し、ライオンを退けようとする美優。

しかし石につまずいてコケてしまい、そのまま意識を失ってしまいます。

するとライオンは美優の匂いを嗅いだ後、服を引っ張って彼女を自分の巣穴に連れていきました。

それからライオンは、我が子と同じように眠る美優の側に寄り添います。

そこへダッタが現れ、彼女を愛おしそうに抱きしめました。

目を覚ました美優はダッタの姿を見て、涙を流しながら無事でよかったと安心します。

そんな彼女にダッタは悲しませたことを謝りながら、一緒にいたいと告げます。

すると美優は謝るのは自分の方だと返します。

嫌いだなんてあり得ない、あなたのいない世界は考えられない、あなたを愛していると言って、美優はダッタにキスをしました。

その夜、2人はジャングルの洞窟の中で抱き合いました。

今までずっとダッタから触ってくれていましたが、これからは私も触りたいと彼の男性器を舐める美優。

ダッタはその初めての快感に夢中になったようで、地面に座り込んで気持ちよさそうに息を荒げます。

美優はダッタを気持ち良くしてあげられていることに嬉しくなりました。

2人は何度も何度も時間を忘れて、体を重ね続けました。

その後、美優は研究員キャンプに戻ると言いました。

しかしダッタは戻るのはダメだと美優を抱きしめます。

彼は美優が他の研究員の男たちといるのが気に入らないらしく、彼女を自分だけのモノにすると言い出しました。

そんなダッタは今までの優しい表情とは違い、初めて見る怖い表情をしており、思わずゾクッとする美優。

そしてダッタは再びオスの本能をむき出しにして、美優を抱き始めます。

さらにダッタは美優と子供を作りたいと言い、美優は彼を受け入れました。

 

後日、研究員たちが美優を捜すためジャングルに向かおうとしたところ、サルが美優の手紙を届けにきました。

そこにはダッタと再会したことや、近頃強い眠気や微熱が続いて少し体調を崩していることが書かれていました。

それを見た研究員は彼女の無事に安心する一方、この症状は妊娠ではないかと話しました。

一方ダッタは美優と眠りながら、幼い頃の夢を見ました。

彼は赤ん坊の頃、なぜかジャングルに捨てられていましたが、ライオンに育てられたようです。

しかし親のいないダッタは寂しい思いをしました。

眠りながら涙を流すダッタを心配する美優。

ダッタはそんな彼女を無言で抱きしめるのでした。

生物学者がジャングル奥地のわんこ系先住民に求愛&種付されてしまう話…感想

絵が可愛くて見やすく、詳しい描写も書かれているので分かりやすかったです。

ダッタも美優も魅力的なキャラで好きになりました。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍