漫画最終回ネタバレ

東京喰種トーキョーグール:re179話【最終回】ネタバレ!変わり続ける世界。

コミック全16巻で完結した「東京喰種トーキョーグール:re」のネタバレをまとめました。

【あらすじ】

群集に紛れ、ヒトの肉を喰らう。

ヒトの形をしながら、ヒトとは異なる存在…“喰種(グール)”。

“喰種”を駆逐・研究する〔CCG〕は、あるひとつの命題を果たすため、実験体集団を新設。

――その名は「クインクス」。

「まともな人間」ではない彼らと、佐々木琲世一等捜査官が“東京”で向き合うものとは――!?

東京喰種トーキョーグール:re【179話】最終回ネタバレ!

「人類総喰種化計画」を目論んだ和修吉福の野望も潰えた東京。

カネキが姿を変えた「竜」と、人類と喰種との戦いが幕を閉じました。

東京の町は変わり、竜から出ていた毒も止めることに成功します。

しかし、竜遺児と呼ばれる者が産み落とされ続け、人類と喰種共通の敵となっていました。

それにより「CCG」は姿を変え、新しい組織「TSC(東京保安委員会)」として動き始めます。

元CCGメンバーが大半を占めましたが、喰種代表として月山習もメンバーに参加するなどして、協力関係となりました。

当時戦闘員だった若手も、月日が流れて教官や指導する立場に着く者が増えました。

一方で、一線で活躍した平子など、組織から離れて静かに余生を送ったりする者もいます。

准特等保安官・瓜江久生と上等保安官・有馬夕乍は、急激に進化を遂げている竜遺児との戦いに尽力する毎日です。

疎まれる竜遺児ですが、彼らの細胞を用いた再生医療によって、治療が困難だった多くの者を救う事ができるようになったのです。

不知ハルもその一人でした。

そして、鈴屋什造の恩師であり植物人間状態だった篠原特等にも回復の兆しが見えました。

鈴屋班の部下から、篠原特等の意識が戻ったことを知らされる什造。

息を切らせて病室に向かうと、「什造か…?」と呼ぶ声が聞こえました。

思いが溢れた什造は、赤子のように大きな声で泣き叫ぶのでした。

また、TSC研究所が開発した人工食物を喰種が主食にすることにより、今までの生活を穏やかなものへ変化させることに成功します。

それでも人間に仇を為す喰種もいましたが、人間との共存を目指した者たちもいます。

クインクスのメンバー・米林才子は瓜江と共にシャトーでの生活を再開しました。

そこには、クインクスの部下たちも加わって賑やかな様子です。

「ママンのお子さん、大きくなってたよ」と瓜江に報告しました。

後日、永近が歩いていると喰種のアヤトとヒナミに出会いました。

ちょうど「アイツ」の所にいく所だと言うので、一緒に行くことに。

途中で四方に出会いますが、おんぶしている女の子に遊ばれている様子。

トーカの待つ家に着くと、クインクスのメンバーと月島たちも合流します。

そこに現れたのは、竜討伐の時に瀕死になったもののアヤトに助けられて九死に一生を得たカネキでした。

永近に竜遺児の排除協力を持ちかけられ、了承するカネキ。

カネキは、今でもこの世界は「良くなったのか、悪くなったのか」考えるんだ…と打ち明けました。

「でも、何も出来ないのは嫌」だろ?と返す永近。

何回言うんだよとつっこみつつ、最後には「無理するなよ」と言って去りました。

彼らは、生涯を通じて親友でいることになります。

みんなが帰った後、一家で外に出るカネキ。

外は、晴天が広がっているのでした。

東京喰種トーキョーグール:re【179話】最終回感想

前作の東京喰種から引き続き、人間と喰種の戦いを追ったストーリーになっています。

以前に亡くなったはずの捜査官や喰種たちが、立場や姿を変えて再登場してくるのが見どころの一つになっていると思います。

同時に、喰種たちの残忍さよりも人間側の狂気を感じさせるシーンがとても多いです。

相変わらずカネキは半喰種として生きていますが、今回は喰種たちを守るために動いていました。

トーカと家族になって守るべきものを選んだものの、最後まで迷っていたところはカネキらしいなと感じます。

最後の作戦では、喰種とCCGが手を組んで戦うことになるとは予想外でした。

双方がカネキのために動いた結果だとすると、今までカネキが喰種にも人間にも優しさを見せてきたことは無駄じゃなかったんだなと感じます。

最後には少しづつですが、喰種と人間が歩み寄って生きて行こうとしている結末になってよかったなと思います。

相変わらず戦闘シーンはグロいですが、戦う時に見せるキャラクターの表情がとても豊かになっています。

喰種はもちろん、ラストで全ての敵となる和修吉福は人間なのに狂気じみていて、一見の価値ありです。

普段なら4コマ漫画などでユルい雰囲気を出して終わるのですが、最終巻ということもあって作者のコメントが載せられていました。

7年間休まず描いてきた心境が吐露されていて、とても衝撃的な内容になっています。

とても長い作品ですが、おすすめできる漫画ですよ!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍