漫画ネタバレ

渋谷金魚41話ネタバレ!最終作戦開始!

2020年10月22日発売の月刊ガンガンJOKER11月号掲載の「渋谷金魚」のネタバレについてまとめました。

渋谷金魚を無料で読む驚愕の方法とは?

渋谷金魚を無料で読む驚愕の方法とは?月刊ガンガンJOKERで連載中の「渋谷金魚」を無料で読む方法をまとめました。 渋谷金魚を無料で読むならコミック.jp! \登録無...

【前回のあらすじ】

薫を襲撃していたモカのところに初、貂、壬生が現れ、彼女の凶行を阻止。

その後、モカは逃走します。

しかし病原体の感染から逃れた超巨大金魚の集合体が、渋谷の外に向かって移動を開始。

外界に金魚が溢れるのを阻止するべく、初たちは最後の戦いに挑むのでした。

渋谷金魚40話ネタバレはこちら

渋谷金魚41話ネタバレ

壬生が自分が周りより特別だと気づいたのは小学生の頃でした。

勉強だろうがスポーツだろうが本気を出すまでもなく、必ず一番になりましたが、優越感なんてすぐに消えて、ただ低レベルな人間とゴミのような課題にうんざりする日々。

壬生が熱くなれるのは、闘争の時だけでした。

(誰か・・・俺をもっと熱くさせろよ!!)

 

最終作戦を開始する前、初はカメラを提げていくことに決めました。

これが最後だから、大事なものを身につけたくなったのだと語る初。

そしていよいよ薫が最終作戦開始の合図をしました。

 

そんな中、航空自衛隊が戦闘機に乗って外からやってきました。

そして一斉にミサイルで超巨大金魚の集合体を攻撃し始めます。

しかしミサイルは周りの金魚が盾になって立ちふさがり、超巨大金魚の集合体への直撃を阻止。

パイロットは離脱を図ろうとするも、金魚が戦闘機に群がって食われてしまいました。

 

一方渋谷・神南一丁目を走る初たち。

その途中で戦車に乗り込んだ西大寺や楓香のいるA班と、初、アリサ、烏丸、みおのいるC班が別れて別行動をとります。

初たちはそのまま街を走りますが、前方に金魚の群れが現れました。

隠れるか迂回する選択もありますが、一刻も早くパレスビルへたどり着かなければならないため、このまま突っ走る決断をする初。

 

1時間前のこと。

最終作戦会議が行われ、薫から作戦内容が説明されました。

現在人間たちが対面している脅威は大きく二つあります。

まず一つは推定全長309メートル、原宿から北東へ時速1キロで直進し渋谷を出ようとしている「巨大変異金魚集合体」。

もう一つは金魚鉢の壁面に集まり、渋谷20か所以上から外へ這い上がろうとしている「壁面金魚群」です。

外の世界を守り、この渋谷から生還するには、このどちらかが外に出る前に両方を完全に倒さなくてはなりません。

そのための病原体はほとんど残っていませんが、病原体に感染した金魚なら大量にあります。

この感染した病原金魚を使って人力で渋谷の端まで感染を広げるというのが、薫の考えた作戦でした。

病原金魚から半径30メートル以内の金魚は全て感染し、小さい金魚なら20秒、人間サイズでも1分で無力化できるようです。

一同は渋谷を出ようとしている21か所の「壁面金魚」を、自力で消滅させようとしていました。

十六夜ステラのメンバーたちも、アリサに影響されてアイドルの衣装を着て車を走らせ、金魚撃退に動きます。

 

しかし問題は「巨大変異金魚集合体」でした。

病原体はあの巨体には感染力が弱く、倒しきれなかったのです。

そのため薫は高濃度の病原体を仕込んだ弾丸を作って、ライフルで直接「巨金体」にぶち込む作戦を立てました。

薫は残った少ない材料から2発分の弾丸を作ろうとしています。

「巨金体」の中心に撃ち込めれば感染部を切り離す間もなく崩壊させられるようです。

狙撃を行うガンナーは壬生が務めるようですが、最後の問題は狙撃ポイントでした。

 

狙撃ポイント確保に動くのは初たちC班でした。

全長300メートルの「巨金体」の中心を地上から撃ち抜くのは、遮蔽物や周りの金魚が邪魔で不可能です。

「巨金体」の中心をライフルで正確にとらえるには、最低でも高さ150メートルの見通しが効く場所が必要。

その条件に合うのは「巨金体」の進路からいって、神宮前2丁目のパレスビルしかないのです。

後からくるガンナーである壬生が、すぐ狙撃に入れるように初たちは屋上への道と安全を必ず確保する役割を担っていました。

ただ「巨金体」はあと30分ほどで渋谷を出る勢いで進行しており、普通であれば病原体が完成しても狙撃できずに時間切れとなってしまいます。

そこで貂が「巨金体」を、30分で止めてやると宣言したのです。

 

一方貂は神宮前の歩道橋の上に立っていました。

その歩道橋は「巨金体」の進行方向にあるようです。

すると貂は「この渋谷に俺の前に現れたこと、後悔しながら死にやがれ」と言いながら、歩道橋に火を放ちました。

さらに貂は火を放ったと同時に歩道橋から飛び降り、病原金魚が大量に積まれたトラックで「巨金体」に突っ込みます。

「巨金体」への有効打は”感染”。

病原体で死んだ金魚から「巨金体」に感染させます。

しかし効力が弱くて上まで届かず、感染部分がすぐに切り捨てられてしまうのです。

それでも貂は、それなら捨てるところがなくなるまで感染させ続けてやると言いながら、病原金魚を串刺しにした棒きれを「巨金体」に投げつけました。

金魚から金魚への感染半径は30メートル。

しかし間に遮蔽物があると、その感染力は大きく下がります。

そのため貂は「巨金体」と対峙する前、あえて大量の生きた金魚を集めてから感染した金魚を解放することで、短い時間で大量の病原金魚を「巨金体」の進路上に作り出していました。

次々に繰り出される貂の攻撃により「巨金体」のスピードが弱まり、遅延時間が少しずつ加算されていきます。

それでも「巨金体」の感染は10分の1にも届かず、ただ足元の一部がピンポイントで削られているだけです。

しかし大木を倒すなら、根の一部が腐るだけで十分だと考える貂。

 

渋谷には渋谷川という川があります。

それはいくつかの支流と共に、かつて渋谷を南北に貫いていた川。

現在は川の上にフタがされ、人々の足の下、渋谷の地下を人知れず静かに流れていました。

そしてその川には貂の手によって、大量の病原金魚が置かれていました。

すると次の瞬間、地面が割れて「巨金体」が渋谷川に沈みました。

これにより「巨金体」の進行が停止し、大幅な遅延に成功しました。

 

そんな中、”対「巨金体」病原弾”も完成し、壬生に託されます。

一方初たちもパレスビル屋上の確保に成功していました。

しかし「巨金体」の様子が変だと言う初。

 

さらに壬生を初たちの元へと車で連れて行く予定だった橋本が、壬生がまだ来ないと薫に電話をかけています。

その頃、壬生は貂の元へとやって来ていました。

そして壬生は渋谷の命運をかけて自分と勝負しようと、貂に告げるのでした。

渋谷金魚は全巻無料で読めるか?最短最速安全に読む方法のまとめ

渋谷金魚
渋谷金魚は全巻無料で読めるか?最短最速安全に読む方法のまとめ漫画「渋谷金魚」とは? 人食い超巨大金魚が渋谷に降臨しストーリーが展開していく奇想天外な作品として今、話題にです。 最新刊第...

渋谷金魚41話感想

正直病原弾を壬生に預けた時点で、とても嫌な予感はしていました。

ついに壬生が貂と衝突するようですが、何を企んでいるのか気になりますね。

次回の渋谷金魚42話が掲載される月刊ガンガンJOKER12月号は11月21日に発売されます。

渋谷金魚42話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍