漫画ネタバレ

対ありでした。15話ネタバレ!gekido対カフェオレ!

2021年7月5日発売の月刊コミックフラッパー8月号に掲載の「対ありでした。」15話についてネタバレをまとめました。

対ありでした。の漫画を完全無料で読む方法はこんなにあります!

対ありでした。の漫画を完全無料で読む方法はこんなにあります!MFコミックスフラッパーシリーズで連載している「対ありでした。」を無料で読む方法をまとめました。 対ありでした。を無料で読むならコ...

[前回のあらすじ]

綾達が参加しているEXJPは順調にトーナメントが進んでいます。

そんな中、トーナメントが始まる前に綾達に絡んできた女の子も順当に勝ち進んでいました。

綾はまず初戦を突破し、自分の動きに手応えを感じています。別のエリアでは、夕が美緒を見つけて声をかけます。

初戦の結果を聞いてみたのですが、その表情は聞くまでもなくダメだったようです。

緊張でいつも通りの動きができなかった美緒。

夕は、ダブルエリミネーションだからまだ終わっていない、どうせならばやりたいことをやり切ってから爆死した方がいいのではないか、と言いますー。

その時、配信台ではgekidoとカフェオレの対戦のスタンバイが整っていました。

対戦が始まり、2人は魂をかけて戦います。

「対ありでした。」14話のネタバレはこちら

「対ありでした。」15話ネタバレ

あるインタビューでかつて、プロの中でもとりわけ練習量が多く、取り組みがストイックだと言われているが、

そうしたモチベーションは一体どこから来るのか、と聞かれていたカフェオレ。

それに対してカフェオレは、殺したい奴がいるからだ、と答えていたのでしたー。

続く対戦の中で、再び前に出たのはカフェオレでした。

ムカつくんだ、と思いながら、カフェオレはgekidoに技を繰り出していきます。

カフェオレの特徴である特攻スタイルはただのガン攻めとも言えますが、ドン引きするほどに研ぎ澄まされた中足確認の精度により、

相手の技振りどころか、微歩きにすらリスクを与える、”留学生ムイ”の一つの完成形とも言えるものなのです。

一方のgekidoは受け主体の立ち回りを見せています。

この対戦の観覧エリアで、綾は珠樹と会いました。

珠樹が早速綾に状況を聞いてみると、綾は、一先ず最初のプールをウィナーズ抜けをした、

次のプールまで抜ければ明日に残れる、と言い、珠樹にも状況を聞き返します。

それに対して珠樹は、色々なラッキーが重なって、奇跡的にも自分もウィナーズ抜けだ、と言いました。

それを聞いて、奇跡ではない、珠樹がπ4に本気で向き合ってきたのを自分はちゃんと見ていた、と言う綾。

そんな綾の言葉に、言った方も言われた方も照れあってしまいます。

そこで、ディスコを見たか、と降ってきた珠樹。

ディスコの内容によれば、どうやら美緒が初戦でルーザーズに落ちてしまったようでした。

綾は頭を抱え、自分と初めて対戦した時と同じだ、美緒は落差がすごいのだ、と言いましたー。

何やらネット上では、予選プールに可愛い女の子がいて、雰囲気がお嬢様っぽい、実力も普通に強い、と、美緒が話題になっています。

実際、対戦で美緒は、キャラの体力がほぼ亡くなっているのにも関わらず、そこから勝ちにいく、という強さを見せつけていました。

美緒が負かした対戦相手が、対戦ありがとうございました、と美緒に挨拶をし、最後の歩き投げには驚いた、

歩き投げが通ると思った理由が何かあれば聞いてみたい、と、美緒に尋ねてきます。

というのも、歩いている間は無防備になるので、相手の意識の隙間をつくように仕掛ける必要があり、

なかなかできる技ではないのでした。

それに対して美緒は、対戦し、集中していると、”今、歩き投げが通る”と直感でわかる瞬間がある、と答えるのでした。

配信台ではgekidoとカフェオレの対戦が続いています。

体力がほぼゼロ状態にもかかわらず、凌ぎ切ったのはgekidoで、gekidoとカフェオレの対戦はセットカウント1-1となりました。

そこまで観覧したところで珠樹はふと気付き、今のうちに昼食を済ませておいた方が良いのではないか、と綾に提案します。

しかし綾は、次のプールの組み合わせを確認したら、自分はどうやらこの2人の勝った方と当たるようだ、と言うのです。

かつてこの2人は、ゲームセンターで席の取り合いをして対戦した、という因縁がありました。

その際に負かされたカフェオレは、その日からgekidoへのムカつきが収まらないようです。

対戦は、先にカオティックアーツを当てた方が勝つという状況になりました。

その時gekidoが、彼の本気を示す証でもある殺人笑顔になります。

それと同時に牽制の中足を振り始め、あたかも自らカフェオレの得意分野へと持っていき、カフェオレを誘っているかのような動きです。

それに乗ったカフェオレ。

激しい差し合いが始まりました。

お互いに一発でも技を食らったら即死で、その展開に興奮したギャラリーは大いに盛り上がります。

かつてのカフェオレは、ゲームなど暇つぶしにすぎない、と言っていたのですが、あの因縁の日に、

本気で取り組む価値があるくらい格闘ゲームは深いのか、と、思わされてしまったのでした。

その頃、美緒が大スクリーンに目をやると、なんと、gekidoとカフェオレのうち、負けた方がルーザーズ側で美緒と対戦する、という表示がされているのですー。

対ありでした。の漫画を完全無料で読む方法はこんなにあります!

対ありでした。の漫画を完全無料で読む方法はこんなにあります!MFコミックスフラッパーシリーズで連載している「対ありでした。」を無料で読む方法をまとめました。 対ありでした。を無料で読むならコ...

「対ありでした。」15話感想

とんでもないゲーマーであるはずの美緒が初戦敗退の展開には驚きましたが、やっぱり持ち直したようです。

しかし、次はなんとgekido、もしくはカフェオレと対戦です。

綾と美緒はどうなってしまうのでしょうか。。。

次回の「対ありでした。」16話が掲載される月刊コミックフラッパー9月号の発売は8月5日発売です。

「対ありでした。」16話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍