漫画ネタバレ

ゲームの旦那がスパショタスルタンだった件のネタバレ!異国の王族少年が突然求婚!?

DLsiteがるまにで掲載中の「ゲームの旦那がスパショタスルタンだった件」のネタバレについてまとめました。

ゲームの旦那がスパショタスルタンだった件のネタバレ

朝一にチャイムが鳴りました。

開けたドアの先には見知らぬ異国の少年が立っていました。

彼はユノに、はやる気持ちを抑えられなくて迎えに来てしまったと笑顔で言います。

しかし訳が分からず、戸惑うユノ。

すると彼はユノの手を引っ張り、外に連れ出します。

外には高級車が待機しており、ユノは彼に言われるまま、その車に乗り込みました。

彼は車の中で、あの場所ではゆっくり逢瀬もできないと思ったのだと言い、ユノは本当にこの子は誰なのかと不思議に思います。

しかも彼が呼んでいる「ユノ」という名前は、彼女がネトゲで使っている名前でした。

その時、車のスピーカーから「アシュラフ様目的地は?」と声が聞こえてきました。

すると彼はその問いかけに答え始めます。

どうやらアシュラフというのは彼の名前のようですが、それはユノのネトゲの旦那の名前と一緒でした。

そしてユノは今日オフで、ネトゲの旦那と会う約束をしたことを思い出します。

しかしてっきり話す内容や相談内容から引きこもりの学生とばかり思っていたため、外国人でこんなにキラキラした少年とは思わず、ユノは戸惑いました。

その後、ユノは立派なホテルの一室に連れて来られました。

そこでアシュラフは、改めて今日ユノと会う約束をした者だと話し始めます。

彼はとある国のスルタン(君主)の息子らしく、君主として相応しい人間になるために幼少の頃からあらゆる教育を受けてきたのだとか。

その教育はとても厳しいもので、昼も夜も問わず教育漬けの毎日でした。

しかしその厳しすぎる教育を続いていくうちに、いつしか彼は心を閉ざし引きこもるようになってしまったのだとか。

そんな陰鬱とした日々を送っていたある日、たまたま始めたゲームでユノと出会ったのです。

ユノは引きこもっていたアシュラフの悩みに真剣に応え、励ましました。

そんな彼女は彼にとって暗く閉じた世界に差し込む光のようだったのだとか。

そしていつしかアシュラフはユノに惹かれ、彼女のことを愛するようになっていました。

そのため夫婦になれたときは本当にうれしかったというアシュラフ。

ただ画面越しでは満足できなくなってしまい、ユノに会うために脱引きこもりを計画したようです。

両親には厳しい教育を再開する代わりに、日本にいる心に決めた人との世継ぎを残すことを条件として提示し、了承してもらえたのだとか。

それを聞いたユノは彼の真剣な気持ちを理解し、自分のことを大切に想ってくれて嬉しいと伝えました。

しかし夫婦というのはゲーム内のことなので断ろうとするユノですが、アシュラフは「そうか!分かってくれたか!」と喜びます。

そして納得してくれたところで、早速子作りを始めよう!と、どんどん強引に話を進めるアシュラフ。

ユノは慌てて彼を止めようとするも、あっという間にベッドに押し倒され、キスをされてしまいました。

しかもアシュラフはとてもキスが上手く、ユノは気持ち良すぎて頭がボーっとしてしまいます。

さらにいい匂いもして目がとろんとするユノ。

するとアシュラフは嬉しそうに笑みを浮かべます。

彼の国では伴侶は鼻で探せと言われるくらい、香りの相性を大切にするらしく、アシュラフはユノが自分の匂いを気に入ってくれて嬉しいと言いました。

そしてアシュラフは、君の匂いも確かめさせて?と言いながら、彼女の首筋を舐め、胸を触り始めます。

しかし石鹸の匂いしかせず、もっとユノの匂いを感じたいアシュラフは、彼女の性器を舐め始めました。

ユノはダメだと分かっているのに気持ち良すぎて何も考えられず、体をビクビクさせながら喘ぎ声を上げます。

そしてアシュラフは自分のモノを彼女に挿入し、ついに一つになりました。

行為が終わった後、ユノはどうしようと考え込みます。

アシュラフは本当に夫婦になっていると思っており、既成事実になるのかと困惑するユノ。

とはいえここまで大切に想われるのは初めてで、悪い気もしませんでした。

それでも一時の感情に流されてるだけかもしれないなどと、ユノが悩んでいると、アシュラフは今度は日本の風習に従い早速親御さんに挨拶に行くぞ!と言い出しました。

というわけで、ユノとスルタンのアシュラフとの恋はまだ続くことになるのでした。

ゲームの旦那がスパショタスルタンだった件の感想

ちょっと強引なアシュラフですが、中身は純粋な少年なので憎めないですね。

まだ続きがありそうな雰囲気でしたが、今後の展開が気になりますね。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍