漫画ネタバレ

信友島9話ネタバレ!対面させられた喜多の死顔

「信友島」9話についてネタバレをまとめました。

[前回のあらすじ]

佐藤が島民が集まっている港へ行ってみると、そこには喜多の遺体が打ち上げられていました。

島民達は、昨夜の宴の途中で喜多と守谷が抜け出したのを見かけた、と言っています。

それを聞いた佐藤は、疑いが守谷に向けられているのでは、と思い少し安心するのでした。

そこへ現れたミナミ。

喜多の遺体を見て、妹が亡くなったというのにも関わらず、しょがないな、と言って笑顔を見せるのでした。

しかし、その表情とは裏腹に、ミナミの膝は震え出し、ミナミはその場に倒れ込んでしまいました。

他の島民がミナミに手や肩を貸そうとしますが、ミナミが力を込める度にその馬力で怪我をしてしまう始末です。

結局ミナミは自力で立ち上がり、島民に促されるまま丘の上の診療所へ向かって行ってしましました。

その場に残されたミナミに傷付けられた島民達は、それぞれに手当を受けますが、何故か一番重症の人だけが後回しにされていて、

挙げ句の果てには、医療器具が足りないという理由でワカメを包帯がわりに巻かれています。

佐藤が、明らかな扱いの差を訝しんでいると、細川がやってきて、手を貸してほしい、と言うのでした。

人手が足りなくなってしまった、と言う細川。

佐藤が細川に付いて行くと、細川は、喜多の遺体を死体安置所まで運ぶのを手伝ってほしい、と言うのでしたー。

「信友島」8話のネタバレはこちら

「信友島」9話ネタバレ

他の島民に指示され、佐藤は喜多の頭の方を持つことになりました。

喜多の顔には一応白い布が被せられています。

4人がかりで喜多の遺体を持ち上げ、喜多の遺体を運び始めます。

するとその時風が吹き、喜多の顔に被せられていた布が飛ばされいってしまい、喜多の苦しみを湛えた死顔が露わになってしまいました。

頭の方を持っていた佐藤は、その喜多の顔を直視することになり、

その表情に驚いた佐藤は思わず喜多の遺体を落としてしまいました。

叫び声を上げ、その場に座り込んでしまう佐藤。

一緒に運んでいた他の島民達は、落ちてしまった喜多の遺体を心配し、傷がついていないかを確認します。

様子を見ていた細川が佐藤に、大丈夫か、と声を掛け、佐藤は震えながらも、すみません、と何度も謝ります。

佐藤は島民達に落ち着くように声を掛けられ、誰にでも失敗はある、と宥められます。

困惑と悲痛の表情の佐藤を、ただ黙って見つめている細川なのでした。

一緒に運んでいた島民達は、島に来て早々遺体を運ぶのは荷が重かった、本島では基本的に遺体を見ることもないのだから仕方がない、

と言いながら再び遺体を持ち上げます。

もう運ぶのはいいから休んでいるように、と佐藤に告げて、残りの3人で遺体を運び始めてしまいました。

佐藤は、震えたまま動けずに、何も言うこともできません。

そこへ浜辺がやってきました。

人だかりができていたから来てみたのだ、と言う浜辺。

声を掛けた佐藤は、異常なまでの顔色の悪さです。

浜辺と共にゲストハウスへ戻った佐藤。

佐藤は、いつ自分が喜多を殺害した犯人だとバレるかわからない状況であり、そうなる前にこの島を出なければ、と考え込んでしまいます。

すると浜辺は、落ち着くだろう、と言って、水を持ってきてくれました。

ありがとう、とお礼を言って受け取る佐藤。

佐藤に水を渡し、そのまま佐藤の隣に座った浜辺。

その際に、佐藤に手を重ねてきました。

浜辺は、自分には聞くことしかできないけれども、何かあったら相談に乗る、話すことで楽になることもあるだろう、

と言って、佐藤に笑いかけてくれました。

佐藤は、ありがとう、とお礼を伝え、浜辺は励ますのが上手だ、と言いました。

するとその時浜辺は、重ねていた佐藤の手から自分の手を離し、あざとかったら申し訳ない、と言い出しました。

それを聞いた佐藤は、そんなことはない、と否定します。

地下アイドルをやっていたからこういうことは体に染み付いているのだ、ファンの人を大切にするためにやっていたことだったのに、

そのことが原因でグループ内で揉め事が起こってしまい、逃げるようにやめてしまったのだ、

と説明する浜辺。

思い出させてしまって申し訳ない、と言う佐藤に、浜辺は、

佐藤は何も悪くないし、このことを話せる人がいなかったから気が楽になった、と言いました。

そこで今度は佐藤が、

自分でよかったらいつでも話を聞く、誰かに話すと楽になるものだとも言う、と浜辺に伝えるのでした。

するとその時、島民がゲストハウスへやってきて、浜辺と佐藤に声を掛けます。

その島民は、イベントがあるから広場に集まってほしい、と言うのでしたー。

「信友島」9話感想

自分の身を守るための正当防衛による事故だったとはいえ、自分が殺害してしまった喜多の遺体を自ら運ぶことになってしまった佐藤。

動揺するのも無理はありません。

おまけに細川は何か佐藤を疑っているような感じですし、佐藤は生きた心地がしないのではないでしょうか。

島を抜け出すこともそんな簡単にいくとも思えませんし、

佐藤や浜辺はこの先一体どうなってしまうのでしょう。。。

深田がどうなってしまったのかも心配です。

「信友島」10話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍