漫画ネタバレ

葬礼の案内人4話ネタバレ!じいちゃんの星、頼んだよ…!

コミックほげっとで連載している「葬礼の案内人」4話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

幼少期に、祖父母に育てられていた清見導人。

おじいちゃんの死後、意識の中に入り込み…?!

 

葬礼の案内人3話のネタバレはこちら

葬礼の案内人4話ネタバレ

キラキラと瞬く光の中に、一本の木がありました。

沢山の星をつけて輝く木を見上げ、これは魂を天国まで指し示す神様なんだよ…と言うおじいちゃん。

星は亡くなった人と遺族の絆から生まれ、それに導かれた魂は「お届け様」を経由して天国に行けるのです。

故人の心を軽くし…遺族が故人の冥福を祈って生まれた星を「お届け様」に送るのが、案内人の仕事だと説明を続けました。

それを聞いた導人は、僕がおじいちゃんのために星を送りたい!と申し出たのです。

案内人を継ぐことになるが、それでもいいのかと聞かれ、力強く頷く導人。

おじいちゃんが喜んで「頼んだぞ!」言うと、二人の周りに光る思い出たちが集まってきます。

 

二人で手を合わせると…目の前に広がっていたのは、導人の両親のお葬式の風景でした。

二人の死は案内人のおじいちゃんですら悲しみが大きく、故人の冥福を心から祈るのは難しかったのに…。

幼い導人はすでにこの時両親の思い出を「観て」いて、両手に星を生み出していたのです。

それを見たおじいちゃんは涙を浮かべながら、この星はお届け様に届けるんだよと教えました。

別れの挨拶ではなく、「いってらっしゃい!」と泣きながら星を空へ放る導人。

そんなみーちゃんが案内人を継いでくれるなら、じいちゃんは安心だよ!とおじいちゃんは笑顔で言いました。

お別れの時が近づき、おばあちゃんを頼んだよ…と最後に言いながら消えていきます。

現実に戻ってきた導人の手には、おじいちゃんを導くための星があります。

その星を空に掲げ、「いってらっしゃい…」と見送るのでした。

 

いつの間にかうたた寝していた導人は、おばあちゃんが帰ってきたことに気づきました。

二人でお料理教室で作ったお菓子を一緒に食べながら、不意に「夢でおじいちゃんに会ったの?」と聞かれます。

落ち込んでいたことも言ってないのに!と驚きますが、この歳になると何となくわかるのよ!と笑うおばあちゃん。

星が生まれなかった人がいて…まだ答えが見つからないと悩んでいると、あなたがどうしたいのかが大事なんじゃない?とアドバイスされたのです。

それを聞いて自信が出た導人は、自分がやれることをやっていく決意を固めたのでした…。

 

葬礼の案内人4話感想

導人とおじいちゃんの思い出のエピソードが、印象深い回でした。

導人は小さい頃から、案内人としての素質があったんですね!

幼い頃におじいちゃんを救ったように、導人もおじいちゃんの力を借りて問題を乗り越えようとしている姿が素敵だなと思いました。

葬礼の案内人5話のネタバレはこちら

 

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍