漫画ネタバレ

葬礼の案内人1話ネタバレ!亡くなった人の想いを「観て」みませんか?

コミックほげっとで連載している「葬礼の案内人」1話のネタバレです。

葬礼の案内人1話ネタバレ

もしも、亡くなった方が誰かに伝えたい思い出を持っているとしたら…。

それを知ることを望むのならば…私がご案内致します。

 

母親を亡くし、亡骸を前に涙を浮かべる溝上美幸。

彼女の手には、母・サチ子が書き溜めていた一冊のレシピノートがありました。

その表紙もめくれずに悲しみに暮れている美幸の元に、星ノ屋葬儀社からやってきた清見が葬儀の打ち合わせにやってきました。

故人が花が好きだという話を聞き、菊の花を携えてきてくれた清見に、嬉しさを滲ませる美幸。

その枕元に菊を飾りながら、母は料理が大好きだったの…と母との思い出を話します。

清美が故人に向かって手を合わせると、淡く光る数々の思い出たち。

彼は亡くなった人の思い出を「観る」ことができたのです。

 

そうとは知らない美幸は、末期がんだった母をあまり気遣えなかったことに後悔していると清美に言います。

こんな娘で母さんは幸せだったのかしら…と思い詰める美幸に、よかったらサチ子様の想いを知れるようにご案内しましょうか?と言う清見。

美幸は、そんなのオカルトじゃない!と清美の背中を叩きます。

しかし清美の真面目な表情を見て、…本当なの?と質問しました。

サチ子様があなたに伝えたいと思っていた思い出を「観て」、その想いを受け取って下さいと清美は答えます。

不思議なことを言う彼なのに、不思議と胡散臭さはなく…むしろ清廉さを感じた美幸。

彼の言う通りに手を合わせ、目を瞑ると…!

 

目の前には、美幸が20年前に子供を連れて出戻ったころの風景がありました。

母・サチ子の料理を幸せそうに頬張りながら、私も美味しく作れればな…とこぼす美幸。

美幸の言葉を聞いたサチ子はニッコリ笑って、それならレシピ本を書いてあげる!と言ったのです。

孫たちに囲まれてにこやかにほほ笑むサチ子を見て、「お幸せそうですね」と声を掛ける清見。

そうね…と返事をした美幸の目には、涙が浮かんでいるのでした。

 

ハッと気が付き、現実に戻された二人。

サチ子の想いを受け取った美幸は涙を拭き、テキパキと葬儀の準備を進めました。

収骨の準備の待ち時間になり、美幸は清美を見つけて呼び止めます。

そして、サチ子のレシピノートを差し出したのです。

闘病中も病室で書き続けていた事を知っていて、怖くてノートを開けなかった美幸。

でも、あなたのおかげで母さんの想いを受け取れたわ!と感謝します。

最後のページには母・サチ子の直筆で、娘を想ってこのノートを書けたことがとても楽しかったと書かれていたのでした…。

 

美幸がサチ子の思い出を通じて絆が生まれたその時、涙が姿を変えて美しい星になりました。

その星をそっと掬い上げ、空へ送る清見。

その星は魂を導くかのように、力強く瞬くのでした…。

 

葬礼の案内人1話感想

亡くなった人の想いを、遺族に伝える事ができる能力を持った清見。

彼の遺族を思いやる気持ちに溢れていたお話でしたね。

思い悩んでいた美幸でしたが、彼のおかげで未練もなくなりました。

清美の能力がこれからどんな人たちに使われるのか…とても先が気になります。

葬礼の案内人2話のネタバレはこちら

 

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍