漫画ネタバレ

シャングリラ・フロンティア48話ネタバレ!ペンシルゴンがクラン結成を提案!

2021年7月14日発売の週刊少年マガジン33号掲載の「シャングリラ・フロンティア」のネタバレについてまとめました。

シャングリラ・フロンティアの最新刊4巻を無料で読む方法!

シャングリラ・フロンティアの最新刊5巻を無料で読む方法!8月17日発売の「シャングリラ・フロンティア」の最新刊5巻を無料で読む方法をまとめました。 シャングリラ・フロンティアを無料で読む...

シャングリラ・フロンティアを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

シャングリラ・フロンティアを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年マガジンで連載している「シャングリラ・フロンティア」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 シャ...

【前回のあらすじ】

サンラクは世界の真実を知るために、いくつか必要なアイテムを集めることになりました。

そんな中、サンラクがウェザエモン討伐によりゲットした戦利品をチェックしてみると、ウェザエモンの晴天流が使えるようになる奥義書や、アイテムが格納できるアクセサリーなどがありました。

そしてその格納空間には未知の武装が陳列されており、サンラクは歓喜するのでした。

シャングリラ・フロンティア47話ネタバレはこちら

シャングリラ・フロンティア48話ネタバレ

無数のトロフィーが棚に並ぶ部屋。

そこにいるのは、魚臣慧です。

彼はシャングリラ・フロンティアはよくできたゲームだと感心しつつも、サンラクとペンシルゴンだけが楽しんでいると思うと腹が立つと感じている様子。

本番まであと1週間だから、早く調整を終わらせようとつぶやく魚臣ですが、彼の携帯にメールが届きました。

メールはサンラクからで「至急 格納鍵インベントリアを確認せよ」とのメッセージが。

それを見た魚臣は、やっぱりあいつらに後れをとるのは我慢ならないとつぶやきました。

 

その頃、サンラクはペンシルゴンとカッツォと共に食事をとっていました。

どうやらサンラクは2人に格納空間に陳列されていた武装を見せたらしく、全プレイヤーを相手取っても勝てそうだと興奮が収まらない様子。

しかしペンシルゴンは格納空間にある武装は、現状観賞用以上の価値はないと言います。

そんなペンシルゴンの言葉にキョトンとするサンラクたち。

戦術機や特殊強化装甲は「規格外エーテルリアクター」という動力源が必要なようですが、ペンシルゴンはそれがどこで入手できるのか分からないようです。

たくさんある武器も強化装甲を装備しないと使えない仕様だったのだとか。

しかしカッツォは「規格外エーテルリアクター」なら持ってると言い出し、ペンシルゴンは驚いて食べ物を吹き出します。

カッツォはほとんど麒麟と戦っていたからなのか、報酬でそのアイテムをもらったようです。

ただしカッツォの持っている規格外エーテルリアクターは、破損しているとのこと。

鍛冶屋に持って行って修理してもらおうとしても、こんな訳が分からないもの直せないと門前払いだったようです。

神代文明の道具だから特別な鍛冶師でも必要なのか、あるいはアイテムが必要なのか分かりませんが、結局行き詰ってしまったというペンシルゴン。

しかしサンラクは、それを修理できるアテがあるかもしれないと言います。

確証はないものの、そのアテはユニークシナリオ絡みなので案内が難しいようです。

そのためそのアイテムを自分に預けてほしいとカッツォに要求するサンラク。

するとカッツォはその条件として、サンラクが隠しているユニークシナリオの発生条件を教えてほしいと要求しました。

シャンフロでのユニークの情報は特別価値が高く、それが独占しているものならなおさら。

ここにいる3人もピュアな仲間意識で集まっているわけじゃないので、それぞれ利益のために易々と情報を渡せません。

そしてそれはカッツォも同様でした。

するとサンラクは状況説明しかできないと言いつつ、カッツォの条件を呑み、ユニークシナリオの発生条件を説明し始めました。

その発生条件とは、レベル20以下でランダムエンカしたユニークモンスター「夜襲のリュカオーン」相手に、5分間ノーダメージか200回ほど「致命」武器でクリティカルを叩きこんだとのこと。

しかしカッツォは、誰ができんだよ!曲芸おバカ!と怒ります。

どうせ真似できないから教えても支障ないってか!?と怒りつつも、カッツォはサンラクに投げやりに規格外エーテルリアクターを渡しました。

サンラクは誠意をもって答えたのに理不尽すぎるとイライラしながらも、そのアイテムを受け取ります。

するとペンシルゴンはサンラクに、預けていた「例の物」を返してほしいと要求。

その例の物とはウェザエモン戦で使っていた「対価の天秤」でした。

「黄金の天秤商会」というNPC組織から借りていたようです。

ペンシルゴン曰く、対価の天秤は金さえ積めばユニークモンスター以上の力も手に入るため、シャンフロで最高クラスのアイテムのようです。

そのため絶対に取られたくなくて「ロンダリング」したというペンシルゴン。

ロンダリングはペナルティから自分の所有物を守る小技です。

ペンシルゴンのペナルティは、キルされるとアイテムの所有権が「キルした相手」に移り、カルマポイントに比例した罰金を払う必要があります。

キルされた時、倉庫などに預けていたアイテムは自動的に売り払われ罰金の返済に充てられてしまうのだとか。

その差し押さえからアイテムを守るのがロンダリングです。

天秤の所有権がペンシルゴンのままだとアイテムを譲渡するだけでは接収されてしまいますが、この天秤の所有権はペンシルゴンではなく「黄金の天秤」商会なので彼女のものではありません。

所有権を持っていないアイテムは強制売却されず、他人に渡しただけでは所有権を変えることはできないのです。

するとサンラクが、単にその天秤はペナルティ適応外というだけで、どこがロンダリングなんだと疑問を浮かべます。

ペンシルゴンはそれを利用して面白いこともできると言いながら、天秤に手をかざし言葉を唱えました。

するとテーブルの上に世界の真理書と花飾りが出てきます。

これはペンシルゴンの入手したウェザエモン戦の戦利品のようです。

それらのアイテムは対価の天秤に捧げていましたが、その瞬間、花飾りの所有権は天秤に移り、その力でこの世界に物質として存在していなかったため、差し押さえの影響も受けなかったようです。

一週間以内に対価を支払えば返却は可能とのこと。

ペンシルゴンはその対価でレベルを40持っていかれたものの、この花飾りのためなら惜しくないと話します。

ちなみに彼女は、この天秤を借りるために「メイン武器」を担保していたらしく、その所有権も天秤パワーで商会に移しているため彼女の武器は無事のようです。

罰金額は5億マーニあるようですが、返せない額ではないと余裕の笑みを浮かべるペンシルゴン。

今回の戦いでユニークモンスターは金になることが分かったと言います。

そこでペンシルゴンは、この3人でクランを結成しようと提案するのでした。

シャングリラ・フロンティアの最新刊4巻を無料で読む方法!

シャングリラ・フロンティアの最新刊5巻を無料で読む方法!8月17日発売の「シャングリラ・フロンティア」の最新刊5巻を無料で読む方法をまとめました。 シャングリラ・フロンティアを無料で読む...

シャングリラ・フロンティアを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

シャングリラ・フロンティアを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年マガジンで連載している「シャングリラ・フロンティア」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 シャ...

シャングリラ・フロンティア48話感想

ペンシルゴンがクラン結成を提案しましたが、サンラクたちはどんな答えを出すのでしょうか?

次の展開が楽しみです!

次回のシャングリラ・フロンティア49話が掲載される週刊少年マガジン34号は7月21日に発売されます。

シャングリラ・フロンティア49話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍