漫画ネタバレ

葬礼の案内人2話ネタバレ!詠心は苛められて自殺したと思いきや…?!

コミックほげっとで連載している「葬礼の案内人」2話のネタバレです。

葬礼の案内人2話ネタバレ

会社の業務を終え、帰宅した父・近藤誠。

一人息子・詠心は、夜遅くなってもまだ起きていました。

父に背中を向けたまま、お帰りと言って…唐突に「いじめってどう思う?」と父に聞いてきたのです。

疲れていた父はさして気にも留めず、「最悪だな」と返事をします。

その返事を聞いた詠心は、うつろな表情を浮かべるのでした…。

 

雨が降りしきる中、清美が次の葬儀の打ち合わせに向かったのは…故人・近藤詠心のいる安置室でした。

死因は自死と聞いた清見は、遺族の心の傷が癒えるには相当の時間が必要になると察します。

故人の前でいつものように手を合わせると…清美には詠心の思い出が「観え」てきます。

どんよりと黒い思い出を「観て」いた清見は、不意に「いじめ…?」と口走りました。

すると背後から、急に腕を掴まれて我に返る清見。

近藤詠心の父・誠が息子の名を呼びながら入室してきたのです。

清美を息子と間違えるほどにとり乱した誠を、清美は落ち着かせて話を聞くことにしました。

 

誠は5年前にも妻を亡くし、その辛さを忘れるために仕事に打ち込んできました。

その様子を見て、幼い詠心はずっと笑顔で父を応援してきたのです。

ある日友達を自宅に呼び、父にテスト勉強をしながらご飯をつくると言ってきた詠心。

日曜なのに出勤する父を見て、詠心の友達は「一人暮らしみたいで羨ましい」と言い始めたのです。

そんな心無い言葉を受けても、父さんと協力しているから生活できてるんだ!と笑顔で詠心は答えてくれました。

詠心の思い出を聞き、二人で支え合ってこられたんですね…とねぎらう清見。

 

素直で活発でこんないい子が、どうして自殺なんて…!と誠は泣き崩れますが、ふと清美が「いじめ」と口走っていたことを思い出しました。

清美に何か知っているのか?!詠心が苛められていたのなら…俺が無念を晴らす!と清美に詰め寄ります。

清美は、錯乱状態の誠にあの思い出を見せていいのか…とためらいました。

しかし意を決して、詠心君が亡くなった理由を…どうしても知りたいですか?と誠に質問します。

はい!と答えた誠に、あなたの望む答えではないかもしれませんが…と付け加える清見。

 

二人は詠心の遺体が入った棺を開け、その前で手を合わせました。

詠心の思い出の中に入ると、そこは学校の教室。

詠心を探すため教室を見回すと、落書きやゴミでいっぱいになった一つの机を発見します。

このひどい有様の机は…詠心の机?と呆然とする誠。

しかし背後から、「詠心ひでー!」という声がします。

驚いて振り向くと、そこには一人の男子を殴り、お金を巻き上げている詠心の姿があったのです…!

 

葬礼の案内人2話感想

今回は自殺した少年の真意を探るため、誠に力を貸した清見。

今まで放置しておいて、自分の息子はいい子なんて言っている父親に真実が突きつけられようとしていますね。

子供の頃の詠心が、自分の感情に蓋をしていいコを装っていたのには涙が出ました。

本当は、父に甘えたり話を聞いてもらいたかっただろうに…。

次回の続きも、目が離せませんね!

葬礼の案内人3話のネタバレはこちら

 

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍