漫画ネタバレ

ついてる夫婦12話ネタバレ!親切に思えた伊山の本性

「ついてる夫婦」12話についてネタバレをまとめました。

ついてる夫婦をお得に読む方法は?

「ついてる夫婦」はまんが王国を利用すれば、お得に読むことができます!

まんが王国では、ポイントの購入とポイントの使用でポイントが還元されるので、まとめ購入がとことんお得になっています!

↓↓ぜひこの機会にこちらから↓↓

今すぐまんが王国で
ついてる夫婦最新話を読む

まんが王国
まんが王国の特徴とメリット・デメリット!アプリ評判や退会方法まで紹介人気の電子書籍漫画配信サービス「まんが王国」の特徴とメリット・デメリット、アプリ評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

[前回のあらすじ]

過重労働で鬱になり、家に引きこもってしまった光輝に代わって、葬儀屋で働き始めた明寿香。

仕事は順調だったものの、職場から故人の霊を持ち帰り、光輝に憑依するようになってしまいました。

離婚歴、鬱歴のある伊山が憑依した時、伊山は自分の投資の才能でお金を増やすことを明寿香と光輝に持ちかけます。

自分が憑依されていることを知った光輝は離婚を切り出し、自分の身体を誰かに譲ってもいいと言い出したのですー。

「ついてる夫婦」12話ネタバレ

自分は本当に情けない、と言って謝る光輝。

それに対して明寿香は、

光輝の悩みを分かってあげられず、鬱のこともわからず、伊山のような投資の才能もない自分こそが妻として情けない、と返します。

そう言って光輝の手を握る明寿香の手の温かさに、ありがとう、とお礼をいう光輝。

そんな光輝の言葉に、明日香は嬉しくて泣いてしまいます。

こもって寝てばかりいる自分に落ち込んでいた光輝ですが、明日香の笑顔を見て、

伊山の才能があれば、自分は必要ない、と悲観する必要はないのだ、と思えるのでした。

紅茶の香りに、明寿香と光輝が思い出話をしていると、光輝の母から明寿香に電話がかかってきました。

光輝は自分の鬱のことを母に言えていないようで、義母は光輝の鬱を知りませんでした。

義母は、光輝の父親の二十三回忌がもうすぐだから顔を出してほしい、と言います。

それに対して明寿香は、光輝に伝えて折り返す、と言って電話を切りました。

話を聞いていた光輝は、家族の顔を見て、仕事を頑張っている、と嘘はつけないから行かない、と言います。

本当のことを言えないのか、と言う明寿香に、

光輝は、自分はずっとなんでもできる子だったから、自分のことで悲しむ人をこれ以上増やしたくない、と返します。

自分は弱いのだ、怖いのだ、とまた落ち込み始める光輝。

自分は行かないから忙しいと伝えてほしい、という光輝に、明寿香は、無理はさせてはいけない、と思い、

わかった、と答えます。

明寿香は、紅茶の香りが消えて冷めてしまうように、ずっと永遠に変わらないものなどないのだ、と考えてしまうのでした。

そろそろ出よう、と2人が会計を済ませていると、伊山が光輝に話しかけてきます。

そろそろ代わろう、と言うのです。

それに同意した光輝は、自分は運転に自信がないから伊山に代わる、と明寿香に告げます。

そうして入れ替わった光輝と伊山。

すると光輝の表情が変わります。

そんな光輝の変化を見た明寿香は、伊山が光輝に憑依していることは言えないにしても、

光輝の鬱のことを義母に言わなくてもよいのか、隠していかれるものなのか、

妻として自分が決めなければいけない、と思うのでした。

その時、少し遠回りをして景色を見ていこう、と言う伊山。

高台からの景色を楽しんでいると、伊山が笑いかけてくれます。

明寿香が、顔は光輝だし、親切だけれども、これは光輝ではない、ということを考えていると、

元気がないようだが、光輝のことを考えているのか、と問う伊山。

そうだ、と返事をする明寿香に伊山は、

自分が誤魔化すので光輝の実家には行かなくていいのではないか、と言います。

そんな伊山にお礼を言いつつも明寿香は、ずっと誤魔化していいものなのか、と伊山に聞いてみます。

自分の経験上、身内には言わないほうがいい、光輝のことはなんでも自分を頼って相談してほしい、と言う伊山。

そんな伊山の言葉にホッとする明寿香なのでした。

夜景を見ながら伊山は、今夜は自分が知っているレストランで食事をしよう、と言い出します。

それに対して明日香は、光輝の好きな鍋を作ってあげたい、と断ります。

光輝は疲れて寝ているし、明日香にリラックスしてほしい、と伊山が食い下がりますが、明寿香はやはり帰りたがります。

すると、帰ろう、と言って、少し不機嫌な様子の伊山なのでしたー。

帰りの車で伊山は、これまで光輝に憑依した霊について明寿香に聞いてきます。

明寿香はいろんなケースを話し、男の人のケースでは光輝が蹴飛ばして追い出したらしい、と伝えます。

光輝は武術でもやっていたのか、と聞く伊山に、スポーツが得意なだけで武術はやっていないと言い、その霊は安らかに眠ったのだと信じたい、

と明寿香は返します。

自分はどうなるのだろう、という伊山に、安らかになってほしいと祈るはずだ、と明寿香。

すると伊山は、自分がいなくなったら実家にお金を頼るのか、と言い出します。

明寿香は、自分が仕事に戻るからそれはないが、ずっと先のことは考えられない、と返し、

伊山は、これから先なんて何が起きるかわからない、と意味ありげに答えるのでしたー。

家に着き、明寿香が夕食の支度をしていると、自分は片付けることがあるから寝室に行く、と言う伊山。

伊山は寝室へ行くと、寝ている光輝を起こします。

そして、頭がキレる自分は待つのが面倒なのだ、と言って突然光輝を殴り始めたのです。

自分は生前、格闘技をやっていた、と言う伊山。

せっかく自分が頭を使ってやっているのに生ぬるいことばかりやっている光輝が悪い、

この体も明寿香も自分がもらう、と言って光輝を拘束してしまいました。

明寿香が夕食の準備ができたことを伝えに行くと、

伊山が、自分は伊山で、光輝は、もう戻らないから明寿香を頼む、と言って出て行った、と言うのです。

それを聞いた明寿香は、結婚式での永遠の誓いはもうなくなってしまったのか、と泣いて倒れてしまいます。

光輝は、そんな明寿香を見ながら、ボロボロの状態で拘束されたまま、なす術がないのでしたー。

 

「ついてる夫婦」はまんが王国を利用すれば、お得に読むことができます!

まんが王国では、ポイントの購入とポイントの使用でポイントが還元されるので、まとめ購入がとことんお得になっています!

↓↓ぜひこの機会にこちらから↓↓

今すぐまんが王国で
ついてる夫婦最新話を読む

まんが王国
まんが王国の特徴とメリット・デメリット!アプリ評判や退会方法まで紹介人気の電子書籍漫画配信サービス「まんが王国」の特徴とメリット・デメリット、アプリ評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

「ついてる夫婦」12話感想

夫婦の絆はあってほしい、光輝も明寿香も、強くなってほしいと願います。

ハッピーエンドを期待できなくても、伊山は追い出してほしいです。

どうなってしまうのでしょう。。。

「ついてる夫婦」13話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍